k−sys 豆知識

住まいづくりに関する豆知識を掲載してまいります

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2008年11月04日

「これは貯水タンクなんですか?」 3階建て住宅の見学会の時には
このようなタンクが設置されている事がありますので御質問があります。

私たちは「受水槽」と呼んでいます。
「貯水」でも間違いではないのですが、災害時の緊急用や雨水の有効利用、工場の冷却水など
大量に水を確保するイメージとは少し違うからです。

「写真1」の受水槽は「一度 水道水を受け留めてポンプで加圧する容器」と考えて下さい。
水道業者さんは「圧力タンク」と呼ぶ人も多く「写真2」のように
水槽の上にポンプが付いていまして、このポンプで各階に水を圧送する役目を果たします。
「あっ そー!」 ( ̄_ ̄|||) どよ〜ん

静岡市では3階部分に、水廻り設備がある場合は水道部から設置指導が出ます。

富士市などは水道水の水圧が強いからなのか? 20mmの水道引き込み管が引き込まれているならば
受水槽設置は不要!と言われるケースも多かったりしました。

写真は本通のM邸ですが1トン(1000L)の受水槽です。
建物の面積や、蛇口の数などを基に算定して500L、300Lなど
タンクの容量はいろいろあります。

キッチンやお風呂、トイレで水を使うたびに、タンク内の水が圧送されて入れ替わっておりますから
水質や鮮度は心配ありませんが、定期的な検査や清掃は行っていただいております。

P.S 一緒に写っているニコニコ顔は.....水道工事を担当してくださっている花井さんです!
水道工事一筋8年の彼の、仕事が終わったあとの楽しみは
「溺愛している娘さんとお風呂に入ること〜〜♪♪」だそうです^^/

08/11/4 makita http://k-sys.co.jp/topics/topics.cgi

この記事に


.


みんなの更新記事