全体表示

[ リスト ]

昨日の名古屋
  ↓
中小企業の住宅会社さんの集まりで「これからの住宅会社の進むべき道!」
みたいな・・・営業方針や経営理念の意見交換会する勉強会です。

住宅産業も、車や家電製品と同じように流行りの「キーワード」があって、
毎年コロコロ変わりますが・・・例えば
「自然素材住宅」→「高気密高断熱住宅」→「デザイン住宅」→「長期優良住宅」→「ソーラー発電住宅」

構造に関しても「高耐久住宅」→「耐震工法」→「免震工法」→「制震工法」→「減震工法」などなど
        常に新しい「ワード」を発信して・・・購入意欲を掻き立てる手法 @o@;/

そんな流行り言葉でお祭り騒ぎした売り方で本当に良いのか?
       ・・・・・・・そうじゃないと今の時代置いていかれちゃうんですって(><)

「誠意、信頼、真心」・・・「職人の技」が本来の家づくりではないのか?
       ・・・・・・そんな古い事言っていたら、食べていけないんですって(><)

勉強になったというか〜 ちょっと違うような〜 でも仕方ないのか?、複雑な気持ち。。。

イメージ 1

「写真1」免震装置 地震の揺れをベアリング(鉄球)が転がって吸収
 
イメージ 2

「写真2」制震装置 地震の揺れをダンパーが吸収して熱エネルギーに変換。

今、一番の流行りは宙に浮く家!「エアー断震」
   車のエアーバックの原理で 地震の揺れを感知したら風船が膨らんで家を浮かせて
   基礎から切り離す(基礎は揺れても建物は浮いているので揺れない)断震という訳です。「写真3」

イメージ 3

10/08/28 makita  建築システム 狭小住宅 http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_1/MYBLOG/yblog.html
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事