(株)建築システムの業務日記

家づくり、計画段階から現場管理、完成、アフターメンテまでの全記録

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1681ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

基礎の設計図と照らし合わせて鉄筋の太さや長さ間隔を自主検査。
コンクリートを流し込む前に、寸法が分かる写真を撮っておきます。

イメージ 1

この部分は深くまで地中梁を作って頑丈に! 今回ビルトインガレージ住宅なので
骨太の耐震門型フレームを使います。負荷が集中して掛かる部分は基礎も深く厚くなります。

イメージ 2

一番下の耐圧盤は格子状に組みます。寸法は20cm間隔。

イメージ 3

この基礎の形状は鉄骨住宅と同じくらいの基礎に相当。

イメージ 4

↓門型フレームの支柱が建つ所。「鉄筋でガチンガチンで強く!」が一目瞭然@o@;/  蒔田

イメージ 5

※限られた敷地を徹底攻略する、狭小住宅専門(株)建築システムのおすすめ情報

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

開く コメント(0)

明日から地盤改良工事が始まります。 改良はセメントの固化材に水を混ぜてミルク状にしてから注入するので
今日中に水を引かないとなりません!

イメージ 1

水道本管から、敷地内に引き込む工事。
道路の下、約1.2〜1.3mの深さの本管から水を供給します。

イメージ 2

本管の太さは直径50㎜。そこから20㎜の管を接続して敷地内に延ばす作業。

イメージ 3

U字の側溝の下を通していますから、工事は慎重に行わないと水路を傷めてしまいます。

イメージ 4

この引き込み管の先に工事用仮設水道の蛇口を設置。 蒔田

※限られた敷地を徹底攻略する、狭小住宅専門(株)建築システムのおすすめ情報

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

開く コメント(0)

メジャーリーグで活躍している日本人選手の試合応援しています?
私は、ほぼ全試合(放送してるのは)全力応援しています。

イメージ 1

ホントですってばっ! 大谷・田中・前健・ダルビッシュ系・・・(系って、先発投手の試合の事)
早送りしながら投球シーンの部分だけをLIVE感覚で観ると1試合30分くらいで完結します♪
ほら、少年野球の父母さんで 自分の子供が出る試合だけ応援に来て 出ないと分かるとすぐ帰る・・・ あの感覚(笑)
チームは負けちゃってても、自分の息子がヒットやホームランの活躍があれば 親だけテンション高っ! って あの自己中心的な感覚。
それと同じ応援の仕方になっているんです(笑)

イメージ 2

昨日の試合↑
大谷投手は6回まで無失点で勝ち投手の権利持って次の投手にバトン渡しましたが・・・同点にされて勝ち星は消えた(><;)
結果サヨナラでエンジェルスが勝利・・・でも私は不満((( ̄へ ̄井)
同じパターン ↓アストロズ戦でもあったばっか!((( ̄へ ̄井)

イメージ 3

その後もつれながらも8−7で勝ってるのですが・・・納得いかない((( ̄へ ̄井)

イメージ 4

マー君(田中投手)も 3−0で勝ったところで交代して、その後すぐ4点取られた@o@;/
最終的にチームは再逆転で勝ったけども・・・不満((( ̄へ ̄井)

イメージ 5

前健も4−3で権利持ってて 次の投手に託して逆転されて・・・((( ̄へ ̄井)

イメージ 6

ピッチャーの評価って、そのシーズンの勝ち星の数がとても大事でしょ?
住宅の営業マンだって、その年の契約した棟数で会社からの評価決まる!
例えば営業担当の竹口がお客様と間取りの打ち合わせや見積も提出して頑張ってて
ほぼほぼ契約になる所まで来て、代表の私が契約前の御挨拶として途中参加したら。。。
「あれが社長なん? 感じ悪いからキャンセルさせてもらう!」って言われた場合の竹口の気持ちと同じパターン(笑)
まだ、私のせいでダメになった記憶はないけれど、継投で投げる場合は人に迷惑を掛けない様に全力投球しよう♪  蒔田

※限られた敷地を徹底攻略する、狭小住宅専門(株)建築システムのおすすめ情報

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

開く コメント(0)

耐圧ベースの鉄筋に取り掛かります。

イメージ 1

基礎構造の図面と照らし合わせて施工していきますが、一番下がフラットではなく段差がある。
この部分は台形に折り曲げ加工した部材を合わせて組んでいきます。

イメージ 2

鉄筋の継ぎ目は針金で結束。
コンクリートを流し込む圧力で鉄筋がバラバラ暴れないように慎重に!

イメージ 3

作業の様子、動画撮って来ました♪




そこんところは特に興味は無い? 見ない? そんな事言わないで たった13秒の動画だから^o^/

イメージ 4

鉄筋は地面に着いていません。必ずスペーサーを噛ませて浮かせます!
鉄筋が強度を発揮するのは、しっかりとコンクリートに包れた芯として施工した時。
もし鉄筋が下に着いていたらコンクリで包めないと剥き出しになってしまうので6〜7cm程浮かせる小技が光っています♪

イメージ 5

鉄筋組み完了! 今からJIO(日本住宅保証検査機構)さんの検査を受けます。
そろそろ到着すると思います。 向こうに見えるのは近所のおばちゃん・・・ではありません。
設計担当の松澤も監督と同行してますから一緒に立ち会う予定です。 蒔田

イメージ 6

※限られた敷地を徹底攻略する、狭小住宅専門(株)建築システムのおすすめ情報

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

開く コメント(0)

3階建て、二世帯住宅の新築がスタートします。

イメージ 1

敷地に対して南東側に建物、空いた西側を駐車スペースにします。
そうする事によって南側の建物を避けて陽を採り入れる事が可能になるのです♪

イメージ 2

今日は水まわり設備決めでTOTOさんのショールームに来ています。
まずはキッチン。「換気扇のお手入れがこんなに簡単♪」という御説明をさせて頂いてます。

イメージ 3

面倒なネジやドライバー要らずで4つの部品がワンタッチで外せます。
『ワンタッチ!』は慣れが必要です。初心者だと・・・ ちょっと手間取るかも。。。(笑)
次にユニットバスは実際に浸かって広さを確認して頂けます。
浸かると言ってもお湯は入っていません。中の深さや足を伸ばした感じが分かる程度。

イメージ 4

最近のお風呂の床はタイルではなく、樹脂ですが柔らかいです。 ヒザを着いても痛くないクッション。
水切れも早く、汚れも付着しにくくてお手入れ簡単。

イメージ 5

浴室内の浴槽や床、壁は基本ホワイトでまとめて 1面だけダーク色のアクセントパネルを採用。
20年前の家造りでは『お風呂場はピンクやグリーンで可愛く』をモットーとしてましたが
今ではスタイリッシュモダンのシンプルデザインが多いです。大人のモノトーンスタイルが流行ってきました。

イメージ 6

最後に洗面台やトイレも実物を確認していただいてます。トイレはタンクレスが人気です。  蒔田

イメージ 7


※限られた敷地を徹底攻略する、狭小住宅専門(株)建築システムのおすすめ情報

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

開く コメント(0)

全1681ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事