sogno vespa club

只今、ベスパでスクーターレース参戦中! http://www.vespa99.com

最近の出来事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ST200 またもやキャブ!

イメージ 1

5月・6月で多発している走行中エンジンストップ。
こちらもまたキャブレターつまりにて入庫されました。




イメージ 2
イメージ 3

キャブレターを外していきます。
そこでマニホールドの亀裂発見!
いままで1度も交換されていない様子です。




イメージ 4
イメージ 5

やはり粒状の黒い球っころが幾つか居ます。



イメージ 6

分解洗浄。しっかり洗っていきます。



イメージ 7

全体的な汚れはこんな感じ♪
まだ綺麗な方かもしれません。
その後、パーツクリーナで再度洗浄。
常温に戻して組み立て完成。



イメージ 8
イメージ 9

続いてガソリンホース全交換。
コレでしばらく安心ですね。
ご近所の方なのでこれからよろしくお願い致します。


ピアッジオ・ベスパ・ジレラの販売や修理・点検・メンテナンス・カスタム・チューニングはお任せください。
きっと楽しいSCOOTERライフをサポートいたします。


                                   (株)ベスパ ホームページ
                                      (1980年よりPIAGGIO社を中心に販売しています)
                                                                          http://www.vespa99.com/


                                    ピアッジオ・ベスパ コーナーショップ日本橋
                                      (正規ピアッジオ・ベスパのディーラーです)
                                      http://vespa99.com/corner/


                                                                       VESPA99.com ONLINE SHOP
                                                                             (㈱ベスパの通販サイト)
                                     http://shop.vespa99.com/


                                    MALOSSI-SALES-JAPAN ホームページ
                                      (国内唯一、MALOSSIパーツの正規発売元)
                                      http://www.malossisales.com

開く コメント(0)

イメージ 1

先日、エンジンが掛からなくなってしまったLX125ie。
お話を聞くと、フューエルポンプが回っていない(始動時の音がしない)との事。



イメージ 2
イメージ 3

診断機にて故障原因を探っていきます。
現在起こっているエラーが幾つかあります。
以前フューエルポンプのトラブルがあり疑うところでもあります。
まずは車体ハーネスで断線やショートが無いかテスターチェックをして行きます。



イメージ 4

フューエルタンクを下ろして配線図を見ながらテスターチェック。
どうも断線やショートはしていない模様。
ポンプのチェックは問題なく動く。



イメージ 5
イメージ 6

配線に問題ないということはポンプなどをコントロールする何かがおかしいと判断。
配線をさかのぼり、リレーに到達。
テスターにて測定。
作動させると電流が流るも正常値ではない。
リレーを新品に交換してエンジン始動。
正常にエンジンが掛かるようになりました。
今回はコレに到達するまで外装の分解の手間がだいぶ出てしまいました。
スクーターは色々な部品に到達するのが色々面倒が掛かりますが、だからこのデザインをベスパは
出せる気がします。(勝手に納得♪)

これからも楽しく乗ってあげてください!


ピアッジオ・ベスパ・ジレラの販売や修理・点検・メンテナンス・カスタム・チューニングはお任せください。
きっと楽しいSCOOTERライフをサポートいたします。


                                   (株)ベスパ ホームページ
                                      (1980年よりPIAGGIO社を中心に販売しています)
                                                                          http://www.vespa99.com/


                                    ピアッジオ・ベスパ コーナーショップ日本橋
                                      (正規ピアッジオ・ベスパのディーラーです)
                                      http://vespa99.com/corner/


                                                                       VESPA99.com ONLINE SHOP
                                                                             (㈱ベスパの通販サイト)
                                     http://shop.vespa99.com/


                                    MALOSSI-SALES-JAPAN ホームページ
                                      (国内唯一、MALOSSIパーツの正規発売元)
                                      http://www.malossisales.com

開く コメント(4)

イメージ 1

恒例のキャブレタートラブルで入庫されましたST200。
まずはキャブレターを外す作業をしたとき、ガソリンホースがポロッと折れてしまいました・・・。
もう、ガソリンホース関係が限界に来ている模様。
先にホース交換の作業へと移りました。



イメージ 2
イメージ 3

ガソリンホースはやはり電動ポンプに刺さっているあたりも劣化してました。
折り曲げた瞬間、パキッと折れちゃいました。
走行中でなくて良かったです。
ガソリンホースだけの交換ではなく、ガソリンタンクの下のフィルターがついているジョイントパイプや
途中に付いているガソリンフィルターも交換して行きます。
このガソリンホース&フィルター交換、キャブレターを詰まりにくくする効果が実はあります。




イメージ 4

キャブレターフロート室には黒い粒。
コレがジェットに詰まってエンジンが止まってしまいます。
このカスたちは、ガソリンホースの内面に出来たものが蓄積されて入ったと思われます。
大概、透明のガソリンホースが黒茶色になっている車両に多いです。
ちなみに、黒い粒は乾くと茶色いです。



イメージ 5

分解して綺麗に洗浄。
調子はGOODコンディションに戻りました。
しかし、排ガス臭い・・・。



イメージ 6

原因はコレ。
ブローバイパイプからの漏れ。
いたるところにクラックが入っちゃってました。
もう4万キロオーバー。
メンテナンスをすればまだまだ乗れるので大切に乗ってあげてくださいね♪



ピアッジオ・ベスパ・ジレラの販売や修理・点検・メンテナンス・カスタム・チューニングはお任せください。
きっと楽しいSCOOTERライフをサポートいたします。


                                   (株)ベスパ ホームページ
                                      (1980年よりPIAGGIO社を中心に販売しています)
                                                                          http://www.vespa99.com/


                                    ピアッジオ・ベスパ コーナーショップ日本橋
                                      (正規ピアッジオ・ベスパのディーラーです)
                                      http://vespa99.com/corner/


                                                                       VESPA99.com ONLINE SHOP
                                                                             (㈱ベスパの通販サイト)
                                     http://shop.vespa99.com/


                                    MALOSSI-SALES-JAPAN ホームページ
                                      (国内唯一、MALOSSIパーツの正規発売元)
                                      http://www.malossisales.com

開く コメント(2)

GTS250ie ベルト切れ!

イメージ 1

先日、エンジン掛かるが前に走らないトラブルで入庫しましたGTS250ie。
もう100%ベルト切れの雰囲気です。



イメージ 2

早速、駆動系内部をチェック。
やはりベルト切れです。



イメージ 3

もう、ゴムが完全に劣化していて粉々です・・・。



イメージ 4

ケブラー繊維が至る所に絡まってしまっているので分解して取り除く作業をします。
やっぱり、ノーマルで東京都内走行でベルトの使用期間2万キロオーバーは厳しいですね。



イメージ 5

歪みや消耗具合をチェックしながら洗浄作業。
この作業が駆動系整備で一番大変で大切。
次のベルトなどの寿命に影響してきます。



イメージ 6

ただ今の走行距離が5万キロを突破!
クラッチシューの支柱部分が斜め減り症状が限界値に達成してました。



イメージ 7

ここは思い切ってMALOSSIのデルタシステムを投入。
扱いやすく加速の伸びのトルク感もアップするのでオススメです。



イメージ 8
イメージ 9

それ以外の消耗品のパーツはすべて純正を使用しました。



イメージ 10

駆動カバーの裏側も綺麗の洗浄して駆動系内部はクリーンな状態に。
しばらく駆動系の整備は行わなくて済みそうです。
エンジンが元気な限り走り続けてあげてください!


ピアッジオ・ベスパ・ジレラの販売や修理・点検・メンテナンス・カスタム・チューニングはお任せください。
きっと楽しいSCOOTERライフをサポートいたします。


                                   (株)ベスパ ホームページ
                                      (1980年よりPIAGGIO社を中心に販売しています)
                                                                          http://www.vespa99.com/


                                    ピアッジオ・ベスパ コーナーショップ日本橋
                                      (正規ピアッジオ・ベスパのディーラーです)
                                      http://vespa99.com/corner/


                                                                       VESPA99.com ONLINE SHOP
                                                                             (㈱ベスパの通販サイト)
                                     http://shop.vespa99.com/


                                    MALOSSI-SALES-JAPAN ホームページ
                                      (国内唯一、MALOSSIパーツの正規発売元)
                                      http://www.malossisales.com

開く コメント(2)

イメージ 1

当時、YSP店で販売されていたVespa ET4-50。
販売されてもう15年は経ちますね。
だいぶ色々な所がお疲れです。



イメージ 2

タイヤは溝も少なく、年月もかなり経っているので前後交換です。




イメージ 3

ギヤーオイルは結構汚い。
タイヤ交換の際はついでに交換が望ましいですね。




イメージ 4

プラグ交換をしようと点検窓を開けると!
バルブカバーよりオイル漏れ発見。
たまたまパッキン持っていたので交換しました。




イメージ 5
イメージ 6

フロントブレーキパットも交換。
完全に使い切っています。
ローターはギリ使えそうなのでブレーキフルードとパットのみの交換です。



イメージ 7

そして駆動系整備。
なんだかオイルでしっとりと濡れています。



イメージ 8
イメージ 9

どうもオイル漏れしている箇所はタイミングチェーンカバー辺りから。
ここもOリングが劣化しての漏れでした。
エンジンケース内を洗浄してOリングを交換。
これでオイル漏れの症状を改善できました。




イメージ 10

ウェイトローラーやスライドピース、ドライブベルトを交換しました。
距離は14000kmをこえて初のベルト交換。
ドライブベルト幅が文字列1行分無い!!!
3mmちょっと減っちゃってました。



イメージ 11

プラグやエアーフィルターも交換してエンジンオイル交換。
エンジンの始動性も良くなりしばらく安心して乗れそうです。
もう次に買える50ccのスクーターがとっても少ない・・・・。
大切に乗ってあげてくださいね♪


ピアッジオ・ベスパ・ジレラの販売や修理・点検・メンテナンス・カスタム・チューニングはお任せください。
きっと楽しいSCOOTERライフをサポートいたします。


                                   (株)ベスパ ホームページ
                                      (1980年よりPIAGGIO社を中心に販売しています)
                                                                          http://www.vespa99.com/


                                    ピアッジオ・ベスパ コーナーショップ日本橋
                                      (正規ピアッジオ・ベスパのディーラーです)
                                      http://vespa99.com/corner/


                                                                       VESPA99.com ONLINE SHOP
                                                                             (㈱ベスパの通販サイト)
                                     http://shop.vespa99.com/


                                    MALOSSI-SALES-JAPAN ホームページ
                                      (国内唯一、MALOSSIパーツの正規発売元)
                                      http://www.malossisales.com

開く コメント(2)

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事