k−sys 豆知識

住まいづくりに関する豆知識を掲載してまいります

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

図1 「 L 」型

図2 「 コ 」型

図3 「 I 」型

どの階段が一番良いか? これには答えはないです。
プラン作りをする上で、1番最初に考える事は階段ではないからです。


家は100件あったら100通りの間取り! 同じ間取りは存在しません。
階段だって、その家のプランに応じて 一番使い易い場所に使い良い「カタチ」考えています。


ただ図3の直線となる階段「 I 型」は極力作らないようにしています。


家の中でのケガの第1位は階段! お年寄りや子供さんが御一緒だったらなおさら配慮したいです。


万が一転倒して 転げ落ちた時に、直線ですと一気に一番下まで落下して危険です。


できれば1〜2回、90度に曲げる事ができれば、ケガも最小限に防げると思います。


09/03/30 makita http://k-sys.co.jp/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事