全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
イメージ 2
 
過去700年間の東海地震年表
元弘地震(1331年12/15) M7.0伊の国、千里浜が隆起して陸地となったとされている。
明応地震(1498年9/20) M8.2津波が紀伊、駿河湾を襲う死者3〜4万人。浜名湖が海とつながる。
慶長地震(1605年2/3) M7.9津波が太平洋岸を襲い紀伊西岸で死者1万〜2万人。被害のほとんどは津波による。
宝永地震(1707年10/28) M8.7被害は東海道,伊勢湾,紀伊半島で最もひどく、津波も発生 死者2万人、
              潰家6万、流失家2万。この49日後に富士山の宝永大噴火が起こった。
安政地震(1854年12/23) M8.4被害は関東から近畿に及ぶ、津波が房総から土佐までの沿岸を襲う、
               死者3千人。特に伊豆の被害が大。
東海地震の周期は1331年以降、『167年後→107年後→102年後→147年後』
この年表だと「100年〜150年に一度の周期で東海大地震が起きている」とされています。
前回の1854年安政地震から今日まで158年も経過している。

この時は津波が襲来したの? どのくらいの高さ? どの地域まで飲み込まれた?
明確な言伝えも、資料も 調査結果も無いまま暮らしてますが、
先日の新聞で、静岡県独自で調査を行うと書いてありました。

県内で初の試み? こんなに東海地震が騒がれていたのに? 今までやってないの?
って・・・言いたくもなるけど〜 これからは急ピッチで調査して欲しです。

調査ポイント・・・
なんとなくですが、大きな問題・波乱も巻き起こりそう(><)
調査結果によって土地の価格が大幅に下落したり、地主さんからみたら困る場合
もありますからね。でも生命に関わる事、避難意識に直結するので
正確な情報を公開して欲しいです。

イメージ 3
 
「写真3」安政大地震の津波の絵→ http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_1/35198413.html

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/
静岡市 駿河区 葵区 清水区 狭小 3階 二世帯 鉄骨 木造 ローコスト 二世帯 耐震 免震 高耐久 高気密
高断熱  制震 デザイナーズ 焼津 藤枝 静岡県 マイホーム 住宅 会社 評判 丁寧 間取り 建築日記
2012/10/08 makita

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事