ここから本文です
KATEのバンコクガイド 管理人のブログ
個人旅行でタイ観光を2倍楽しむ為の情報を何度も訪タイしているバンコクガイド管理人がご紹介
プラユット首相は5月27日、バンコク都庁と警察当局に対し、
洪水と交通渋滞に速やかに対応するよう指示した。

また、ラチャダピセーク通、ラートプラオ通、パホンヨティン通の
低地で冠水が起きていることから、関係当局に迅速に排水するよう命じている。

首相によれば、深刻な洪水が発生したのは、
不適切に投棄されたゴミなどが排水の障害になっていることも一因という。
(バンコク週報 2017年5月29日)

イメージ 1

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので
旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。


「KATEのバンコクガイド」ではLINEスタンプを販売!
LINEスタンプ「タイに行こう」
LINEスタンプ「タイに行こう2」

ニコニコ動画にてタイ動画を公開中!
YouTubeにてタイ動画を公開中!

この記事に

開くトラックバック(0)

タイ警察は26日、バンコクのトンブリ区で、
バイクで暴走行為を行っていた若者21人を検挙した。
検挙者の20人が15〜18歳で、1人が21歳だった。

警察は同日、インターネットの交流サイトを通じて
公道レースへの参加を呼びかけた疑いで、
バンコク都内在住の兄弟(28、24)を逮捕した。
2人は容疑を認め、賞金目当てに公道レースを開催したなどと供述した。
(newsclip.be 2017年5月29日 12時34分)

イメージ 1

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので
旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

「KATEのバンコクガイド」ではLINEスタンプを販売!
LINEスタンプ「タイに行こう」
LINEスタンプ「タイに行こう2」


ニコニコ動画にてタイ動画を公開中!
YouTubeにてタイ動画を公開中!


この記事に

開くトラックバック(0)

タイ保健省によると、今年1月1日〜5月22日に
タイ国内で報告があった手足口病患者は1万8343人で、1人が死亡した。
77都県全てで発生し、患者の68%が3歳以下だった。

感染率が高い県は順に、
東部ジャンタブリ(人口10万人あたり89人)、
東部トラート(同83人)、南部スラタニ(同74人)、
東北部ルーイ(同68人)、北部メーホンソン(同53人)。

保健省は、雨期が本格化し感染しやすい状況になっているとして、
教育関係者、児童の保護者らに注意を呼びかけた。

日本の厚生労働省によると、手足口病はウイルスの感染によって起こる感染症で、
感染から3〜5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに水疱性発疹が出る。
発熱は約3分の1にみられるが、高熱が続くことは通常ない。
ほとんどの発病者は数日で回復するが、
まれに、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症、
心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがある。
感染経路は飛沫感染、接触感染など。
有効なワクチンや発病を予防する薬、特効薬はない。
(newsclip.be 2017年5月28日 16時46分)

※デング熱だけでなく、こちらも注意してください。

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので
旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

「KATEのバンコクガイド」ではLINEスタンプを販売!
LINEスタンプ「タイに行こう」
LINEスタンプ「タイに行こう2」

ニコニコ動画にてタイ動画を公開中!
YouTubeにてタイ動画を公開中!




この記事に

開くトラックバック(0)

エイチ・アイ・ エス(HIS)は26日、同社グループが約88%出資する
タイの航空子会社アジアアトランティックエアラインズが
第3者割当増資を実施すると発表した。
増資後、HISの出資比率は約28%に下がる。

アジアアトランティックエアラインズは2012年設立。
現在、バンコク―瀋陽間、プーケット―瀋陽間で定期便、
バンコク―千歳間で定期チャーター便を運航し、
繁忙期には短期のチャーター便を運航している。
赤字経営が続き、2016年7月期は
売上高10億2600万バーツ、当期純損失2億8100万バーツだった。

新たに香港で設立される企業と航空業務サービス
を手がけるタイ企業を引受先に第3者割当増資を実施し、
財務基盤の強化、中国を中心とするアジア圏への新規路線開設を図る。
(newsclip.be 2017年5月28日 16時46分)

※収益のメインとなる路線が必要でしょう。

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので
旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。


「KATEのバンコクガイド」ではLINEスタンプを販売!
LINEスタンプ「タイに行こう」
LINEスタンプ「タイに行こう2」

ニコニコ動画にてタイ動画を公開中!
YouTubeにてタイ動画を公開中!

この記事に

開くトラックバック(0)

タイ保健省によると、1月1日〜5月22日にタイ国内で報告があった
デング熱、重症型のデング出血熱と
デングショック症候群の患者数は計1万1062人、死者は19人だった。

人口10万人あたりの患者数が最も多かった県は
南部ソンクラーで148人、次いでパタルン120人、
パタニー98人、ナラティワート79人、ナコンシータマラート62人。

デング熱はデングウイルスを持つ蚊に刺されることで感染する。
一度かかると免疫ができるが、
異なる型のデングウイルスに感染した場合は再発症する。
デング熱を媒介する蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカなど)の活動時間は
夜明け少し前から日暮れまでの間、特に朝と夕方だが、
室内にいる蚊は夜間でも刺すことがある。
予防接種や予防薬はなく、蚊に刺されないことが唯一の予防方法。

感染してから発症するまでの期間(潜伏期間)は通常3日〜7日。
症状は急激な発熱(38〜40度)、頭痛、関節痛、筋肉痛など。
特効薬はなく、一般的に対症療法が行われる。
発熱は3日〜5日間継続し、解熱とともに
かゆみをともなった発疹が胸部や四肢に広がることがある。
食欲不振、全身倦怠感は1、2週間続く。
血小板が減少した例では、
鼻出血、歯肉からの出血、生理出血の過多が起きることがある。
通常、1、2週間で回復し、後遺症をともなうことはほとんどない。

特別な治療を行わなくても重症に至らない場合が多く、
死亡率は1%以下といわれる。
ただし、時折、デング出血熱という重とくな病気になることがある。
デング出血熱は口や鼻などの粘膜からの出血をともない、
死亡率の低いデング熱と異なり、通常でも10%前後、
適切な治療を受けない場合は40〜50%が死亡するといわれる。
デング熱にかかった人がデング出血熱になるかどうかは事前に予測できない。
(newsclip.be 2017年5月28日 16時46分)

イメージ 1

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので
旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。


「KATEのバンコクガイド」ではLINEスタンプを販売!
LINEスタンプ「タイに行こう」
LINEスタンプ「タイに行こう2」

ニコニコ動画にてタイ動画を公開中!
YouTubeにてタイ動画を公開中!

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事