讃州へんこつ倶楽部

そろそろ山かけ蕎麦が美味しい季節になりましたのう!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 

 書店で見かけて、つい買ってしまった一冊(苦笑)。

 “佐武と市捕物控”、、、懐かしい!

 小学校に上がる前、アニメで見ていた記憶がある(モノクロだった)。

 凄くカッコ良かったんだけど、話の内容は忘れてしまった。マンガ文庫になってから何冊か購入、それもずいぶん以前の事で。

 最近、BSで実写版が放映されたようだけれど未見。、、、そういや30年ぐらい前、三浦友和が佐武に扮したドラマもあった。

 

 今回読み返してみると、深く練られたストーリーと、考えぬかれた絵(構図)に改めて唸らされる。

 

 特に、風景&背景には、異様に凝ったタッチが感じられて。

 「ようここまで描き込んだなぁ!」みたいな。

 深い陰影と空気感、大胆なレイアウトが素晴らしい。明らかに、広重や北斎の風景画からの影響が見てとれる。

 むしろ、この光景描写にこそ比重が置かれている感じ。パッと見には、モノクロの浮世絵のようにも感じられる。現代の目から見ても、実に新鮮。


イメージ 2

 ストーリーも、単純な勧善懲悪的なものではなく、何かしらやり切れない、人間の暗部を覗き見るような筋立てが多い。

 凝った画面とあいまって、一話を読み終えるのになかなか時間がかかる。ズッシリとした手応えのある作品(「散桜記」と書いて、「ちりぬるを」と読ませる一話があったりする)。

 

 それにしても、石ノ森章太郎は絵が上手かったんだなぁ!と。

 今さらのように感嘆。登場人物の動きに躍動感があるし、静と動のコントラストが明確。女性のちょっとした仕草にも、奥ゆかしい愛らしさがある。

 

 オビに“最高傑作”とあるけれど、あながち誇張ともいえない名作。この「隅田川物語」以外の巻も、読んでみたくなった。一巻が¥590で安いし(笑)。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事