全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

マイホームを建てるという事は、家族全員の「人生における最大のイベント♪」です。
嬉しくて、楽しくて・・・・そして 完成がとても待ち遠しくウキウキ♪テンションも上がってしまいますよねー
 
だけど、やらなければならない事 ・ 決めておく事 ・ 必要な手続き ・ 税金面などたくさんありますから
冷静に! できれば1冊のノートにメモしながら きっちりとクリアしていくことも大切です。
後から「あ〜〜 気がつかなかった(><) 失敗した(><) 予算オーバーだぁ。。。」なんて事の無い様
一緒に計画を立てながら、心配な事はドシドシ質問しながら進めていきましょう。
 
 
A、建替え工事中の仮住まい、引っ越しについて
 
今住んでいる家を取り壊して、そこへ建て替る場合には結構やる事が多いです。
箇条書きにしておきますから、工事が決まったらプリントアウトしてチェックして下さい ^^/

1、仮住まい探し。多少古くても、短期ですから近くて1階部分が理想ですよ
  敷金2  礼金1  仲介手数料 1ヶ月前家賃など資金がすぐ必要になります。

2、引越し業者手配。皆さん2〜3社から見積りをとって 
  安くて良心的な業者さんをお探しになっています。
  ※大安、友引にこだわらなければ、値引してもらえるかもしれません♪
  ※エアコンの移設がある場合も含めて相談
  ※身内に若い人が3〜4人居て、トラックも手配できれば費用が浮きますね♪

3、荷物の整理と・・・不用品の処分! 
   タンスなどの木製品は残しても解体と一緒に処分しますが
   家電やプラスチック、本、調理器具は早めに大型ゴミ収集日に出して下さい。

4、御近所へのあいさつ廻り(建築システムと解体業者も同行)
   解体工事、新築工事の最中は大型車両が通る事や
   音、振動、ホコリなどで御迷惑をお掛けする事を承諾していただきましょう。

5、電力会社に連絡して電気メーターを外してもらう。 富士川以西は「中電」 以東は「東電」 
   ※解体する事をしっかり言わないと、止めるだけでメーター器を外してくれない場合があるので注意。

6、ガス会社に連絡してメーターを撤去してもらう。
    都市ガス会社 または プロパン会社 (やはり解体する事を報告!)

7、電話の移転  NTTは116番 
  もし移転先が遠くて、電話番号が変わってしまう地域になってしまう場合は
  「移転先番号ガイダンス」を利用して下さい。
  宅急便業者さんや町内会など連絡が取れる様に!

8、インターネットのプロバイダへ連絡

9、ケーブルテレビやCS放送、スカパー連絡(契約視聴している場合のみ)

10、新聞店、牛乳等 配達先変更

11、郵便局へ郵便物の転送以来(支局へ行って用紙記入)
   ※住民票の移動はしないで下さい! 銀行の借り入れ書類などに支障をきたしますから
   ※免許証、通帳などの登録住所移動もしないで下さい。
   ※別に暮らしている息子さん家族などが完成時から同居する場合は入居の時に移します。

12、大切な庭木の移設は植木屋さん、あとスチール倉庫や庭石の移設手配も早めに!

※水道局への連絡は当社で行います! 
  工事中の仮設水道へ切り替えの申請があるのでこちらで連絡いたします。

12項目も!! ありました。 抜けているモノがあったら追加して書いていきますね〜

 
B、新生活のシュミレーション(見落としが無いかチェック!)
 
部屋の広さ、窓の位置など、設計図を見れば分かりますが・・・・
実際の家具や家電の配置、サイズなども図面に書き込み、TV線やパソコンのLANなど
使い易いところに配線しておく為の準備をしましょう。
 
キッチン→ 冷蔵庫  食器棚  電子レンジ台 炊飯器 ダイニングテーブルなど 配置や大きさ
リビング→ ソファーまたはカーペット? テレビ 電話 パソコン インターホンの受答え  
各部屋→ ベット 机 タンス パソコン TV ピアノ 御仏壇 神棚
納戸や倉庫に入れる タンス 衣装ケースの配置 お客様用布団
掃除機の収納場所なども出し入れしやすいところに!
クローゼットや納戸の中の 棚の作り方
 
エアコンの必要な部屋&室外機の位置 将来取り付ける場合でも電源だけは先に!
パソコンも子供さんが将来使う事も想定したLANの配線。 最近はテレビにネットを繋げる事も増えています。
夜のうちに生ゴミなどをまとめて勝手口から外へ出して置く習慣がありますか?
玄関や廊下など通る時だけ 人感センサーで点き消えする照明は?
窓にシャッターや 防犯格子を取り付けますか?
コンセントの位置(固定家電以外にも・・・掃除機や熱帯魚 扇風機 携帯の充電) 
テレビアンテナは? BS、CS放送は? ケーブルならば不要 今まで電波障害はないですか?
電話機本体お置き場。 子機は何台? どこへ?
 
 
 
C,駐車場、花壇、外構のイメージ
 
駐車場にカーポートは? 自転車、バイクの濡れない場所はあるか?
外で靴や雑巾を洗う場合の研ぎ出し流しは? 
洗濯物干し竿用金具の設置場所
境界線のブロックや目隠しフェンスの設置は必要だろうか?
外の水道の位置(洗車や花壇水やり)  2階バルコニーで花に水をやる水道は必要?
将来電気自動車の時代になって、外で充電(200V)が必要になるだろうか?
1階の掃き出し窓から 同じ高さで出られるウッドデッキは?
表札、ポスト、インターホン選び。 インターホンは上の階でも応答しますか?
花壇は? 玄関アプローチのタイル
エコキュートの設置場所、その他スチール倉庫
車イス対応のスロープの施工
犬小屋
 
D、各部屋の窓の大きさ 開け方 ガラスは透明?くもり?
 
一般的には左右2枚の引き違い窓が一般的ですが
デザインや防犯 風の採り込み方など 用途に応じて打ち合わせして決めていきます。
 
イメージ 1  イメージ 2  イメージ 3  イメージ 4  イメージ 5
横滑り出し       縦滑り出し   上げ下げ   ルーバー   全開放
 
その他 出窓やFIX(嵌めころし) 内倒し スリット型などもあります。
暗くなりがちな奥の部屋には屋根に取り付けるトップライト(天窓)などが有効です。
ガラスは標準ペアガラスを透明か くもり(型ガラス)か?を決めるだけでなく
用途に応じて 熱線反射(Low-e)や 断熱 防音 防犯合わせガラスなど性能の違うものがあります。
 
 
 
作成中
 
 
 
作成中
 
 
作成中
 
 
H、住宅ローンと建築計画は平行して進める
 
以前豆知識で、住宅の契約書と銀行の住宅ローンの関係って とってもナーバスな関係です。
と、書きました。 そこのところの対処方法を記載します。
 
イメージ 6  イメージ 7  イメージ 8


銀行さんは建築する土地の査定や建物の設計図、工事費などの資料が全部揃わないと「融資確定!」の返答ができない。
    ↓
住宅ローンの借り入れが出来るか? 出来ないのか? 幾らまでなら貸してくれるのか? 分からないままで 
建築主は 住宅会社と建物の契約を結んだり 建築許可を取ったり、既存建物の解体、引っ越しなどの準備はできない。
    ↓
これだと卵(銀行)が先か? ニワトリ(建築計画)が先か? どっち付かずで計画が前に進まなくなってしまう・・・(><)


その場合は銀行さんにお願いして「仮審査」をしてもらいます。※銀行さんによっては「事前審査」と呼ぶ場合有り。
準備する物、作成する書類等は
1、だいたいこんな感じの家を建てます! というおおよその間取り図と面積表
2、建築予定地の登記簿謄本と公図(土地の評価額、担保能力の査定)
 
3、建築費の概算価格
  (建物の金額だけでなく、エアコンやカーテン、外構、引っ越しや仮住まいなどの諸経費の予算取りも明記)
4、収入の分かるもの(源泉徴収票  自営業者の場合は確定申告書)
 
5、免許証や保険証など身元を明らかにするものと、勤務先や勤続、家族構成など記入する。
6、自己資金として使う現金の証明(銀行口座とか財形貯蓄明細などで確認してもらう)
 
7、団体信用生命保険の加入ができるか? 健康状態を明記する告知書の作成(書類は銀行さんにあります)
8、信用情報機関の審査(現在のローンを調べたり 滞納などのトラブルが無かったか?調査を受けます)
 
9、保証協会さんが引き受けてくれるか?こちらの審査も重要です。
  ※保証協会というのは、もしローンの返済が滞って建築主さんから回収が出来ない場合は
   銀行は ローン残金を保証会社さんに保証してもらうシステムです。銀行は痛手を負わないのです。
   決められた保証料金で保証協会がOKを出すか? 断るか?審査を受けます。
   主に日本信販、オリエント、ジャックスなどのファイナンス会社が引き受けています。
   昔は親戚、兄弟に保証人となってもらってましたが、最近は銀行さんが保証協会を使います。
   借主は返済しなくて良い訳ではありません。保証会社は銀行に対して弁済をしたのですから、
   債権が銀行から保証会社に移っただけ。つまり今度は保証会社が債権者となって回収するのです。

上記9項目の「仮審査」をクリアすると「御希望の金額なら仮審査はOKになりました♪」と返事が来ます。

肝心なのは・・・その後です。 あくまでも「仮」ですから
実際建てる時になったら、当初よりも大幅に設計が変わったり 規模が大きくなったとか〜、
建築費が仮審査の時より上がって 借入額を増やしたい! なんて事になったら白紙に戻ります。
返済比率の計算から、保証協会の審査など1からやり直しです。
お勤め先を急にやめてしまったり、入院するような大きな病気にかかった場合なども仕切り直しになっちゃうので
慎重に! 尚且つ健康にも気をつかいながら計画を進めなければなりませんね ^o^/
  
どちらにしても、マイホーム新築する時は「銀行融資」と「建築計画(プランと金額)」は
平行して進めていくことが一番の近道になりますね!
 
 
 I、お金の管理、税金、名義について
 
今までの項目をチェックしていくと・・・・
あ〜〜 それいいね♪ それもやろう これも付けよう!となりすぎて
当初の建築費予算と、外構工事、銀行借り入れ諸費用、エアコンやカーテン、仮住い引っ越し代以外の
追加が増えすぎて 家具や電化製品 税金面まで予算が回らなくなってしまいますから
最低限必要なモノから優先順位をつけて予算合わせしてください。
 
不動産取得税(土地を購入した場合)→ http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_1/20809626.html
 
不動産取得税(住宅を建てた時)→ http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_1/20809684.html
 
 
 
住宅ローンを組むと減税が受けられます→ http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_1/12194838.html
 
贈与税がかかるケース→ http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_1/20696260.html
 
相続税はいくらかかる?→ http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_1/30409112.html
 
「暦年課税」か?「相続時精算課税」か?→ http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_1/32441197.html
 

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

.

.

この記事に

開く コメント(0)

.

.

この記事に

開く コメント(0)

.

.

この記事に

開く コメント(0)

.

.

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事