チヌ吉の「紀州釣り&フカセ釣り」物語

紀州釣り(チヌ)&フカセ釣り(グレ&チヌ)以外の釣法の方も大歓迎です!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

「第7回那賀紀州FC杯全日本グレカップ」開催となった。
「見老津」の浜丸渡船さんに初めてお世話になることになった。
我がクラブの「チャンピオンシップ」の開幕ということで、開幕第1戦目のフカセ釣り大会で優勝して、他メンバーにプレッシャーをかけたいという気持ちはみんな同じである。
今大会の参加者は、磯吉さんと、ひらっちさんと、私(チヌ吉)の3人という寂しい人数だが、釣果で大会を盛り上げたいところだ。

 船頭さん任せで上がったのは、「シオフキ」という磯だった。出船前の開会式で引いたクジにより、私、磯吉さん、ひらっちさんの順に釣り座を決定し、7時15分に開始となった。 
ただ、今大会から、「時間帯を決めて釣り座を交代する」という磯ならではのルールを新たに採用することになった。
選手にとって公平を期して採用した新ルールが、優勝の行方をどう左右するのだろうか?

 この日は前日より水温が下がっているようで、返ってくるエサを触ると冷たく、エサがなかなか取られない状況が続いていたが、沈黙を破るように、私は40cmほどのサンコウを釣ったが、「特別大物賞」を受賞できるかもしれないということで、一応キープした(笑)。

 この後もエサはほとんど取られることなく、午前9時45分に、第1回目の場所交代となった。
相変わらずエサが取られない時間帯が続いていた。
水温低下で魚の活性が悪いので、エサを魚の口先まで持っていくべく、仕掛けを遠投すると、30cm強の口太ちゃんをゲット!

 そして午後12時15分、変わり映えのないまま、2回目(最後)の場所交代となり、お互いにまだ入っていない釣り座に入った。
先程から右からの横風が強くなってきたので、私は他2人の釣りに影響のない釣り座に、すかさず移動して数投後、35cm弱の口太ちゃんをもう1枚追加することが出来た。
でも納竿時間まで、あと1時間あるので油断は禁物である。
しかし厳しい状況下ゆえに、このまま納竿となった。

イメージ 2

 そして、港に帰ってから検量に入った。
結局、グレを釣ったのは私だけだったので、私(チヌ吉)の2回目の優勝が決定した。
検量結果では、2枚重量で「1120g」であった。

イメージ 3

しかも、「特別大物賞」として、キープしていた40cmのサンコウが受賞した(笑)。
「優勝」と「特別大物賞」のダブル受賞は、那賀紀州FC史上初である。

イメージ 4

 釣行後の反省会では、優勝賞品として、恒例の「タダ飯」である。
美味しかった!!!

この記事に

開く コメント(8)

イメージ 1

2013年1月20日   串本須江


 今回は、我がクラブ「那賀紀州FC」の主催する「全日本グレカップ」が来週に予定されているので、
その練習として仲間と連絡を取り合ったが、都合が合わず、単独釣行となってしまった(泣)。

 そして、今回の「全日本グレカップ」は絶対に優勝したいという思いが、過去最大MAXに達し、
どこに練習釣行しようかと迷ったが、今までに良い思いをしたことがなく、相性の悪かった「須江」
を攻略してこそ勢いが付くとばかりに、あえて苦手の「須江」に釣行することにした。

 当日、駐車場に到着すると、駐車場がいっぱいだ(泣)。
何故こんなに釣り客が多いのかと船頭さんに聞くと、黒潮が接岸して水温が上昇しているために
最近の須江での釣果が良いのと相まり、某釣りクラブの大会と重なったということだった。

 それで、2艘に分かれての出船となるということで、船頭に指示された船に乗り込み、
予定通り、午前6時20分に出船した。
しかし、私が乗った船は、通夜島周りではなく、樫野との共有区に向かった。

 すると、樫野区の渡船屋さんの釣り客が既に陣取っていて、こちらの渡船が入る余地が
ほとんど無い状態である。
でも何とか、私は「ウスの双子」に上がることになった。

 磯に上がり下見をすると、足下の左右には大きなサラシがある。
とりあえずは左右のサラシの真ん中磯際にマキエを捲き、仕掛けを投入して様子を見る。
すると、数投後にウキが一気に入り、上がってきたのは30cm強の口太ちゃんだった。
とりあえずホッ!!!!
釣れたのは口太ちゃんということで、連チャンを期待して続けるが・・・・・・・・。

 先ほどの口太ちゃんゲットから続けているが、生オキアミでは太刀打ちできないほど
エサ取りが多くなってきたので、ボイルに変えてやっているが、やがてボイルも残ってきた。

 そこで、朝一から潮があまり動いていないので、磯際狙いで、重めの仕掛けに変更すると、
早速、結果が出て、35cm強をゲット!
でも連チャンとはいかず・・・・・・(泣)
エサも残ってくるし、小康状態が続くことになった。

イメージ 2

 ここで昼食休憩に入ることにした。
持参したワンバーナーセットで湯を沸かし、磯の上で食べるカップラーメンは、やっぱり旨い!!
体が温まったところで、釣りを再開した。

 しかし相変わらず、エサが取られない時間帯がしばらく続いたが、仕掛けを変えながら、
ようやくエサが取られるようになった。
その直後、ウキが一気に入り、強烈な引きで耐えるが、足下に突っ込まれてジ・エンド!
久々のヒットだっただけに、このバラシはショックだった!!!
この後も小康状態が続くことになった。

 しかし、朝一からあまり動いていなかった潮が、この日初めて沖に流れ始めた。
しかも、本流のように速い流れだけに、ワクワクする気持ちが抑えられない。
すかさず水中ウキをセットし、応戦した。

 すると、竿先にガツンとアタリがあり、上がってきたのは30cmオーバーの口太ちゃんだった。
この後は再び、エサが残ってくることが多くなり、単発に終わってしまった(泣)。

 しばらくすると、流れが緩んだ。
と同時に納竿まであまり時間がないので、仕掛けを遠投し、ピンポイントで狙うことにした。
すると、マキエが効いているであろうポイントで、ウキが一気に入り、上がってきたのは
35cm前後の口太ちゃんだった。
これで4枚目、もう1枚を目指して数投続けるが、ダメ!

 そして、迎えの船が来る前の午後3時40分に納竿とした。
鬼門というべき「須江」で複数枚釣ったことで、1月27日に開催される那賀紀州FC主催の
「全日本グレカップ」に向けて良い弾みになったかな!!!

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1

毎朝、ABCラジオの「おはようパーソナリティ道上洋三です」を聞きながら通勤しています。
阪神タイガースファンでもある私にとっては、この通勤タイムが楽しい時間帯であります。
「道上洋三少年が、大好きだった想い出のうどん」から始まったコーナーを聞いていると、
近々予約販売される「道上洋三 こだわりの肉うどん」を食べたくなり、某コンビニで予約しました。
そして、発売日である本日12月3日に購入しましたが、職場の同僚と食事を済ませてきたので、
後日、食べるのが楽しみです。

この記事に

開く コメント(6)

2012年9月15日      勝浦漁港(ホテル浦島前)


イメージ 1

この3連休の初日(15日)に、あることを目論んでいた。
それは、以前に仕事で9年間住んでいた「第二の故郷である那智勝浦町」への紀州釣りプチ遠征だった。
当時、紀州釣り初心者だった私は周辺の色々な波止で竿を出し、地元での紀州釣り師が少ないせいもあり、
そこそこの釣果を得ていたが、今から思えば、「釣った」ではなくて、「たまたま釣れた」状態だったと思う。
だから、あれから成長したであろう「現在の自分」を試す意味で出撃することにした。
今回は磯吉さんにもお付き合いして頂いた。

午前6時過ぎに、よく行っていた懐かしい勝浦港に到着すると、既に紀州釣り師3人が陣取っていた。
様子を聞くと、25cmくらいのヘダイが3枚釣れたとのこと。
最近は勝浦にも各地方から紀州釣り師が頻繁に訪れているようだ。
我々は、右波止先端からの先客3人の隣に私、磯吉さんが陣取り、準備を始めた。

そして、午前7時前に開始した。
潮は左に流れていて少しすると、エサが無くなり始めた。
それで最初に釣れてきたのは、南紀ではお馴染みの「ゴンズイ」だった。
その後も、ゴンズイパラダイス!!!
そのうち寝ウキが少しシモリ気味になることが多くなり、仕掛けを回収すると、根掛かり連発!(泣)

イメージ 2

右に潮が流れが変わると、エサが残り始めたが、根掛かりもたまにする。
でも、ダンゴを投げる場所によって、シモリや根の状態を探り、根掛かりしない所を特定しく。
この後、潮は左に右にフラフラしながら、釣り座変更も考えたが続けていると、私の右隣は3枚ゲット!!
そろそろ我々も1枚釣りたいが、釣れない!!!
そんな時、これまた懐かしい「浦島丸」が・・・・。

その後は小康状態が続いていていた。
そして昼前になり、気分転換も兼ねて、近くの店に勝浦名物「マグロ丼」を食べに行った。
マグロ丼の画像こそ無いものの、美味しかった!
そして釣り場に戻った。

その直後、磯吉さんが25cm級の本命ゲット!
おめでとうございます。
そして、私も午後1時過ぎに25cm弱の本命をゲットし、とりあえずホッとした。
しばらくして磯吉さんと私はもう1枚ずつ追加した。

この後は、潮が右に流れ始めると、エサが残り始めた。
朝から一貫して同じ傾向だが、潮は右に左にフラフラしていて、右に流れる潮の時はエサが残ってくるときが多く、なぜか釣れない。
しかし、左に流れる時はダンゴの割れも速くなり、エサが取られてきて、釣れるのは決まって左に流れる潮なのだ。

そして午後3時前に、潮が左に流れたので、ダンゴを割れにくくして臨んでいると、3枚目ゲット!
この後も潮はフラフラしながらも、左に流れる潮をとらえ、怒濤の8枚追加!!
午後5時30分、納竿した。

イメージ 3

今回の釣行を終えて、冒頭で書いていたことだが、現在の自分は、やはり昔より少しは進化していると思った。
自分でこんなことを言うのはおかしいですね(笑)。
でも、エサ取りや潮やシモリ根などの状況に合わせた工夫によって、「釣れた」ではなく、「釣った」と感じることがほとんどだったからだ。
今までに御一緒してもらった皆さんから御指導してもらったおかげです。
更に進化したいなあ!(爆)

この記事に

開く コメント(16)

2012年9月9日    紀北某波止


イメージ 1

釣りにはたまに行っていて、我がクラブのHPでは更新しているんですが、ここでの報告は久しぶりです。

今回は、いつもより遅めの出撃となった。
そして現場に着き、午前8時30分に開始した。
この時はいつものように左に速く流れていた。

イメージ 2

数投後から直後からダンゴを割りにくるヤツが現れるや否や、強烈にアタックしてきて、
ウキ止めと寝ウキまでの距離が詰まっていかないので、ダンゴの握る回数を多くして割れを遅くした。
それでもダメなので、禁断の「アミエビ追加」で、ダンゴを持たせることにした。
それほど困らせた魚の正体は何と、30cm級のアジだった。
このサイズのアジはお土産には喜ばれるが、交わすには手強いぞ〜!
この後は、ダンゴの割れのタイミングを更に遅くすると、潮は右に左にフラフラしながらも、
右に流れるとアタリはないが、左に流れた時に、何とか午前中に小さいながらも本命3枚ゲット!!!!

午後からも、潮はフラフラしている中、もう1枚ゲットできた。
そして次第に左に流れるようになり、連チャンモード突入となり、3枚追加して7枚目!!
連チャンモードの波に乗り、直後に本日最長寸であろうサイズ(40cmぐらい)がヒットし、
タモで掬おうとして1回失敗して、再び掬おうとしたときにテンションが緩み、チヌが逃げていった。
ハリスに傷が入っていたみたいだ(泣)。

先ほどの痛恨のバラシにもめげずに続ける。
相変わらず、ダンゴの割れがハンパなく速い中、30cm強を追加していき、
午後5時30分を迎えて、本日の目標である「ツ抜け」達成!
ここで、終了とした。

この記事に

開く コメント(10)

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事