k−sys 豆知識

住まいづくりに関する豆知識を掲載してまいります

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
鉄骨造の場合、柱や胴縁の鋼材が万が一 傾いていたならば・・・
内側の部屋の内装工事をそのまま進行させてしまえば部屋の壁も傾いてしまいます。
当然タンスなどの家具を置いたら上と下とでは隙間の距離が違ってしまい欠陥住宅になってしまいます@o@;/

そんな事がないように、必ず水平器2つ使って前後と左右を調べながら内装工事を行っています。

イメージ 2
 
イメージ 3
 
ガラスの筒の中に水と空気が入っていて、気泡が中央で止まれば水平です♪
空気の玉が、左右どちらかに寄っていたら狂いが生じている事になりますから調整が必要になります。

基本的に柱も、胴縁組みも必ず水平器をで確認してからボルトの本締め作業をしていますから
狂いなんかは今まで無かったですけど、一応備えあれば憂い無しって事で!

柱などの長い鋼材のチェックは『下げ降り』で→ http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_1/34415442.html

2014/01/09 makita
建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/
静岡県 静岡市 駿河区 葵区 清水区 沼津 富士 三島 焼津 藤枝 島田 狭小 3階 二世帯 鉄骨 木造 在来 2×4 ローコスト 二世帯 耐震 免震 制振 高耐久 高気密 高断熱 制震 デザイナーズ マイホーム 住宅 会社 評判 間取り 工務店 優良 快適 地震に強い トリプルステージ グランヒル フォレストライフ ハイレフィン ベルスタ エスティア ハッピーキュービック 隙間職人 狭小自慢

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事