ここから本文です

久しぶり!!


イメージ 1


久しぶり!!


イメージ 2


ってか、今年初めて青空見たよ!!


イメージ 3


放射冷却でめっちゃ寒いがな!!


イメージ 4


この寒さが信州の絶景を生む


イメージ 8


絶えるんじゃ〜


イメージ 7


絶えて春を待つ


イメージ 5


耐えた暁の信州はこれまた絶景


イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)

人知れず

15年ほど前に、温泉ブームが到来し、全国各地からファンが押し寄せ、

野湯探しも開拓され、今やその殆どの存在がしられている。

イメージ 2


しかし、信州のここはまだ誰にも知られていないと思われる。

ネットでは見たことが無い。

イメージ 1



車止めから徒歩で200メートルの位置

よって、タライを持ってこの間歩かねばならない。

高温(80度前後)なので、溜めた湯を冷ますか、川の水とブレンドの必要あり。

辺りは人影なしで居るのは、熊とサギぐらい。

是非入りたいと言う勇者はご一報ください!!






この記事に

開くトラックバック(0)

New Year in Hong Kong 1


以前、旅行先のホテルで働いていたChanthouさん。

仲良くなって、今でもよく連絡くれます。 夜遅くに・・・(時差笑)

彼女が友だちと香港へ行くというので、お供することとなりました。


決して不倫旅行ではございません(爆)


一昨年香港へ行ったばかりなので違う所の方がよかったのですが・・・

イメージ 1



年末年始でチケット入手が困難と思われましたが、年内ジェットスター利用者限定で

格安チケットが取れました。

なんと・・・3泊4日、5万円ですっ!! 信じられーん


イメージ 2


格安航空での海外はとても辛いです。

シートは狭く、足も前に伸ばせません。

しかも、とろい!! 5.5時間もかかる。

まっ、格安なんで・・・

イメージ 3

しまなみ海道を思わせるような景色ですがここは香港です。

ってしまなみ海道行ったことないがな!!

かつてイギリスの植民地であった香港は、一国二制度で国土面積は

長野県の1/10以下

ここに700万人も住んでいる。

地盤が固く、河川が殆どなく、水力発電が出来ないとか。

イメージ 5


なぜ香の港って言うのかというと、以前香木がやたら取れたみたい。

高値で売れ、取り尽くされ今は殆どない。

中国らしい(爆)

イメージ 4

お札珍しいねぇー

透けてますわ!!

コインもギザギザ

物価は中国だというのに、日本より高め

庶民が利用する乗り物などは安いが、観光客相手の物資はぼったくり。


え〜、そんな香港でchanthouさんたちと新年を迎えます。

この記事に

開くトラックバック(0)

1回やりにいく!!

2018年最大のイベント、というか目標。

槍ヶ岳に行ってきます!!

イメージ 1

ここに登れたら自分の人生満足や。

もういつ死んでもええねん。

イメージ 2

片道14時間

黄色線が今年涸沢岳 へ行ったコース。

槍ヶ岳は赤線コース。

略同等なのでなんとかなりそうだ。

しかし、アッシは雪山を登るつもりなのでR。


理由は、雪山の方が最短コースが取れることと、

足の負担が軽減できる。

それと、人が少ない。

これ一番。

山荘で知らないおっさんと布団を共にするのはイヤだし、

槍穂先で渋滞はカンベン。

なので雪山を行きます。


デメリットは当然雪崩の危険性と

クレパスだ。


2018年の登山は、槍ヶ岳と唐松岳のみにしておきます。

唐松岳は夜の登山。

絶景天の川とのコラボを収めるためです。

このブログ、1ヶ月更新がなかったらあっしはあの世に

行ったと思ってください。

チーン!!

ナムー

この記事に

開くトラックバック(0)

山猿海を渡る

信州のお猿は、こんな海上道路に憧れてしまう!!

イメージ 1

青い青い空だよ♪ 雲の無い空だよ♪

イメージ 2


Let's Go!!



この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事