全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

おめでとうございます。 2018年のスタートです。

本年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _;)m

 
今年最初の写真は初日の出。 用宗海岸より♪ LINEで送ってもらった画像を拝むという

とっても図々しく罰当たりな? でも寒くない合理的な方法です(笑)



イメージ 1




初詣は3日にしました。浅間神社。 混まない時間帯の午後3時に御参り。



イメージ 2




去年元旦は名前入れてもらうのに90分待ちでしたが、今日はその場で書いて頂けました。

格言! 達磨買うなら3日の午後3時♪



イメージ 3




達磨って大きさもいろいろですが、眉毛や髭のカタチちも違うんですね〜


イメージ 4




会社の神棚。

2014年7月に、今の事務所に移転し 神棚も新しくなりましたから

翌2015年から毎年1個ずつ買い足しています。

大きくなると右肩上がりで嬉しいですけど だんだんオッサンっぽい顔になるんですよねー



イメージ 5




2018年、建築システムが大繁盛する事を祈って♪


イメージ 6




調子に乗って、おみくじ引いたら・・・ 自爆  @o@;/


イメージ 7



小吉とは・・・ビミョ〜 儲からない事は確定しました@o@;/

順番からすると 大吉→吉→中吉→小吉→末吉→凶→大凶

7つうちの真ん中で、大きな損がなければ良しとするべぇ〜♪

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

先週新聞の見出しでも大きく出てましたが、

地震調査委員会は北海道東部沖の千島海溝沿いで、

東日本大震災のようなマグニチュード9級の超巨大地震が、

いつ起きても不思議はない!との報道@o@;/



イメージ 1




地層を調べると6300年さかのぼって地殻変動や津波の形跡が分かったそうです。

6300年間に17回って事は、平均すると370年に1回。



イメージ 3





イメージ 2




370年に1回の割合とか30年以内の発生確率は7〜40%って・・・

数字に換算するとピンと来ないというか、切迫感が伝わってこない。



イメージ 4




過去のデーターでは十勝で高さ20mの津波が襲ってきているらしくて 

海岸から4kmまで海の砂が堆積。



イメージ 5



私が住んでいる静岡県は東海地震が今日きてもおかしくない!と言われてて

海岸沿いには津波避難タワーがたくさん建てられました→ タワーは11カ所


 
タワーの高さは7mとか10mなんですけど それで大丈夫なのかちょっと心配になってきました。

もし海抜10mの所に7mの避難所があってたどり着いたのに、20mの津波が来たらOUTです(><;)

5階建てとかのマンションの屋上が17mですから・・・6階建てに逃げないと助からないかも!


建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

土地&家を購入すると固定資産税・都市計画税の納税通知書が届き

翌年から納付することになります。

納税額を決める為に市役所の方が『家屋調査』に来て建物を評価することで金額が決まります。

ですから、賃貸に暮らしている時の家賃が7万円だったとして

住宅ローンの月々の返済が同じ7万円であっても 固定資産税、都市計画税は別に毎年掛かりますので

それも計算しながらローンを組んで下さい。




イメージ 1






東新田の3階建て住宅。今年の5月に完成したので、来年から固定資産税が掛かります。

今日は『家屋調査』を行っています。




イメージ 2





市役所の担当の方が確認申請書の設計図と照らし合わせながら建物をチェック。

窓の大きさや、天井の高さ、使っている床や壁の材料などを細かく確認。

ソーラーパネルや後付けのアルミベランダは建物の評価には算入されないそうです。

※同じソーラーでも屋根材と一体型で埋め込まれている製品の場合は建物として見られます。

屋根裏の収納庫は高さ1.4m以下で登記簿謄本上でも床面積に入っていないものは算入されないそうです。




イメージ 3





税額は固定資産税は1.4%  都市計画税は0.3%

実際の購入額ではなく、あくまでも総務省で定められている基準で

評価額を算定するので おおよそ60%前後が目安になるそうです。


例えば

土地30坪、1,500万円で購入、評価額は900万円として

建物32坪、1,600万円で購入、評価額は960万円の場合で

土地900万円÷6(1/6に軽減措置)×1.4%=21,000円

 建物960万円×0.014(税率1.4%)=134,400円

 年間合計155,400円の固定資産税となる計算です。


ただ!!建物の軽減措置がありまして

新築建物は床面積120㎡までの部分に対して3年間は半分にしてもらえます。

 3階建てで構造が準耐火のものは5年間、半分になります。

32坪(105㎡)なら67,200円の軽減が受けられますから

当初3年間は(土地、建物で)88,200円ですね。


もし40坪(132㎡)の大きさの建物は120㎡を超えた12㎡分の軽減がないので・・・・・

 え? シュミレーションしてみますか?


 建物評価額(同じ比率だと)1200万×0.014(税率1.4%)=168,000円

120㎡分までの軽減の計算は

評価額1,200万円÷床面積132㎡=1㎡辺り91,000円。

 91,000円×120㎡×軽減分0.007(1.4%の半分の0.7%)=76,440円の軽減を受けられますから

建物は91,560円

 土地は先程と同じなら21,000円。合計すると112,560円ですねー

どうでしょう。参考になりましたか?あくまでも目安ですよ^0^/


※実際は建物の大きさや仕様設備によって、資産税課評価額が違ってきます。

※住宅の軽減措置は、床面積50㎡以上(一戸建以外の貸家住宅にあっては40㎡)〜〜280㎡以下が該当しま

す。

※店舗、事務所併用の場合は税率や軽減措置は異なります。

※土地は各市町村の路線価格に基づいて算定しております。

 詳しくは各市町村役場の税務課へご相談してみて下さい。



それとは別に 都市計画税。

土地30坪、1,500万円で購入、評価額は900万円だったとします。

 建物32坪、1,600万円で購入、評価額は960万円の仮定として・・・

土地900万円÷3(軽減措置により1/3)=300万

 300万円の0.3%=9,000円

建物960万円の0.3%=28,800円

合計37,800円!!  こんな感じの算定になっています。


そうすると毎月のローン返済とは別に

毎年の固定資産税もちゃんと頭に入れて、計画する事が大事です。

 豆知識37での固定資産税例が11万、今の都市計画税が約4万(一般的規模の例)として

年間15万。月にしたら12,500円。

しかも

4年目からは(3階建ては6年目)120㎡分の1/2軽減措置がなくなりますから

年間21万円、月平均17,500円になります。


※都市計画税は市街地開発事業に要する費用の充てるため 課税地域は用途地域によって異なります。




イメージ 4



イメージ 5





固定資産税とは別に、不動産取得税というものが1度だけ掛かります。県税です。

 
おおよそですが例えば

1階、2階共16坪の総2階建て住宅として「述べ床面積は32坪(105㎡)」

坪単価50万円で建てた場合1,600万円の建築費となりますが

土地と同じように資産税課の弾き出した「評価額」からの計算になりますので

仮に0・6掛けで評価された場合は960万円として計算してみましょう。

 960万円×0.03(税率3%)=288,000円なのですが・・・

特例適用(床面積50㎡以上240㎡以下)ならば軽減措置(建物評価額から1,200万円をマイナス)

を受けられますので

960万円の評価額の場合は1,200万円以下なので納めなくて済みますね♪

グレードを良くして坪単価80万×32坪の建物を建てて、0・6を掛け

評価額1,540万円と計算された場合には、1,200万円の控除を受けても

340万円残りますから 税率3%=102,000円が住宅の取得税を納める事になる という事です。


※詳しくはお近くの財務事務所にお問い合わせ下さい。

※税率や特例枠の改正も考えられますので、あくまでも参考程度として下さいね!!




イメージ 6




イメージ 7

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

昨日の日曜 夜会社で一人、見積もり作成していたら

設計、工事部の方の机がバサバサ===! っと大きな音。

ネコでも暴れてる? のかと心配になって現場調査。


 
こちら崩落現場からのリポートです。

只今の凄まじい崩落の原因はPC左に立て掛けてあったファイル類がズレて

ドミノ式に大量の資料が総崩れしたのではないか? と推測しております。

この山の持ち主は 本人の名誉の為に報道協定を結んでおりまして明らかにできませんっ




イメージ 1





大量の図面が約70センチ程、崖下にガサッ!!  っといっちゃてます。

私は救助しようかとも思いましたが、書類の順番がズレて取り返しが付かなくなるのを恐れて

放置せざるを得ません(><;)



イメージ 2




あっ! PC左。 電話にもたれかかるダルマさん発見。



イメージ 3





このダルマさんのトイレットペーパーは私も記憶しております。

今年2017年4月13日の記事


TOTOさん主催のトイレ川柳♪

応募総数32,734句の中から

今年も、トイレならではの名作・傑作が集まり 大賞や部門賞が決定!

先日松澤がショールームで「読みたーい、欲しーい」とお願いしましたが・・・

川柳を応募しないと貰えないとの事で落ち込んでました。

そしたら、駄々をこねていたからなのか? 東京本社から2個松澤宛に届いたのです♪♪



イメージ 4




ペーパーに印刷されている →  受賞作品


イメージ 5




8か月経った今もそのまま机に!?

読んでもないし、お尻拭くでもない・・・  ずーっと電話にもたれ掛っているだけ@o@;/

この年末は机の上、きちんと片付けると思います。 そしたら写真公開します。

ただ、誰の机のなのかは書きませんのであしからずm(_ _;)m


 
私も人の事言えない山積み派なのですが・・・直す方法誰か知りませんかね?

【机の上整理整頓できる=仕事出来る】【机の上乱雑=仕事出来ない人】って

よく言われるんで、何とか克服したいです!!


建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

ウェブ研修、先週金曜日に引き続き2回目の講習を受けています。

今日で予定のカリキュラム終了です♪
ホームページのライティングの勉強、 荒木先生に建物のご紹介や 現場日記ブログの書き方を教わっています。




イメージ 1




あまり長すぎて漢字が連なる文字ばかりだと、重たい読みにくいのでNGだそうです。

カタカナで【デザイン】 ローマ字で【OPENキッチン】など変化を付ける方が
見る方に浸透しやすい。

皆さんネットでは手軽に有益な情報や知識を得るために 斜め読みや飛ばし読みする方も多いので引き付ける文章の書き方が重要!



イメージ 2




今日最後の課題、建築システムのキャッチコピーを考えてみよう♪

全員3つずつ案を出して、無記名で良いものを投票することになりました。




イメージ 3




結果発表!
一番良いキャッチに2点、 次に良かったものに1点で加算。



イメージ 4



堂々の第一位は竹口が考えた【隙間に入り続けた30年】8点

2位は成本の【小さい土地に 大きな夢を】5点でした。

ちなみに私が書いた3つのうち…… 票が入ったの1個(><;)
【快適SUKIMS生活】 わずか1点。。。



とりあえずHPの何処かに竹口案の 【隙間に入り続けた30年】をアピールキャッチに掲載しようと思います。



イメージ 5

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事