k−sys 豆知識

住まいづくりに関する豆知識を掲載してまいります

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

「境界線より1m未満の距離」において「他人の宅地を観望」できる窓や縁側を設ける者は目隠しを付することが必要である。
※1mの距離は窓又は縁側の最も隣地に近い点から、直角腺で境界線に至るまでを測量する。

  ↑
「観望」の解釈ですが・・・とても難しいですよね?
隣のお宅の家の中を「覗き見」しようとして窓を付ける人なんていないのに


先に建てて住んでいるお宅から見て「プライバシーの侵害だ!」「けしからん!」と言われる場所に
窓、縁側を取り付ける場合は「目隠し」(見る事の出来ない工夫)をしなさい!という事です。


実は、法律的に「1mだから悪い」だとか「1.1m離れていれば関係ない」とか
そういう問題だけではなく、相手が不愉快な思いをするか?しないか?のメンタル面が大きいと思います。
(これは私自信の勝手な見解ですけどー!)


事前に隣の窓位置をチェックしてから設計に入る。または希望の間取りが出来た時点で
ご迷惑が掛からないか?チェックして窓を移動させたり曇りガラスにする。
などの工夫は絶対にするべきです。そうしないと、こちらだってプライバシーを損ねる事にもなってしまいますから。


写真は我が家の(お隣に面した)窓です。
外壁まで手が届きそうな距離ですが、風を入れる為に窓を開けても
御迷惑にならない位置を計算しながら付けました。

08/12/26 makita http://k-sys.co.jp/

この記事に


.


みんなの更新記事