熊本県現代俳句協会

お知らせ用ブログです。管理人は、熊本県現代俳句協会会長の加藤知子です。

全体表示

[ リスト ]


熊本県現代俳句協会会報2019年度 第1号


現代俳句くまもと第10号


 
結社を超えて俳句の種蒔きを


  熊本県現代俳句協会会長
           加藤 知子


去る2月17日の総会にて会長就任の承認受けました加藤知子です。
  当会は、1991年6月30日に窪田丈耳会長の下に設立され、今年で28年目を迎えます。現在、正会員30名、準会員3名となっており、年3回ほどの句会は、活発で楽しい意見交換・交流の場となっております。
  現在のところ、主催事業は特に無く、熊本県俳句大会と滔天忌俳句大会の後援をし、江田船山古墳公園吟行俳句大会への参加などを通して地元俳人らと交流しております。荒尾市では、荒尾かのこ氏と徳山直子氏が中心となって、春・夏休み子ども俳句教室を開催し、俳句大会への応募でも成果を上げておられるようです。(残念ながら、現代俳句協会のジュニア俳句祭は、今年から廃止されることになりました。)
  昨年二月に戦後の現代俳句の牽引者であった金子兜太氏は他界されましたが、私たちも、日本の俳句文化を継承し、種を蒔き続けていきたいものだと思います。
  今後は吟行句会も増やし、会員や会員外を問わず、また結社を超えて、俳句を通しての交流が活発になることを期待します。
  2021年には当会は30周年を迎えますので、記念にアンソロジー的な合同句集刊行を考えています。皆さまのご協力の程よろしくお願いいたします。

 

 私の一句自句自解 


ごきぶりの生きるに宙を飛ぶ本気   


真弓 ぼたん


 飛ぶんです。ごきぶりも。あの、てらてらとした身を翻して。詩(俳句を含む)は、美しく儚ないものに目をやりがちだが、
この世には、当然汚くて嫌われるものも存在する。 時々は嫌われるものにも、愛(?)をもって接してみようかと思う。


 2018年度 総会&句会 報告 


2019年2月17日、熊本市国際交流会館において、総会を開催しました(司会進行兼議長は、西田和平)


会員30名中、19名が参加し(参加者9名、委任状10名)、総会が成立し(会則第8条)、活発な意見がだされ、全ての議案が承認されました。


「吟行句会を増やそう」という意見がだされ、動物園で吟行することになりました。その日時が決まれば、お知らせします。


新役員:加藤知子が、新会長に承認され(会則第6条)、新役員を指名しました。


新役員は、次のとおりです。


顧 問:光永忠夫 丘菜月


会 長:加藤 知子


副会長:中山宙虫


事務局長兼会計幹事:西田和平


幹 事:青島玄武


会計監査:真弓ぼたん


総会後 句会(参加者14名)


一位 落ちてなほ凧に寄り添ふ風ありぬ
                                青島 玄武


二位 冬耕の人ふりむけばゴッホの目
                               徳山 直子


三位 さんすうの億のひつさん春の波
               西村 楊子


《参加者一句抄(五十音順)》 


料峭や木も水も息潜めたる     荒尾かのこ
傾聴の歩調ゆつくり春隣      丘 菜月
春の暮夢かうつつかどうでもいい  加藤 知子
味噌醤油借りる暮しも昭和の日   後藤 博文
金庫閉じれば海の見えない町に雪  中山 宙虫
客人は椿の蜜を吸うおみな     西田 和平
屋根に猫始まる恋の二楽章     真弓ぼたん
梅見頃まだまだ傘寿クラス会    右田 捷明
絎台は義母ゆづりなり針供養    光永 忠夫
霊界を見て来たと母初笑い     宮中 康雄
春立つや喫茶店よりナポリタン   若松 節子


 次の句会のお知らせ 


日 時2019年 6月 1日(土
            13時〜17時


場 所:熊本市国際交流会館 5階 中会議室


参加費:会員無料、会員外は 500円


投句先中山 宙虫 宛


投句数:5句まで(欠席投句は3句まで)


投句締切:5月 25日


  2020 


*毎年刊行されています。まだの方はお早めに。


作品数:一人5句


参加費:3000


締 切:5月31日


 第56回 現代俳句 全国大会 


投句料 :雑詠2句一組で2千円、何組でも可


      新作未発表作品に限る。


投句締切 7月 31日 必着


応募用紙: 『現代俳句』の巻末にあり


大会日時:2019年 11月 16日(土)


 第8回 江田船山古墳公園 吟行 俳句大会 


日 時5月9日(木)


投句締切:11時 30分  


互選句会:13時 〜 15時 30分


場 所:熊本県 玉名郡 和水町 菊水ロマン館


参加費:1000円(どなたでも参加可)


*公園内の散策は、とても気持ちのいいものです。ぜひご参加されて下さい。


 


  現代俳句 列島春秋 掲載句 


(2019年)


一月  松囃子張られし糸を渡るかに 青島玄武


二月  二ン月の干潟に遊ぶ普賢岳   萩 瑞枝


三月  後ろ影ばかり過ぎゆく桜かな  寺尾敏子


四月  人淡き炭坑の跡地の桜かな   徳山直子


第54回 滔天忌 俳句大会 


          2018年12月6日


人賞 朝一の用は投函文化の日  荒尾かのこ


(参加者一句抄)


台風に抗ひ太き荒尾梨      右田 捷明


肥後平野とめどなく澄む滔天忌  佐藤恵美子


滔天忌荒尾訛りを解しけり    後藤 博文


聞き役にてつする夜長夫の夢   徳山 直子


思い馳す民の国へと滔天忌    宮中 康雄


笹鳴や滔天のつそり貌を出す   光永 忠夫


  介 


後藤博文句集『 花冷え


花冷えの謡のなかの死者の声

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
熊本県現代俳句協会会報第10号
          2019年 4月 15日 発行
     発行人  会 長   加藤 知子 
     編集人  事務局長  西田 和平 



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事