k−sys 豆知識

住まいづくりに関する豆知識を掲載してまいります

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

相続税が掛かる、掛からないという話と・・・
遺産の分割方法とは、また別の話なんです!


残された遺族がどのように分け合うのか?
一番大切なのは、しっかりと話合いによって円満に処理できる事ですね♪


遺産は土地や建物の不動産だけではなくて、貯金だったり絵画や骨董などもありますから
「現物分割」「代償分割」「換価分割」などいろいろな方法で公平に行われるようです。


※平等ではないです!「公平」が基本です。


ただ・・・こんがらがるのが・・・「法定相続分」「個々の遺留分」「遺言の存在」
などが絡むので、「不公平だ!」と言い出す人がでると身内といえでもなかなか大変なんですよ(><)


「法定相続分」と言うのは・・・例えば遺族が配偶者と子供3人だとして
土地や建物、貯金などを合わせて3000万円分を分割するとした場合
お母さんが1/2の1500万 残りの1500万円は兄弟3人で500万円ずつ分ける事です。


しかし「遺言」が出てきて財産分与方法が記されていた場合には
「少ないよ!」と不満がある人は「遺留分」を主張する訳です。
「遺留分」とは法定相続分の半分! 奥さんでしたら750万、子供さんだったら250万ですねー。


ただ、「遺留分」と言えども 土地、建物を処分してお金に買えて分けろ〜〜!と主張しても
家を守って来た長男御夫婦や、その子供さん達が生活基盤を失う事になりますから・・・・・


やっぱり、血を分けた兄弟でしたら「円満に♪」を合言葉に仲良く切り抜けて欲しいですね!


隠し子の存在が・・・・・? 名乗り出てきたら?? 絶対に揉めそうですけど・・・(笑)


09/10/29 makita http://www.k-sys.co.jp/topics/topics.cgi

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事