k−sys 豆知識

住まいづくりに関する豆知識を掲載してまいります

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

浴室で使う物と言えば・・・

シャンプー・リンス・ボディソでしょ〜

あとはウチの場合ですけど 歯ブラシ、毛染めとか、足のカカト削る石? 髭剃り

メイク落としとか掃除用のスポンジ、洗剤 あと頭皮マッサージ器だとか

わっさわっさ物で溢れかえっています(笑)

シャンプー&リンスって3人家族なのになんで4本ずつ計8もあるんだか?@o@;/




イメージ 1




これ、便利グッズです。



イメージ 2




浴室内の壁は、芯が鉄なので このマグネット式ならどこでもくっつきます。

密着面の面積も大きいので満タンのシャンプー入れても落ちません。



イメージ 3




容器の中には水抜き穴もあるので、シャワーがかかっても水は溜まらない。

一番使いやすい位置に付ければ便利だと思います。

TOTOの製品ですから注文すれば手に入りますよ♪



イメージ 4




他所の家の棚なのに勝手に移動して写真撮ってすみません。


建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

三島のYさま宅のお風呂♪

グレーの落ち着いた石目柄にホワイトの浴槽で『俺の風呂!』的存在感。

小技も効いてます。

雨の日や梅雨時は浴室乾燥機で洗濯物も乾かす温風機能がついているのですが

通常はパイプは1本だけです。

ところが写真見ると2本に追加! 使わない時は入浴の邪魔にならないように

窓際にパイプを移動できるよう、フックは4本分着いてます@o@;/




イメージ 1




窓も引き違いで大きいので、昼間は明るいし、窓をあければ換気も十分♪


イメージ 2




またまた、小技見つけてしまいました@o@;/

 
すみませんm(_ _;)m  このレベルだと小技じゃ申し訳ない。

かと言って大技って程でもないので(笑) 『技あり!』にしておきましょう。

窓に目隠しルーバーを設置してあるのです。

お風呂はすっぽんぽんで入るので夜入るとプライバシーが心配。

これなら完全に視線をシャットアウトできます。



イメージ 3




レバーの上げ下げで角度も自由に調整できます。

外から見られないけど、風は採り込む! これって柔道の『有効技』に匹敵かな?


イメージ 4



もちろん防犯にもなりますね。

ガラスだけだと割って侵入って心配もありますが

これだけアルミの板が横格子状になっていたら諦めます。一本!




イメージ 5




なんだかんだー

【小技】【技あり】【有効】【一本】全部揃った気がします。

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

またまたテレビのネタでごめんなさい。

『助けて!きわめびと』よく見てるので・・・

 
今まで夏と冬、52回ずつ経験していたので

夏はジトジト湿気が多くて体力奪われるし、

冬は乾燥してケホケホ咳は出るし肌はカッカカサになる事知っています。

教わった訳じゃ〜ないけど 身体で体感してきましたよね!

 
何で? って考えた事なかったです。 そんなの自然の法則だろうから考えてもしょうがないじゃん!と思って(笑)

でもこの番組でメカニズム理解しました→ 番組




イメージ 1





12帖の部屋の場合、

室温が5℃だと空気中に含まれる水蒸気は300mLなんですって。

これが15℃ならMAXで500mLの水分を空気が含む事ができる。

室温が25℃まで上昇したら空気中のに1000mLまで水分を含む事ができる。



イメージ 2





寒い室温、5℃の時の水分に空気中に300mLも含んでいれば

湿度はほぼ100%なので肌もしっとり、喉も痛くないけれど

エアコンや床暖房で部屋をポッカポカにしてしまうと 部屋には300mL分の

水分しか漂ってないので湿度は30%しかなくて乾燥して環境最悪!

だから冬、部屋を暖める時には加湿器を付けたり、ストーブの上にヤカン置いとけば唇がバリンバリンにならな

いのである♪



イメージ 3




ところが、その12帖のリビング!

寝る時は暖房切って、それぞれの寝室に行って寝る。

もし25℃だった部屋で湿度が70%(700mLの水分が空気中にあったならば)

夜中に室温が5℃まで下がってしまったら700−300=【400mL】

缶ビール1本分の水分は空気に溶けている事が出来なくて 冷たいガラスやサッシに触れて水びたし(結露)が

発生する原理。

住宅を建てる時は、結露しない為に遮熱効果のある複層ガラスにしたり

アルミの枠が剥き出しにならない樹脂サッシにしておく事で結露防止に繋がります。

また、断熱と気密性能が高い部屋であれば 例え12帖の暖房を切った後でも

暖気は逃げないで温かいまま保つ家にしておけば結露はありません。




イメージ 4




ただ、どんなに工夫してもお風呂だけは結露します。

湯船に浸かっていると湯気がどんどん空気中に取り込まれてますよね。

寒かった浴室が シャワーや浴槽のお湯で 室温が25℃まで上昇するので

あっという間に湿度は100%で鏡や窓が湯気で曇ります。

お風呂から出てしまうと浴室内の温度が急激に下がるので湯気が一瞬で水になるから

換気扇回しても水はダクトからは排出できません。


建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

NHKの番組で冬の暖房器具のランニングコストの比較してました。

気になるお金の話なので動画見て下さい。









やはりエアコンの暖房が一番コストがかからないそうです。

昔は一番電気食うから! と言ってストーブやファンヒーターが人気でしたが

家電も日々性能も効率も上がってるんですね。

住宅もオール電化が進んで ヒートポンプ式はエアコンだけじゃなく、お湯を作るエコキュートにも採用されてま

す。

 
空気を圧縮して・・・本当に熱を発するのか? 実験の様子




イメージ 1





空気を圧縮して温まるどころが、発火してるんです。

という事は 寒い日に外で、 両手で空気を掴んで丸めて一気にギューッ!!っと

押し固めれば500℃に温まるので それで暖を採ってみて♪(笑)


イメージ 2





エアコンの場合は、外が7℃の寒さの時に

木造住宅12帖の部屋を20℃に温めた時に1時間当たり6円と安いです。

がっ! 【木造住宅】と一括りにするのは危険な話。




イメージ 3




①最近の高気密高断熱性能が高い住宅と

②平成になった頃の・・・15年前の普通の木造住宅の

③昭和55年前後に建てた30年くらい前の家とでは違います。

現在の①の家なら1時間6円でしょうけれど

②の時代は窓や断熱材の性能が低くて寒さを中に伝えるので温度設定を上げざるをえないので1時間18円


くらい掛かると思います。

③だと、そもそもエアコンを30℃のに設定してもすきま風だらけで温まりません。


 
一度部屋が温まったら、その室温が外に逃げない家にすることも大事な条件になると思います。


建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

以前に開催した完成現場見学会の様子です。

この現場の水まわり設備はリクシル製品でしたので

メーカーの担当、糟谷さんが応援に来てくれて説明してくれました♪



イメージ 1




ユニットバスはシャワードバス。

当日写真は撮ってありましたが、BLOGに掲載するのを忘れてました。

じゃぁ何で今日思い出したかというと、寒いから。

昨日はお風呂入らないまま寝てしまい、今朝出社前時間が無いからシャワーで済ませたのですが

寒っ! でも浴槽に浸かる時間がない。。。




イメージ 2




それでこの事を思い出したのです。

鏡の両横にあるレーバーが手前側に下りてきます。



イメージ 3




糟谷さんが実演してくれました。


イメージ 4




「服来たままで大丈夫ですかね〜?」と言ってくれてますが・・・

「リアルにスッポンポンになって!って言っても脱がないんでしょ?」

雰囲気だけ伝われば良いのでOKです♪



イメージ 5




1つのハンドルから3カ所。 両方で6カ所からポッカポカのミスト(霧)で身体を温めてくれるのです。

『肩から後ろ』『胸』『両足』ですからほぼ全身を包み込むのです。



イメージ 6




正直、温まりたい方は湯船に浸かって温まれば良いだけの話ですが、

高齢者介護や障害をお持ちの方の場合、浴槽に浸からせるのが困難な場合があります。

冬場にシャワーだけで洗ってあげるのは極寒ですから、このミスト入浴は素晴らしい機能です。



イメージ 7




あっ、糟谷さんごめんなさい。

ちゃんとイメージ写真リクシルさんのHPにありました。

ミストの噴き出し方も完璧に表現されている写真見つけました。


建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事