讃州へんこつ倶楽部

そろそろ山かけ蕎麦が美味しい季節になりましたのう!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全141ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

”岡じま”の釜かけ

 出先で用事を片付けた後、帰りの道すがら遅い昼食をとる事にした。「、、、うどんでええか」

 ぼんやりとそう決めて、多度津の浜街道沿いに新しく出来たセルフのうどん店“岡じま”に入ることに。

 

 ここのうどん、好きでも嫌いでもない。自分の中では、なかなかニュートラルな位置にあるうどん店。

 食べて後悔することも無いけれど、「旨い!」と思いながら食べた事も無い。、、、あんまり印象に残らないっていうんでしょうか。

 

 ま、しかし、ちょっとお腹も空いてるし。

 普通にサクッと食べられたらエエわ。あそこ、駐車場も広いし。少々ナゲヤリな思いに浸りつつ、海沿いの道を走っておりましたとさ。

 

 着いてみると、店内はガラガラ。2時前だったので、まぁ当然。

 「今日は冷やかけを食べよう♪」

 そう決めていたのだけれど、気が変わった。店内に、かなりキツく冷房が効いている。ちょっと肌寒いぐらい。

 

 「、、、ここは温いうどんで攻めた方が無難やな」

 素早く決断して、“かまかけの中(2玉)”をオーダー。何か天ぷらでも乗せようかなぁ?と物色したら、分厚いかき揚げが視界に入った。通常の倍以上の厚みがある。、、、美味しそう。

 

 けれど、これを食べると胸焼けするんじゃないか?

 見るからにむつごそうだし。夕方までこのかき揚げが胸につかえるのは、勘弁してもらいたい。もう若くもない自分の胃を、今日は労ってやることにしよう。

 

 無難にカボチャ&ナスのタッグで妥協した。

 見るからに質朴、おとなしそうで胃にやさしい感じがする。40代を過ぎてから、ナスが好きになった。ナス田楽も好きだし、煮浸しにしても旨い。

 焼きナスをショウガ醤油で食べるのも良い。味噌汁の具や、カレーに入れてもOK!漬物にも欠かせないし。麻婆茄子という、中華のワザまで隠し持っている(別に本人は隠してないけど)。

 

 オールラウンドで活躍する、粋なマルチプレーヤー!

 それが茄子!!

 これだけアピールする場があるのに、控えめで地味なルックスも好ましい。“寡黙な野菜”その代表がナスなんじゃないか?

 実に見上げたヤツではある。「これからもよろしくね♡」そう呼びかけつつ、皿にとった。

 

 間もなく品が登場、〆て¥560のお勘定。

 、、、ま、こんなもんかな。

 さて、ネギやショウガの薬味を入れて、さっさと食べてしまおう。あ、すりゴマも忘れちゃならねえぜ。

イメージ 1
イメージ 2

 

 ずるずるずるずる〜っ!!

 、、、ん〜、旨いっ!

 やっぱり温いうどんにして良かった!体の中から暖まるから、よく効いた冷房が心地よい。

 

 これで冷やかけ食べてたら、風邪をひいたかも知れない。

 アツアツのだしがまた、美味しさに拍車をかける気がするぞ。俺、ナイス判断!

 真夏にアツアツのうどんで勝負して、美味しかった話でありました。、、、ただ、それだけ!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 合唱関係のトピックスを更新するのは、何年ぶり!?

 、、、2年ぐらいかな?

 もっと??

 ま、とにかく久しぶりではあります。


 その間、合唱やってなかったわけじゃなくて、通常以上にガンガンやっておりました。億劫だったから、ブログを更新してなかっただけで、、、。

イメージ 1

 上の写真は、つい昨日、合唱祭の本番後に、高松はホテル・クレメントの屋上ビヤガーデンで宴会やってた時のもの。私は写真の一番奥の方、コンのポロシャツでグラスを上げております。

 その背後に、セカンドのパートリーダー、K保氏。殆ど隠れてます(笑)!


 手前右のオルメカ文明の石像のような巨顔は、トップのA野氏。向かいの白いポロシャツは、トップのパートリーダー、K島氏。A野氏の右隣は、当日が1stステージだった新入団員、T島くん(ベース)。

 

 いやぁ、海っぷちのホテルの最上階とはいえ、ビヤガーデンは暑かった!!んも〜、汗ダク!!もう夕暮れ時なのに。

 いくら飲んでも、すぐ汗になって出ます!みたいな。

 サウナのようでございました。

 

 、、、飲むったって、私は下戸。ウーロン茶をガブ飲みしとったわけですが。帰りの運転もあるし。

 ま、しかし、特に若いメンバーと音楽的な内容に関する話が出来たのは良かった。純正調の話やら、レパートリーに関してやら。演奏に着いて、突っ込んだ話も出来たし。

 

 この合唱祭の本番の一週間前には、福岡で九州フレッシュメンズコアという男声合唱団の、創立20周年記念定演にも賛助出演。合唱組曲「富士山」と、バーバーショップ・ハーモニーを歌ってまいりました。、、、福岡、暑かったし!


 土曜の朝、こっちを出て福岡に向かったんだけども、その前日金曜の夜には、高松の高校で合唱講習会にも参加。本山秀毅先生のレッスンを、夜8時から(!)受講しておりました。メンバーも一緒に。曲はルネッサンス時代の作曲家、オルランド・ディ・ラッソの「ティブルのシビュラ」。

 

 で、今から2週間弱後の85日には、合唱コンクールの香川県大会。それまでに、練習が3回。、、、もちろん、仕事しながら。いやぁ、タフじゃないとやってられまへん。

 上記のK島氏と、「俺たち、よくやってるよなぁ!」と他人事のように呆れたもんでした(笑)。50も半ばなのに、、、。

 

 ま、それもこれも、仲間がいるから続けられているのかも?

 それに、合唱は面白い。

 とにもかくにも、コンクールに向け全力疾走で楽しみます!!

 おっさんだけど、頑張っちゃうからね!

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 

 書店で見かけて、つい買ってしまった一冊(苦笑)。

 “佐武と市捕物控”、、、懐かしい!

 小学校に上がる前、アニメで見ていた記憶がある(モノクロだった)。

 凄くカッコ良かったんだけど、話の内容は忘れてしまった。マンガ文庫になってから何冊か購入、それもずいぶん以前の事で。

 最近、BSで実写版が放映されたようだけれど未見。、、、そういや30年ぐらい前、三浦友和が佐武に扮したドラマもあった。

 

 今回読み返してみると、深く練られたストーリーと、考えぬかれた絵(構図)に改めて唸らされる。

 

 特に、風景&背景には、異様に凝ったタッチが感じられて。

 「ようここまで描き込んだなぁ!」みたいな。

 深い陰影と空気感、大胆なレイアウトが素晴らしい。明らかに、広重や北斎の風景画からの影響が見てとれる。

 むしろ、この光景描写にこそ比重が置かれている感じ。パッと見には、モノクロの浮世絵のようにも感じられる。現代の目から見ても、実に新鮮。


イメージ 2

 ストーリーも、単純な勧善懲悪的なものではなく、何かしらやり切れない、人間の暗部を覗き見るような筋立てが多い。

 凝った画面とあいまって、一話を読み終えるのになかなか時間がかかる。ズッシリとした手応えのある作品(「散桜記」と書いて、「ちりぬるを」と読ませる一話があったりする)。

 

 それにしても、石ノ森章太郎は絵が上手かったんだなぁ!と。

 今さらのように感嘆。登場人物の動きに躍動感があるし、静と動のコントラストが明確。女性のちょっとした仕草にも、奥ゆかしい愛らしさがある。

 

 オビに“最高傑作”とあるけれど、あながち誇張ともいえない名作。この「隅田川物語」以外の巻も、読んでみたくなった。一巻が¥590で安いし(笑)。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

カプリッチョ!!

 、、、で、思い出したようにブログを更新(笑)。

 いやいや、普通にやってはおるんですよ。

 でも、老眼は進むし、PCはそろそろくたびれて来たし。なかなか大変ではあるんだよ。

 

 そう言いながら、R・シュトラウスのオペラ「カプリッチョ」。

 昔から好きだった。

 が、ここ10年ぐらいで、以前にも増して好ましく感じるようになった。

 

 劇中劇を、もう一つ外から見るような入れ子構造のコンストラクションが面白い。それを支える、詩的なテキストの美しさ(台本は、指揮者クレメンス・クラウスが作曲者と共作。初演の指揮も)。

 それから、晩年のシュトラウス特有の、簡潔かつ繊細な音楽。小規模ながら極めて高密度、見る側のイマジネーションを刺激する創意に満ちている。

 

 実演は未見。

 もっぱら録音や映像ソフトで楽しんでいる。、、、ま、この田舎じゃ、なかなかこの手のオペラの実演には接し難いんだけども。

イメージ 1

 今んとこ、写真のフレミング主演によるパリ・オペラ座盤がベストかな?と。シルマーの指揮も、手堅く好感度高し。

 フレミングは、この伯爵令嬢マドレーヌ役が十八番。

 当DVDの他に、メトロポリタンとウィーン国立歌劇場の二つの映像が発売中。、、、人気あるよね、彼女。オカメ顔だけど。

 

 このパリ・オペラ座盤は、ロバート・カーセンの演出が秀逸。劇の構造を逆手にとって、半分ライブ、半分映画のような手法で全体が構成されていて。

 ドラマが進むにつけ、「なるほどなぁ!」と納得する部分が多々あります。広瀬大介氏による、綿密なライナーノートも参考になる。

 

 フレミングの安定した演技と歌唱もさりながら、女優クレロン役のフォン・オッターが光っている感じ。妙に楽しそうに見えるのは気のせい?

 

 で、このオペラの美味しい所を入れた音源となると、やはりカラヤン&ベルリン・フィルの晩年の録音。

 トモワ・シントウがマドレーヌを歌って、間奏曲“月光の音楽”からラストのマドレーヌのモノローグまでを演奏している。

イメージ 2

 これがもう、絶美の演奏。

 ベルリン・フィルの音色の変幻を、心ゆくまで味わえる。サ〜ッとやってみたら、めっちゃいい音楽になりました!みたいな。

 メインの「4つの最後の歌」より、こっちの方が断然良い感じ。トモワ・シントウっていうソプラノ、あんまり好きじゃないんだけど。

 

 、、、カラヤンは何故、「カプリッチョ」を全曲録音しなかったのか?「ナクソス島のアリアドネ」や「影のない女」を遺しているのに。

 計画はあったんじゃなかろうか?

 彼の健康が、それを許さなかったか?

 是非、聞いてみたかった。


イメージ 3

 三つめの写真は、「バラの騎士」抜粋盤(64年)。ヴァルヴィーゾの指揮によるウィーン・フィル、クレスパン、ゼーダーシュトレーム、ギューデン他の歌唱。ゾフィー役のギューデンが、誠にチャーミング。

 

 そして何より、ウィーン・フィルの伴奏!

 まるで、生クリームが溶けてゆくようなルバートのニュアンス。、、、こんな音源が存在するの、知らなかった。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
@font-face { font-family: "MS 明朝";}@font-face { font-family: "Century";}@font-face { font-family: "@MS 明朝";}@font-face { font-family: "メイリオ";}@font-face { font-family: "@メイリオ";}p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal { margin: 0mm 0mm 0.0001pt; text-align: justify; font-size: 12pt; font-family: "Times New Roman"; }a:link, span.MsoHyperlink { color: blue; text-decoration: underline; }a:visited, span.MsoHyperlinkFollowed { color: purple; text-decoration: underline; }p.MsoListParagraph, li.MsoListParagraph, div.MsoListParagraph { margin: 0mm 0mm 0.0001pt 48pt; text-align: justify; font-size: 12pt; font-family: "Times New Roman"; }div.Section1 { }ol { margin-bottom: 0mm; }ul { margin-bottom: 0mm; }

 ながらく“ツンドク状態”だった本を読了。

 泉麻人の「昭和40年代ファン手帳」。、、、特に自分が昭和40年代のファンとは思わないけれど、面白そうだったから購入。したら安心して、読むのは後回し。

 ま、ここんとこのパターンなんだけど。

 本編もさりながら、巻末にある自民党幹事長(当時)の石破茂との対談にも興味津々。泉麻人が石破茂と高校の同級生とは!?その事実だけで笑いそうで、ついつい買ってしまった側面あり。

 

 で、ナカミの方は、、、?

 著者が自分よりも6歳上という事もあって、全ての内容に共感は難しかった。NHKの朝の連ドラ「おはなはん」とか、当時4歳だった自分は全く覚えていない(知ってはいるけれど)。

 

 やっぱりウルトラQなんかの方が、断然面白かった。

 あのブキミなテーマ音楽と、奇想天外なエピソードの数々は忘れられません。

 特に印象が強烈だったのは、宇宙からやって来た怪獣ガラモン。寝起きの田舎ジジイのような顔つきのくせに、やる事がなかなかあくどい。自衛隊のミサイル攻撃にもびくともしなかったし。

 それから未来からやって来たケムール人。「フォッ、フォッ、フォッ」と意味不明に笑いながら妙なフォームで街を走る姿は強烈。自分の町には来て欲しくなかった。

 

 で、そのモノクロ映像の「ウルトラQ」の翌年、カラーで始まったのが「ウルトラマン」。、、、いやぁ、好きやったなぁ。ミイラ怪獣ドドンゴとか雪山怪獣ウー、どくろ怪獣レッドキング。妙にドン臭そうに見えた科学特捜隊のビートル号。懐かしい。

 でも、自分が最もイレ込んだのは、次の「ウルトラセブン」。

 これはカッコ良かった。

 ウルトラマンより遥かにダークでイカしてた。モヒカン刈りみたいな頭から、アイスラッガーを飛ばすのにシビれた。スペシウム光線よりも盛大な、エメリウム光線は威力抜群に見えた。

 エレキングやキング・ジョー等々、敵役の怪獣のデザインも洗練されて強かった。ウルトラセブン、ボロボロになりながら辛くも勝利をおさめる感じ。

 そのプロットも、子供心にも異様なリアリティを感じさせた。

 ワーグナーの序曲みたいな音楽で始まるテーマソングも良かったなぁ、、、。

 

 けれど泉麻人は、「仮面ライダー」には言及していない。社会現象になるほど、大流行したのに。僅か6年の年の差だけど、やっぱり興味が向かなかったんだろうなぁ、と。あれも本来的にはダークな設定で、主人公の仮面ライダーは悪の秘密結社「ショッカー」の裏切者だったりする。

 サイボーグじゃなくて、改造人間っていう語感がまた、生々しかった。クモ男とかコウモリ男とか、同じ町内にそんな悪いヤツが住んでそうな身近な不気味さがあった(うちの近所にはおりませんでしたが)。

 

 「昭和40年代ファン手帳」に話を戻す。

 当時は不思議でならなかったのが大学紛争。

 東大の安田講堂に全学連の学生が立てこもった所に、機動隊が放水を行っている有名な映像。小学校に入る直前だった自分には、大学なんて「???」みたいな場所。そこの学生が、どうして機動隊と抗争を繰り広げなければならないのか?

 両親に理由を尋ねたけれど、はかばかしい答は返って来なかった。たぶん、両親も解ってなかったと思う。

 

 うちの近所にも大学はあったけど、そこの学生達は機動隊に石や火炎ビン投げたりはしてなかった。、、、ま、うちの地元の警察には、機動隊なんてなかったんだけど(自衛隊はあった・笑)。

 

 これは、後のよど号ハイジャック事件やあさま山荘事件も同様。

 何だかエラい事件らしいけど、その内容について、具体的な事情はついに解らなかった。学校の教室でも、ちょっと話題になった記憶はあるけれど、友達も「、、、ん〜と」みたいな感じで。

 そんな事より、仮面ライダーV3のダブルタイフーンベルトの方がよっぽど小学校低学年男子には重要だった。

 

 そして、大阪万博。

 これは痛切に行きたかった。

 「行きたい!」とゴネたんだけども、両親は全く取り合ってくれなかった。それというのも、うちの両親は揃って行列嫌い(笑)。人気のパビリオンに数時間も並んで入場っていうのが、億劫でたまらなかったんだと思う。

 また、その頃は山陽新幹線なんていう便利なものはなかったし、瀬戸大橋も着工すらしてなかった。四国から大阪まで出るのは、一仕事だったんである。、、、あぁ、時代を感じる(笑)。

 

 で、万博ゴーアーの同級生たちが、夏休みの工作に紙粘土で作った“太陽の塔”なんかを持って来たりするワケで。あれには激しい羨望を禁じ得なかった。

 俺も実物を見て作りたかった、“太陽の塔”。

 あのフォルム、物凄く好みなのに、、、。そんな友達が作った“太陽の塔”は妙に頭でっかちで、「違うだろう!」とツッコミたくなったもんだった。

 それに、そういう連中に「月の石、どうだった?」って尋ねても、「う〜ん、普通の石やった」みたいな感想しか言わない。お前の目はフシ穴か?

 、、、アポロ11号が持って返った月の石やぞ?

 そこらの家にある、漬物石とはモノが違うんじゃ!

 

 、、、やっぱりお前じゃなくて、俺が万博に入った方が有意義だった。

 今からでも遅くない、この俺を連れてもう一回万博に行くよう、お前の両親に頼め。今日帰ったら、すぐに頼め。、、、理不尽なイラダチは、止まる所を知らなかった。

 

 面白かったのは、昭和451017日の歌謡曲のヒットチャートが掲載されている事。以下の通り。

 1位)走れコウタロー(ソルティ・シュガー)

 2位)命預けます(藤圭子)

 3位)男と女のお話(日吉ミミ)

 4位)X+Y=LOVE(ちあきなおみ)

 5位)手紙(由紀さおり)

 

 我ながら驚く事に、この中で4位のちあきなおみの曲以外は今も覚えている。ちょっと歌う事も出来る(笑)。この中で好きだったのは、5位の由紀さおりの曲。マイナーな曲調ながら、早いテンポで歌われる歌詞に興味を惹かれたから。

 特に“二人で育てた、小鳥を逃がし〜♪”っていうフレーズが忘れられない。レンアイ関係にある大人の男女は、一緒に小鳥を育てたりするんだ!?っていう新しい知識に激しく驚いた。、、、自分はそんな事しなかったけど。

 

 それから、日吉ミミの「男と女のお話」も忘れられない。“恋人にフラれたの?/よくある話じゃないか〜♪”などと、ミもフタもないフレーズで歌が始まる。、、、そんなによくある話なんだろうか?自分の周囲では、聞いた事もないんだけど。

 こういうフレーズを、日吉ミミの妙に耳に粘りついて来る声で歌われると、不思議な説得力があった。子供の自分でも、ついつい「そうだよなぁ」と納得してしまいそうになって。

 

 で、この曲は最後の部分で、必殺の言い回しが出て来る。

 “世の中変わっているんだよ/人の心も、変わるのさ〜♪”このナゲヤリな無常感がたまらない。孤独な日々の暮らしが、この身にスッと舞い降りて来る影がある。

 

 2位の藤圭子の歌は、何となく怖くて苦手だった。

 歌の冒頭から、“命、預けぇますぅ〜♪”とドスのきいたアルトの声で宣言されてしまう。小学2年生としては、「では、お預かり証をお出しします」とも言えない。

 だいたい、そんな大事なもん、ヨソに預けて欲しい。

 少なくとも、子供に預けるもんじゃないと思う。うっかり預けて、紛失されたらどうするんだろうか?

 

 等々、出て来る思い出話は尽きない、昭和40年代。自分と同世代の方々には、色んな事を思い出すキッカケとして実に楽しい一冊。もっと早く読めば良かった。オススメです。あ、以下は巻末の泉、石破両氏の対談のページ。二人の高校時代の写真がなかなか!

イメージ 2


 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全141ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事