全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1


この前、報道ステーションで 南海トラフ地震のシミュレーションやってました。
静岡県民が恐れている『東海地震』ですね!


イメージ 2


三連動といわれている『東海』『東南海』『南海』のそれぞれの海溝が
同時に崩れて大きく滑るシナリオの・・・ヤツ @o@;/


津波は最大で30m級も考えられると言ってました。。。
その被害から割り出すと 震災後に遠方に避難をせざるを得ない
世帯数も計算がでるんですね。それも東京大学の教授が試算。


イメージ 3


静岡県民の人口380万人で その40%が県外に脱出?@o@;/
152万人(約50万世帯)減る可能性もあるらしい。


不思議ですが伊豆半島の被害は少ない予想。
その代わり静岡から浜松が全滅という事は・・・・
もしかしたら浜岡原子力発電所がメルトダウンして爆発を予想しているって事?



過去700年程前からの東海地震年表を見てみましょうか?

東海地震の年表(Wikipedia地震年表より)
元弘地震(1331年12/15) M7.0伊の国、千里浜が隆起して陸地となったとされている。
明応地震(1498年9/20) M8.2津波が紀伊、駿河湾を襲う死者3〜4万人。浜名湖が海とつながる。
慶長地震(1605年2/3) M7.9津波が太平洋岸を襲い紀伊西岸で死者1万〜2万人。被害のほとんどは津波による。
宝永地震(1707年10/28) M8.7被害は東海道,伊勢湾,紀伊半島で最もひどく、津波も発生 死者2万人、潰家6万、流失家2万。この49日後に富士山の宝永大噴火が起こった。
安政地震(1854年12/23) M8.4被害は関東から近畿に及ぶ、津波が房総から土佐までの沿岸を襲う、死者3千人。特に伊豆の被害が大。


東海地震の周期は1331年以降、『167年後→107年後→102年後→147年後』
この年表だと「100年〜150年に一度の周期で東海大地震が起きている」とされています。
前回の1854年安政地震から今日まで154年も過ぎている事も一つの要因のようです。


地震調査委員会では「ここ30年以内に86.8%の確率で起こる!」こんな予測も発表されてます。


2017/03/17 makita

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


いちお〜 台本はあったんです。
私、一生懸命暗記しておいたんですよー
『吹抜けにして開放感を演出することで・・・・」とかね。


だけど重盛さん台本お構い無しで バンバン質問してくるんです。


イメージ 2


「社長、何坪でも建ててくれるんですか? 2坪の家でもイイですか〜?」とか
「5坪の家って 日本最小記録ですか? あっ世界最小とかですか?」 とかね(笑)


そんな・・・カメラの前で残酷な質問してくるなんて・・・タジタジでした(><;)


天然のおバカキャラで有名ですが 本当のところはしっかりしているのかな〜?って
観察も兼ねて共演していました。


イメージ 3


御施主様の戸棚開いて食パンを見つけたら「あっ!賞味期限明日で切れますよ」ってシーン、
これって、賞味期限を気にする繊細な観察力の持ち主なのか・・・
それとも許可無しで戸棚を開けてパンを取り出す 無神経な性格なのか・・・


どっちなんだか? まったく分からない(笑) でもめっちゃ可愛いかったよ♪♪

2017/03/06 makita 
建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

あさひTVさんが5坪の家、取材に来て下さいました。
それも有名な番組製作会社さんが わざわざ東京から! @o@;/
プレゼンターはめちゃイケのレギュラーの重盛さと美さん♪


イメージ 1


「写真1」撮影、総勢何人だと思います?
プロデューサーさん・ディレクターさん・広告代理店さん・あさひテレビ担当者・
アナウンサー佐野さん・カメラさん・照明さん・音声さん・重盛さと美さん・と、マネージャーさん。


ここまでで何人? ちょうど10名。
こちら側は私と・お施主様・設計担当松澤・BLOGカメラ担当に佐藤。


合計14名なわけで・・・  建物の中5坪=10帖。 凄い事になりました @o@;/


イメージ 2


「写真2」重盛さんがインターホンを鳴らすと同時に カメラに顔近付けたので→「写真3」


イメージ 3


めちゃめちゃカワイイ。 この画像SDカードに記録として残っているので
消えない様に永久保存版にします。 って私の家じゃなかった。 お施主様永久保存ですよね?

2017/03/06 makita

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

『8坪の土地を購入され、そこに建てて住みたい』
この御依頼があった時・・・


「それは無理でしょ〜〜!」なんて言えると思いますか?


【狭けりゃ狭いほど 腕が鳴る!】と言い続けている私、口が裂けてもいいませんから!@o@;/


イメージ 1


昨年末に完成しましたよ♪ 
自分達が建てておきながら この日は嬉しいだか切ないだか・・・複雑。
手から離れて お施主さまに引き渡す時ジ〜〜ンとなり感無量。


イメージ 2


8.2坪の土地ですが、建ぺい率60%という基準法があるので
8.2坪×0.6=建坪はわずか5坪の建物なのです。


イメージ 3


天井に吹抜け感を持たせ 開放感を演出したり
2階の上に5帖のロフトを製作して第二リビングを作ったりと
5坪にアイディアと工夫を練り込んだマイホームに仕上りました♪

2017/03/06 makita

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


NHKで新潟の糸魚川の大火災、特集してました。
「写真1」では
1954(昭和29)年 全焼 42棟
1932(昭和 7)年 全焼368棟
1928(昭和 3)年 全焼105棟
1911(明治44)年 全焼503棟
1908(明治41)年 全焼 42棟
1904(明治37)年 全焼459棟
1877(明治10)年 全焼458棟


実は明治以前にも6回の火災の資料が残っているそうです。
  ↓
1834(天保 5)年 全焼548棟
1826(文政 9)年 全焼600棟
1816(文化13)年 全焼744棟
1814(文化11)年 全焼508棟
1812(文化 9)年 全焼 27棟
1806(文化 3)年 全焼306棟


200年のうちに13回の大火に襲われ4710棟焼失。


イメージ 2


火事の時は火の粉が舞って 飛び火するので、燃えてるお宅の
消火の様子を見守りに出掛けるのではなく、
例え50m100m離れていても自分ん家を消火器を持って見回りしないと!
窓を全部締め、火の粉で燃え移らないか 町ぐるみで対応するのが大事だと痛感(><)

と言っている私が亥の一番に現場に駆けつけそうで怖っ@o@;/


イメージ 3


それにしても同じ町で13度も延焼の苦しみ味わっても
復興に向けての住宅は同じ密集地帯にぴったり建てて同じ過ちを繰り返す。
糸魚川の復興でも改善は困難なようです。


理由? 道路を広くすると市や県が発表しても
自分の土地を削られたら狭くて新築できないから 命懸けで反対するのだと思います。
代々御先祖様から受け継いで守って来た地所を道にされるのには抵抗あるんですね。


御近所との絆もあるから、自分だけ田舎に引っ越すのも寂しいでしょうし。


静岡県でも都市計画・区画整理事業が進められ 狭い道の左右のお宅をセットバックさせ
道路を拡張する指導をしていますが 正直10年、20年応じない方も多いですよ。
建て替えの補償金の額でも納得いかないなど 問題が山積み。


土地が道路に取られて狭くなったら・・・
狭小住宅専門の『建築システム』に相談するしかないですね〜
  ↑
どういう訳か宣伝にすり替わってる?@o@;/

2017/03/01 makita

建築システムHP → http://www.k-sys.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事