ここから本文です
下手の横好き
好きこそものの上手なれ

書庫全体表示

実に3週間ぶりの山である。昨日の雨雲もどっか行き、笹ヶ峰はスッキリ晴れ!
いつものいささん、バぴなと涸沢から入る。路肩の雪はこんくらいで
今年は十分ですよ。良い年だ。
イメージ 1
わたくしこの時期担ぎでいいでしょ派に昨年なった・・ので、シールのみなさんを
尻眼に担ぎで635レッツゴー。前半は足も軽くがしがし登る。
一時間ほどで振り返ると乙妻と北アが絶景すぎる。春霞もなくクリアー。
イメージ 2

だんだん足が重くなり直登が厳しくなってきた。
やっぱシールの方が楽かなあ・・。
火打ち焼けも今年は白い!
イメージ 3

今日は北アもたまらんちたくさん居そうですね。
イメージ 4
気温はそれなりに低いので汗もかかず快適すぎる。
さて、当初は黒沢湿原降りて遊ぶつもりだったのだが、登った疎林が
良さそうなんで、ここ1本やって登り返しの涸沢落ちましょうとなる。
イメージ 12

三田原山頂はいきません!
イメージ 5
じっとしてると寒いのでドロップ。やや硬いものの3日前?ぐらいにちょっと
降ったのが食いつきタマランチ一発目でました。
イメージ 6
バぴがランデブー。
イメージ 7
景色最高の俺たちのスキー場である。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
こんなに良いのに登ってきたのは一人だけ・・。みなさん火打方面なんか。
火打の半分の時間で登り火打の倍以上滑りが楽しめるから絶対こっちでしょに
みなさん同意。
500mほど滑り登り返し。そしてバが担いだのだが、おかしいでしょこれ!
イメージ 11
なんか間違ってると思うがおもしいのでそのまま。ドローンか・・。
30分で登り返し妙高ドーン見物してからドロップ。
イメージ 13

上部でちょっとバンク形状で当て込みの真似したりして楽しすぎる。
中間沢底は狭く雪も腐ってるので右岸の台地疎林で楽しみ、下部で
沢が広くなったので入る。まったく滑りの無駄がない。上から下まで完璧です。
イメージ 14
最後の下の滝はこんな感じ。
中間も滝が一か所出てたが巻けるのでまったく問題ない。
イメージ 15
降りて1130。
今日も最高でした。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事