shumatsu111のうだうだブログ改

あたしの体はカップ麺とおにぎりでできている(ー_ー;)

怖い話

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

パート1が意外に好評だったので調子にのってパート2に入ります。
 
 
怖い話と言えば「怪談」や「肝試し」、殆どの人が経験あると思われます。
 
夏のキャンプファイヤーとかでやるお化け屋敷的なものから、心霊スポットまで様々でしょう。
 
 
 
 
 
今回のお話はその「肝試しとその後」でございます。
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
夜のお墓・・・(イメージ)
 
中学時代に友人5名くらいで「肝試しやろうぜ!」ってなり、夜11時頃に家を抜け出し夜の墓場へ・・・
今から思うと罰当たりです。
 
写真のお墓は明るいですが、実際に行ったところはちょっとした山の中で真っ暗。
現在は使われておりませんが、当時は火葬場付きのところでございます。
 
墓場近くまで来て、5名中3名が「やっぱりやめておく・・」と言いだし、待機することに。
 
ちっ、根性ねぇなと、当時一番仲が良かった二人で歩いて墓場へ進む。
 
 
 
 
 
 
おや?火葬場の隣の部屋がぼやっと明るい・・・
┬|д゚)
 
 
こそっと覗いてみる・・・
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
※イメージ
 
 
 
 
何やら、白い布に覆われた、大きな箱の横にろうそくが2本・・・・
 
 
 
棺桶か・・・・?
━━━(ノ)゚Д゚(ヽ)━━━!!
 
 
 
友人と顔を見合わせる。
 
ひ、引き返したい・・・・・
 
 
 
が、来なかった友人を腰抜け呼ばわりした以上、引くに引けないあたしたち。
 
 
「い、行こうか」「う、うん・・・」
 
こんな会話を交わし、墓場へと進む。
 
 
 
墓場の入り口には無縁仏か何かの墓標がある。
 
左側に中くらいの3つ、大きいのが中心にひとつ、右側に中くらいのが3つ
 
あたし達の行方を阻むようにも見える。
ここに遊びに来るなと・・・・・
 
 
 
 
ん?なんとなく、右から2番目の石碑が光っている気がする。
 
何か反射しているのか?
 
それとも恐怖感からくる錯覚か・・・・?
 
 
 
ふと、友人を見ると何かを凝視している。
「お、おい、週末。 なんか光ってないか?」と小声であたしに話しかける
 
ドキ───Σ(゚Д゚;)───ン
 
 
 
「も、もしかして右から2番目か・・?」とあたし。
 
やっぱり、光ってるよな?  う、うん・・・・・
 
 
怖いながらも、その石碑に近づいて見る・・・・
 
 
と、その時!
 
 
 
イメージ 3
ぶわっ!
 
※イメージ(実際には人の姿には見えていません)
 
何かでっかい光の玉のようなものが飛んできて、自分の中をすり抜けていったように見えた。
 
何かはわからないが、友人と二人でパニックになるあたし達!!!
 
 
ギャー
 
っと叫びながら、残りの3人達のところへダッシュ!
 
残りの3人もわけもわからずに、パニックになり全員で猛ダッシュ。
 
何が起こったのかわからないまま、全員解散。
 
 
取り合えず、自宅に帰りどきどきしながら布団の中へ。
 
 
 
 
 
 
そして、翌日から自宅で変な音がするように・・・
 
 
 
どこかわからないが、「キ、キィ〜キィ〜・・・・」と音が聞こえる・・・
天井付近で木と木をすりあわしたような音が聞こえるのだ。
 
なんだ?なんの音だ?
 
 
翌朝、天井裏にネズミか鳥でもいるのか?と思い、覗いてみるがそんな形跡はない・・・
 
 
次の日もその音が鳴る・・・
 
それ以外は何もないのだが、とても気味が悪い。
 
 
1週間ほど経過したときに、墓場に一緒に行った友人が泊まりにきた。
 
その、妙な音の話をして、その日の夜も鳴るか二人で確認することに。
 
「キ、キィ〜キィ〜・・・・」
 
 
な、鳴ってる!
 
 
友人に言うと、聞こえないという・・・
 
あたしの耳がおかしいのか?それとも・・・
 
 
翌朝、鳴っていたと思われるところをよく調べてみる・・・
 
 
 
 
 
 
 
天井付近に当時好きだったアイドルのポスターが貼ってあった。
イメージ 4
菊池桃子(*´ェ`*)っ゚+゚
(ラ、ムーになる前です)
 
 
よく見ると、目の真ん中部分に針のようなものが刺さっている・・・・
画鋲の頭が取れたもののようだ・・・
 
こんなものがいつの間に刺さってたのだろう?
 
元々、針が出てた上にポスターを貼ったのだろうが・・・
まったく気づかなかった。
 
 
とりあえず、ポスターをはがしてみる。
 
友人と二人でそのポスターを見てみると。
 
 
おや?なんとなく、首の辺りが青い・・・
友人も「首のへんが青くない?」と言ったか言わない間に、見る見るうちに菊池桃子の顔が青色になっていった!
 
 
 
またもやパニック!
 
 
 
ポスターを丸めて、隣の空き地で焼いて処分した。
 
 
 
親に今までのことを告げると、あっさりと信用してくれた。
おそらく、あたしの様子が尋常じゃなかったのだろう。
 
友人と二人で除霊のお払いを受け、それ以来その音は鳴らなくなった。
 
 
 
あれはなんだったんだろう?
恐怖心からくる錯覚か?それとも・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
イメージ 5
信じるか、信じないかはあなた次第です!
 
 
 
 
 
 
おちまい
 
 
 

この記事に

開く コメント(208)

え〜、怖い話が嫌いな人は見ないでください(笑)
 
 
見ちゃうといけないので、ちょっと段落を下げてと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、本題です。
 
皆さん、怖い話は好きですか?
 
 
 
あたしの子供の頃(小学校高学年〜中学)は怖いものブームがあり、スプラッター映画なんぞも流行りました
 
イメージ 1
死霊のはらわた・・・
 
 
 
あとジェイソンとかエルム街の悪夢とか
 
 
 
 
イメージ 2
キョンシーとか
 
 
これは怖くなかったですね(笑)
 
 
 
で、実話話です。
 
昔、家の近所の電柱の下にいつもおっさんが立っているような気がしている場所があったのですが、気のせいだろうと思っていたある日・・・
 
 
 
 
「いっつも、あの電柱に人が立ってる気がするねん」とおかん(母)。
あたしと感じていることと同じことを言い出した。
 
 
 
 
ん?やっぱりなんかいるのか?
 
 
ちょっと気味が悪い・・・、同じ場所で同じような感じがするなんて・・・・
 
しかし、他家族はまったくそんな気がしないという。
 
 
 
 
 
ある日、その電柱の隣の家に○○さんという家族が引っ越してきた。
引っ越しのあいさつにもきちんと来てくださる感じの良いご家族だ。
 
 
 
 
しかし、犬と一緒に来たのだが、毎晩ワンワンと非常にうるさい・・・
その家族はまわりに気兼ねしてか、その犬を手放してしまった。
(叱っても叱っても鳴き止まなかった)
 
 
そんなことがあり、2〜3カ月ほど過ぎ・・・
ふと、「最近、あの電柱におっさんの気配が無くなったな?」と気付いた。
おかんも「最近、人がいるような気がしなくなったね」という。
 
今までが気のせいだったかな?と思っていた。
 
 
 
その後、その家族の奥さんが入院したという。
そして、そのまま退院することなく、引っ越すことになった。
 
引っ越し当日、その家のご主人があいさつに来られた。
 
 
ご主人
「短い間でしたが、お世話になりました。」
 
・・・・・・・・・・・
 
 
「つかぬことをお伺いしますが、あの家は昔何かありましたか?」
 
 
「べつに何もなかったですよ」
「どうかされました?」
 
 
 
 
 
 
 
ご主人
「実は家内が家に知らない人が入ってくる、入ってくると錯乱してしまったのです」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
キャー
 
 
 
電柱に立っていたような気がするおっさんの気配を感じなくなった時と合致する・・・・・
 
 
やっぱりなんかいたのか?
 
 
犬が毎晩吠えていたのは・・・
 
 
犬がいなくなって、その家に入っていったのか・・・
 
 
それともたまたまか?
 
 
 
 
事実は不明ですが、いまだに鮮明に覚えている話です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
信じるか、信じないかはあなた次第です!
 
 
 
怖っ!と思った人はクリック。
 
他にも聞きたいリクエストがあればパート2に続きます・・・
 
 
おちまい
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(352)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事