k−sys 豆知識

住まいづくりに関する豆知識を掲載してまいります

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

建築基準法(政令第126条の6)で、3階建て以上の建物には
「非常用進入口」を設置しなければならないという規定があります。


写真のような、窓ガラスに三角の赤いシールを貼った窓を見た事があると思います。
特に、ホテルやデパート、オフィスビルなどを見上げると必ずありますよ〜〜♪


これは万が一の火災の時に消防隊が、はしご車から この窓を叩き割って進入し
人命救助を行うための大切な、そして必ず付けなければならない窓なんですよ!!


普通の住宅でも3階建てになると、「3階部分」に設置しなければならないのですが
ビルに設置されているこの「非常用進入口」はちょっと特殊な構造でして・・・・
住宅では機能性(毎日の開け閉め通風など)が不便で、尚且つ高額なんですよ(><;)


そこで「代用進入口」と言って、非常用進入口の代わりとなる窓を設置すればOK!
という事になっておりますが、基準を満たす大きさである事が条件になります。


「左の図」の様に
●高さ120cm以上、幅75cm以上 窓を開放した状態での有効寸法で確保できる。


または・・・
●直径1mの円が内接する事ができる大きさの窓。


これは消防隊が救助に使う窓ですから、格子は入れてない事や
床からの高さに関しては1.2m以下程度とする事が望ましい。
等々細かな寸法にも留意して、設計図は消防のチェックを受けています。

設置位置は基本的には「道路側」とし、間隔は外壁面の長さ10m以内ごとに設置します。



ではこんな場合は??


3階部分が屋根裏部屋になっていて、外壁も窓もない・・・部屋だったら!?


答えは「右の図」です。 屋根にドーマー形の代用進入口を付ける方法があります♪


09/05/07 makita
http://k-sys.co.jp/topics/topics.cgi

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事