(株)建築システムの業務日記

家づくり、計画段階から現場管理、完成、アフターメンテまでの全記録

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

工事現場の中の様子です!


「NOVOPAN STP供淵離椒僖鵝法廚辰董ΑΑΑ
なんともカワイイ名前の材料ですけれど、これは「耐力壁」と呼ばれる
建物の壁の中でも耐震、耐久性能に一番大切な壁に使う構造用面材です。


写真2に、「枠組壁工法3倍または4.7倍」と書いてありますが
これは 通常の壁面強度の3倍(または4.7倍)の耐震強度である事を
国土交通省大臣から認定されているという事です。


3倍か?それとも4.7倍にするか?は構造計算によって決めて施工いたしますが
外周の釘の間隔を10センチにするか?5センチにするか?と
中通し釘の間隔(正確にはピッチと言ってますが)20センチか? 10センチか?だけの違いです。


今回は4.7倍です♪(2×4枠組壁工法基準)


※在来の木造軸組み工法の場合は大壁2.9倍、真壁2.6倍と定められております。
   ↓
http://www.novopan.co.jp/product/novopan_stp2.html



写真3の黒い部材ですが、防震吊木(ぼうしんつりぎ)というモノです。
天井裏の根太にセットして これに天井の野縁受けを取り付けますと
上の階の振動を下に伝えない効果が表れます。


2階の子供部屋などで大騒ぎされると「ドッスンドッスン!」下に響きますよね?
これをゴムのリングで吸収させて下の階への振動を最小限に抑えます。


アジャスター付きですから施工中の天井レベルの調整も簡単ですから優れものなんですよ!
   ↓

http://www.joto.com/bouon/bouon.php?50


09/08/07 makita http://k-sys.co.jp/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事