永遠に、幸せになりたかったら…

釣りを覚えなさい(中国の古諺より)。でも、ラーメン二郎とか、ドカ盛店に釣られてばかり…。

家二郎

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

…で、煮上がった豚をカエシ(醤油2:酒1:味醂1)に漬け込み、2〜3時間ほどで引き上げます。

(漬け込みすぎるとカラくてパサパサになるので注意)


で、ウデ肉
イメージ 1



カタ肉
イメージ 2



どうなんでしょう、品川二郎なんかは、このウデ肉のときとカタ肉のときの両方があるような気がしてました。明らかにロースやバラでは、ないんです。ウデやカタは、おそらく単価的にいちばん安い部位ではないでしょうか。でも、豚肉の出汁はしっかり出るし、とくにウデ肉はゼラチン状(コラーゲン)の部分がしっかりあって、噛み応えのしっかりした独特の食感。カタは、脂の入り具合にもよりますが、肉質としてはロースにはかなわないですが、味わいは決して引けを取らない気もします。いずれにせよ、安く仕入れた部位を、調理技術によって美味しく安く提供するのは、料理人の本領の部分ですから、品川二郎はキチンと仕事をしている、といえると思います。


で、もやしとキャベツを茹でて盛り付けたコレ
イメージ 3



横から〜
イメージ 4



味玉ではなくてゆで玉子になっちゃいましたが
イメージ 5



ウデ肉部分
イメージ 6



カタ肉部分
イメージ 7



メンマ
イメージ 8

水煮を買ってきて、鶏ガラスープ(の素)と日本酒で煮、醤油、味醂、黒コショウで味付け(唐辛子を入れてもいい)、仕上にごま油で、まとめ。今回はかすかに甘めの味付け、自分好みにできました。


黒コショウ
イメージ 9



一味唐辛子
イメージ 10



ゴチソウサマでした。われながらおいしゅうございました〜


ひさしぶりに二郎ブタを作ってみましたが、今回は、「やりすぎない」ことに気をつけ、結果うまくいったと思います。味が足りなきゃ、あとで足せるモンね。

この記事に

開く コメント(6)

…やっております。夜更けですが。



イメージ 1


ポイントは、煮過ぎないこと。


コイツも
イメージ 2



楽しみ〜

この記事に

開く コメント(5)

仕事帰りにハナマサに寄ったら、例のヤツが。

ウデ肉
イメージ 1

イメージ 2




カタ肉
イメージ 3

イメージ 4




…さてと、いっちょ、やってみますか。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

朝からハナマサ行って、豚肩肉(煮豚用、ネットに入ったヤツ)を買ってきました。

で、一時間煮てから、醤油・味醂・日本酒のカエシにドボン。豚肉の煮時間は、結構いい加減なモンです。ただ煮過ぎるとホロホロの崩れ豚になっちゃいますが。ゆで卵(茹で時間5分)も一緒にドボン。

夕食時、キャベツともやしをさっと茹でて、ザルに取ります。この茹で時間のほうが、よっぽどムズカシイ。ちょっとでも茹で過ぎると、野菜はシナシナになってしまい、水が出てきちゃいます。キャベツのほうが若干茹で時間がかかるみたいなので、キャベツを先に投入して、少し経ってからもやしを投入したほうがいいかな?とにかくもやしは「まだ半生かな?」くらいの茹で加減のほうが、食べるときに余熱で火が通ってちょうどよいかと。タイ料理なんかでは、もやしは生で出てくるくらいですから、多少火が通っていなくても大丈夫。キャベツ:もやし比率は4:6くらい。

で、二郎風に盛り付けます。

家二郎 汁なし麺なし ニンニクカラメ

きょうは、ニンニクも忘れずに刻んで、載せてみました。青森産でなくて中国産なんで、チョイヘタレですが(笑)。

豚はさすがに煮豚用、煮崩れず、ピシッと仕上がりました。脂身と肉がしっかり分かれていて、噛み応えがあってジューシィです。バラ肉の巻き豚もいいですが、脂を摂り過ぎたくない方には、この肩肉や肩ロースがおススメ。モモ肉はまだ試してませんが、ちょっとパサつきそう。品川店はウデ肉のようですが、コレはなかなか一般家庭用には市販されてないんじゃないか…。

おいしゅうございました〜。
家二郎、既に我が家の定番になりつつあります。
野菜の茹で加減が課題です。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

前の日、コストコ行ったら、手ごろな豚バラブロックが売ってたんで、つい買っちゃいました。
で、巻いてみました。
鍋に長葱の青いトコと、人参、生姜、ニンニク、などをカタマリのまま入れて、巻いた豚バラをドボン。

翌朝から、煮上がった豚バラをカエシに漬け込みます。
カエシの比率は、醤油4:味醂2:料理酒1。
ゆで卵も一緒に入れときます。

夜、家二郎にしてみました。

ブタは巻きブタの断面積が、直径10僂らいになっちゃったんで、厚さは5伉度に切ります。
煮卵もいい半熟加減。
野菜は、キャベツ5:もやし5くらいにして、かなりはやめの茹で上げにしました。
スープは、ブタを煮た出汁では薄すぎるので、市販の鶏がらスープの素を追加。
麺は、中華麺の太麺が手に入らなかったので、生うどんと、ほうとう用の麺を代用。で、出来上がり。

お味のほうは…ブタ、煮卵、野菜はバッチリ、おいしゅうございます。
スープはややパンチ力に欠けるか。
そして麺ですが、やはりうどんにはかんすいが入っていないため、それなりのお味に…(当たり前か)。

自家製麺やるところまで気合が足りなくてスンマセン…
次は家二郎にふさわしい市販の中華麺を探してみま〜す。

この記事に

開く コメント(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事