k−sys 豆知識

住まいづくりに関する豆知識を掲載してまいります

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
イメージ 2
 
計算方法が違うというよりも・・・
「2階建と3階建では、軽減措置される期間の年数が違う!」という事です。

建物の固定資産税の簡単な目安ですが、
32坪、1,600万円で購入の場合、評価額は960万円と仮定して
建物960万円×0.014(税率1.4%)=134,400円が年間の支払。

ただ、新築当初は軽減措置がありまして
新築建物は床面積120㎡までの部分に対して3年間は半分にしてもらえます。
3階建てで構造が準耐火のものは5年間、半分になります。

32坪(105㎡)なら約67,200円の減免が受けられますから
当初3年間は半額(67,200円)に軽減されますね。

3階建て準耐火構造であれば、この軽減措置が5年間受けられます。

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/
静岡市 駿河区 葵区 清水区 狭小 3階 二世帯 鉄骨 木造 ローコスト 二世帯 耐震 免震 高耐久 高気密 高断熱
2012/02/24 makita

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事