ここから本文です
特発性眼窩炎症(眼窩偽腫瘍)日記
眼窩炎症からの〜〜心筋梗塞!(/_;)

書庫全体表示

腎臓結石

ご無沙汰しています。
しばらくブログをさぼっていたらもうすっかり冬です。
その間は心筋梗塞の診察、検査入院、眼窩炎症の診察と
県内の病院を走り回っていました。
特に心筋梗塞の診察と薬の処方は月に一度という
なかなか厳しいもので診察5000円、薬6000円と
財布のひも(ファスナー?)が全然閉まらない状態です。

もう遠い過去のようになってしまいましたが、今年の
夏も9年前の眼窩炎症になった夏と同じくらい
雨の全く降らない暑い夏でしたね。
ブログ友達のみなさんや猫さんは夏の疲れが秋にどっと
出たのではないでしょうか。

僕はといえば夏の暑さで水分を太陽に取られた樹木の
ように、枯れ枯れになってしまい、汚い話で申し訳
ありませんが、尿が全然出ませんでした。
そうなると腎臓が尿を作るのをさぼってしまい、尿路が
詰まったり石が出来てしまいます。

尿路結石とは

尿路結石症とは

尿路結石症は、腎臓から尿道までの尿路に結石が生じる疾患です。
泌尿器科の外来でみられる疾患の中では最も頻度の高い疾患のひとつで、
年間罹患率も年々上昇を続けています。
特に壮年男性と閉経後女性に高頻度にみられます。

症状

イメージ 1
疝痛発作(突然に生じる激しい痛み)、血尿が典型的な症候です。
腎結石は無症候のうちに経過することが多いのですが、
これが尿流に沿って尿管内に落下し、結石による尿流閉塞と
腎盂内圧の急上昇によって、腰背部から側腹部にかける激痛や
下腹部への放散痛が生じます。
夜間や早朝に起きることが多く、通常、3〜4時間持続します。
一部には腎盂腎炎を併発し、38〜40度の発熱を呈することもあります。
下部尿管に位置する結石では同時に膀胱刺激症状を伴うことも多く、
頻尿、残尿感が起こります。
腎結石は無症状で経過することが多いため、検診などで偶然発見
されることもあります。腰部の鈍痛のみが自覚されたり、
結石周囲の細菌感染のために膿尿や細菌尿のみを認めるという
こともあります。
膀胱結石、尿道結石では膀胱刺激症状の他、尿流の途絶が
生じることがあります。
結石の排出時には、通常、排尿痛や違和感を伴いますが、
無自覚に排石されることもあります。

結石の分類存在部位による分類

存在部位による分類

結石のある部位により腎臓(腎)結石、尿管結石、膀胱結石、
尿道結石と分類します。
また腎臓、尿管の結石は上部尿路結石、膀胱、尿道の結石は
下部尿路結石として扱います。尿路結石の95%は上部尿路結石です。
上部尿路結石と下部尿路結石では、原因や治療法に多少の違いがあります。

結石の種類による分類

結石を構成する成分により数種類の結石に分類されます。
シュウ酸カルシウム結石、リン酸カルシウム結石、尿酸結石、
及びこれらが混在する結石が最も高頻度にみられます。
尿路感染によって形成されるリン酸マグネシウムアンモニウム結石や、
また、遺伝性に発生するシスチン結石も認められることがあります。

結石の形成と成因

結石の形成過程

腎臓内の、遠位尿細管から集合管、乳頭上皮において、
シュウ酸カルシウム、リン酸カルシウム、尿酸などが
尿中で飽和状態となり、結晶が析出します。
結晶核が形成されると表面に晶質(シュウ酸、リン酸、
カルシウム)が付着し、結晶はさらに成長、凝集し、
凝集塊をもとに結石が形成されます。
微小な結晶や結石は無症状のうちに絶えず尿中に
排泄されますが、これらにさらに晶質や有機物が付着し
腎杯内で無症状のうちにある程度まで成長することが
あります。
このような結石が排出されるとき血尿、疼痛などを伴います。

結石形成の成因

結晶形成、凝集など結石形成の過程には様々な因子が関与します。
腎臓から尿道に至る尿路に通過障害や変形があると、尿流の停滞を
招き結石を生じやすくなります。水腎症では腎結石、
また前立腺肥大症、神経因性膀胱では膀胱結石が生じやすく、
長期臥床者では尿流停滞の他に骨吸収も進み、これも結石の
原因となります。
慢性的に持続する尿路感染も結石形成の重要な一因です。
尿素分解酵素を有するグラム陰性桿菌が尿素から
アンモニアを形成し、尿をアルカリ化するため、
リン酸マグネシウムアンモニウムやリン酸カルシウムが
析出しやすく、結石が形成されてきます。
代謝異常は最も重要な危険因子です。
高カルシウム尿症、高シュウ酸尿症、高尿酸尿症、
低クエン酸尿症、低マグネシウム尿症は重要な異常所見であり、
結石形成に大きく関与します。
尿pH(酸性度)も結石形成に影響します。
アルカリ尿ではリン酸カルシウム結石、リン酸マグネシウム
アンモニウム結石が形成されやすく、酸性尿では尿酸結石や
シスチン結石が形成されやすくなります。
稀に、内服している薬剤が原因で結石が形成されることもあります。
緑内障治療薬であるアセタゾラミド、活性型ビタミンD、
尿酸排泄促進剤(プロベネシド)、AIDS治療薬インジナビルなどが
あげられます。

先日もテレビで取り上げられていましたが、結石の原因として
1.極端に水分を取らない人。
2.外仕事が多い人。
3.飲酒、喫煙、脂っこい食事の多い人
4.歩行運動が極端に少ない人。(寝たきりなどの人。)
  が、かかりやすいとされています。

【痛みの王様(king of pain)】

たった数ミリの石が詰まることで、激しい痛みを伴う「尿路結石」。
日本人男性の7人に1人、女性の15人に1人が一度は経験するという
厄介な病気だ。特に今年のような猛暑が続くような時は要注意。
ある統計によると、気温の上昇と比例して尿路結石の患者が
増えるという。それは、大量の汗をかくと尿が濃縮されて結石が
大きくなり、尿路で詰まりやすくなるからだ。

尿路結石は、尿路系に沈着する結晶の石のこと。
もしくは、その石が詰まったことで起こる症状のことをいうが、
結石の位置によって呼び名も違ってくる。

「腎盂」や「腎杯」もあれば、「腎臓結石」、
さらに尿管に下がってくれば「尿管結石」、
尿道に引っ掛かっていれば「尿道結石」。
また、サンゴのような形をした腎臓内の大きな結石は「サンゴ状結石」
となる。
これらを総じて「尿路結石」と呼んでいる。

それではなぜ、この尿路結石は激痛を伴うのか。
東京社会医学研究センター理事、村上剛氏はこう語る。

「結石の痛みというのは、※1)【痛みの王様(king of pain)】
いわれるほど激しいもので、人によって、脇腹や背中辺りから
発する痛みは倒れ込むほどの衝撃があり、七転八倒して
病院に運ばれる患者さんも多い。結石というのは、
腎臓の奥にある乳頭という場所で作られます。
それがある程度の大きさになると、そこからはじき出され、
入管に落ちてくることで痛みを感じるようになるのです。
結石が移動する際に尿管が直接刺激されて出る痛みもありますが、
激しい痛みは腎臓の内圧が高まることで起こります。
尿管の直径は広がっても5ミリ程度で、それよりも
大きな結石は尿管のどこかに詰まってしまう。
尿管が塞がれているのに腎臓では尿が作られるため、
尿管の上流に尿が溜まっていく。そうなると腎臓の被膜が伸ばされ、
そのときに激痛が起きるのです」

では、尿路結石の治療はどうするのか。
結石の大きさが5〜6ミリ程度なら利尿剤や尿管拡張剤を服用し、
水分を多く摂るなどして自然に排石させる。
しかし、7ミリ以上の結石や1カ月以上も排出されない場合は、
外科治療が一般的だ。
日本尿路結石症学会などのガイドライン作りにもかかわった
医学博士の内浦尚之氏はこう説明する。
「主に腎臓で出来た石は、尿管に落ちてくる。それを専用の
装置で体外から衝撃波を当てて石を砕くESWL(体外衝撃波砕石術)
いう方法が1980年代半ばに国内に導入されて以来、治療の主流に
なってきました。
それまでの手術と比べて患者の負担は大きく減りましたが、
衝撃波で他の組織を傷つける心配が残ります。
結局、これまで砕いた石の破片は、自然に出てくるのを
待つしかなかったのです」

ところが、数年前に内視鏡を使ったTUL(経尿道的尿管砕石術)
いう治療法が広まってきた。これは、尿道から細い管を入れて、
その先端に付いたレーザーで石を粉砕、そのまま結石片を回収して
体外に取り出すというもの。
しかし、石の大きさ次第で誰にでも適用できるわけではないという。

だが、石を確実に取り除けるTULは患者の満足度が高いと
いわれており、早くから導入している金沢医大病院では、
ESWLとTULの治療数を比べると、TULのほうが
上回っているというのだ。

また一方で、自然排石を早める新薬の治験が進められている。
専門家によれば、海外では効果が認められ、国内でも
3年以内には、10ミリ以下の結石なら自然排石ができる
見込みだという。

治療費は自然排泄を目的としたMRI検査、イオン水などの
点滴注射や痛み止め(座薬)などの治療費、数千円に対し、
衝撃波を当てて石を砕くレーザー粉砕は
日帰りもしくは1泊2日で5〜7万円、
内視鏡で石を粉砕する手術は7〜10万円、
もう少し高度な技術を使用した粉砕後に石を取り出す
手術は10万円以上と聞いています。
詳しくは各病院のHPで調べてください。

僕は腎臓結石でした。最初は5㎜くらいでしたが
点滴の後、尿管から膀胱まで
なかなか石が落ちてこず、10㎜まで大きくなっていき
3週間石が出てこず、最終的にレーザーによる
粉砕をしました。1泊2日で7万円でした。
よく言われる日帰り手術とは前日準備、検査、当日手術、
経過を含め1泊2日〜2泊3日がステイタスとなっています。
日帰りという言葉をお間違えなきよう。

※1)44(yoshi)さんの好きそうな
ポリス (バンド) の曲
とは全く関係ありません。


イメージ 2

ではまた。

  • 顔アイコン

    色々大変ですね(>_<)
    僕も結石ができやすいから仲間にゃ〜byジジ=^_^=

    猫と一緒にしてごめんなさい🙇

    キキ

    2018/11/29(木) 午後 5:49

    返信する
  • 次から次へと襲って来る病魔…石は石でももっと違った石(宝石)だったらと。これは冗談ですが粉砕した石はお小水と共に完全除去されたのでしょうか?巷ではビールを呑むと石が出易いと聞きますがホント何ですかね(笑)これからは水分補給をしっかり行って下さいね。水分は心筋梗塞の予防にもなると思うので。パール…先日、座薬じゃないけど体温計を突っ込まれました(笑)お大事になさって下さいね。ナイス☆

    にゃんこ先生

    2018/11/29(木) 午後 6:43

    返信する
  • こんばんは(^^)

    夏、暑かったですね〜・・・。
    ほんとに、異常でした。
    そして、やっぱり、がっつり、体調不良になってしまいました、笑

    JUNさんも大変でしたね。。。

    久しぶりの投稿、嬉しいです(^^)

    KOMATI

    2018/11/29(木) 午後 7:32

    返信する
  • 顔アイコン

    お久しぶりです
    まあ〜まあ〜いろんなことが降りかかってきますね・・・
    やっぱり七転八倒したんでしょうか?
    私は知りませんが相当苦しむみたいですね・・
    私の方はとりあえず元気ですが、心臓の機能は下がってきているように思えます。
    JUNさんもそうでしょうが、無理をしなければ(ここで云う無理とは日常生活の当たり前の事、仕事の事ですが)、
    もっと楽になれたり、
    病気の回復や経過がいいのかも知れませんが、
    生きていく以上、日々生活に追われ、仕事に追われ、
    身体に鞭を打って動かないと、お金が生まれてきませんよね〜
    言うなれば身を削って生きていくとはぴったりの言葉に思えます。
    こんな事はまっぴらですが、お互い頑張って身体の回復を願いましょう〜

    44

    2018/11/30(金) 午前 11:44

    返信する
  • キキさん、ナイス!ありがとうございました。
    ジジ君、さあさあ座薬ですよ!ブスッ!

    ジジ:寝てばかりだからにゃ〜
    飲み薬の方がいいにゃ。

    JUN

    2018/11/30(金) 午後 8:55

    返信する
  • にゃんこ先生、ナイス!ありがとうございました。
    ビール飲めば石は出ると言うのは都市伝説でした!
    水飲みましょう!
    あっ!にゃんこ先生にとってはビールは水でしたね、

    JUN

    2018/11/30(金) 午後 9:00

    返信する
  • KOMATIさん、ナイス!ありがとうございました。
    雨の無い夏、台風の多い秋、カメムシの多い冬
    体調は悪くなる一方だし、体力はなくなるいっぽうですね
    冬は冬眠しましょう!

    JUN

    2018/11/30(金) 午後 9:07

    返信する
  • Yoshiさん、医者は心臓の薬は一生の付き合いだと
    言われるしおまけに毎月だし、高いし参ったなあ
    血が出たら止まらないし、水制限で尿は少ないし
    副作用からの別の病気ってたまりません!
    そのうち病院から仕事に行くということに
    なりそう。

    JUN

    2018/11/30(金) 午後 9:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事