k−sys 豆知識

住まいづくりに関する豆知識を掲載してまいります

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今、お使いになっている箱型ブラウン管式のテレビ・・・
あと1年半で地デジ化に移行されますから徐々に姿を消していくと思います。


ただ、チューナーを設置すればまだまだ視聴はできるみたいです♪
マイホームを新築した時に 箱型の大きなテレビをリビングの角に置いて
今まで通り見る場合でも 将来買い換えた時には間違いなく「薄型大画面」になると思うんですよー!


この大画面にした場合同じ位置(リビングの角)に置いてしまうと
大きい分だけ部屋が圧迫されますし、裏側はホコリの溜まり場になってしまうので
間取りの計画段階で、角ではなく 壁面側(フラットな壁)に設置する場合も想定して下さい。
(コンセントやアンテナのジャックも含めて)


もしそのリビングの南と東、2方向に掃き出し窓があって
西側は出入り口とクローゼット! 北側には対面キッチンだったりしたら・・・・・
そう! フラットテレビを置くスペースが無くなってしまうんです。


「掃き出し窓が開かずの窓となって・・・カーテンは締め切りで、その前にテレビを置く」
な〜〜んて事にならないように工夫しておきたいですね♪


「写真」はパナソニックで発売している「シアターパネルシステム」です。
時代の流れに応じて次々に新製品が登場してくるんですね。。。。


30万超えるのも・・・(@o@;)/


10/02/04 makita(株)建築システム 静岡 http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事