k−sys 豆知識

住まいづくりに関する豆知識を掲載してまいります

全体表示

[ リスト ]

昨日の現場日記で、鉄骨の建て方当日は・・・
「マグネット式水平・垂直レベルゲージ」を見ながら真っ直ぐに建てますが
最終的(ボルトの本締め)は「下げ振り」を使って垂直を確認すると書きました。
    ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_3/34785577.html

「写真1」が下げ振りです。 
設置BOXからヒモが出ていて、先端に重りが付いています。
イメージ 1
イメージ 2
これを柱の上の方に取り付けて、柱とヒモの空き寸法が 上も下も5センチになっているか? 
調べれば、傾きのチェックができるというわけです。
ピサの斜塔の傾きも・・・これで調べたんでしょうか?

ピサの斜塔の工期は3期に分けて施工しています。
第1工期1173年〜1178年
第2工期1272年〜1278年
第3工期1360年〜1372年
1173年の着工の時は垂直で問題なかったらしいのですが5年後には既に傾き始めていたんですって。。
第2工期でその傾斜を修正しつつ工事を再開したのですが、傾きは全然止まらず悪化(><)
第3工期の最上階層を作る時は、そこだけ地面に対して垂直に立てた・・・投げ遣りな工事(笑)
でも、これが功を奏して超有名な世界的建造物になったんですよね♪

南側地盤の補強はしたものの・・・現在でも毎年何ミリづつか傾き続けているそうです。
2010年現在 傾斜角5.3度  本来垂直と仮定した外壁から・・・4.5メートルも南に!

イメージ 3

10/12/28 makita  建築システム 垂直レベル 下げ振り http://www.k-sys.co.jp/
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事