きのいい羊達の先生たちのブログ

きのいい羊達の先生たちが日頃感じたことを紹介していきます

早くも5月!

こんにちは。きのいい羊達のテルトマン先生です。
じめじめした暑さがやってきて、春を通り越して一気に夏到来か!
といった日々が始まりましたね!
新年度に入り、教室がスタートしてはや2ヶ月。
4月の初めは、集まるのも、お話を聞くのも慣れなかった子ども達ですが、
1ヶ月経ち、しっかり座って話が聞けるようになり、そんなところからも、
「心身ともに成長しているな」としみじみ考えさせられ、たくましくなっているなと、教室生や午前指導で携わっている子ども達に感じます。
 話が変わって、先日幻冬舎社長の見城さん(大手出版社社長)の本を読みました。その中で、
『成功は失敗の基』だという文章を見付けました。ん?どういうことだ?
という事で読み進めていくと、成功するとその成功体験が気持ちよくなり、それがどこでも通用すると思いこんでしまい、同じことをやると失敗するという事でした。僕自身、考えさせられる点がいくつかありました。
日々の指導の中で、前回盛り上がったゲームを他の子達に同じ様にやっても全然盛り上がらなかったことがありました。
この本を読んで気づかされました。成功体験に満足しているだけでは成長
はない。
成功の中から、なぜうまくいったのかを考え、導く作業が『失敗しない』
ための作業だと考えさせられました。
 現状に満足せず、常に面白く、そして研究し、日々の指導を通じて子ども達に還元していきたいと思いました。まだまだまだまだ頑張っていきます!

.


みんなの更新記事