かーたんのメモ帳 ぶろぐ編

とりあえずはPC、ネットワーク関連、技術の内容を中心に...

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

PocketWiFi S

PocketWiFi S (S31HW) 発売日に購入し、自分に合った使い方はどうかと模索中。

目的としては、
・iPad Wifiを外でも使えればなぁ〜
・ノートPCを外で使うのにもちっと楽に使えればなぁ (emobile データカードは使用中)
・携帯のパケット通信を WiFiサービスでこっちに飛ばせば通信費を抑えられる?

ということで、実験もかねて購入に踏み切ることに。
Ariaもいいかなぁと思ったが、端末の値段が高くなることと、S31HWの方は画面の解像度が低いけどPocketWifiが主たる目的だから安いのでいいかなと。
通信速度も悪くないという話も見かけたので、ワンタッチで操作ができるこっちがいいかぁとも。

契約は、
・スマートプラン 4580/月
・100円購入プラン
・今のデータカードを にねん得割 データプランに変更し、1000円引きのスマートプランデータセットで契約

携帯の通信もこっちが利用できれば通信費は4000円程度に抑えられる算段で。

イメージ 1


んで、

1) WiFiにすれば、ノートPCの時も、電波が厳しい時にはこれを窓際において使えば窓際で作業しなくてもよいし、いちいち接続動作をしなくてもネットに繋がるから楽かな。

この楽さは現実に実感。

2) iPad を外で。

は当然のごとく問題なく。

3) 通信速度も問題なく遜色なく。

実用上、iPadでもノートからでもスムーズな操作感♪

4) バッテリーの持ちはちと厳しい感じ。

PocketWiFi モードのままにしてると結構消耗が激しい。数時間で電源落ちる感じ。
必要な時に WiFiモードにする、という使い方ならまぁ問題ないかなと。

5) Android としては、

まぁ、いまどきの端末と比べたら使い込むというよりは良いおまけがついてる感じ。
でもまぁ、通信をすればするほどバッテリーの減りが早いのも事実で。

6) カメラ

ピントが合わなぃ〜ww


機能、通信性能は不満無いから、バッテリーに関する使い方が課題かな..

メモリ異常、その後

調子の悪いPCの確認の為、Memtes86+ で継続テストを行っていたのですが、やっとこさ 調子の悪いメモリの特定が出来ました。
 
経過:
1) 2Gx2 の構成で、3-4時間経過してからメモリ異常がレポートされるようになった。
 
2) 2G(a) 1本にしてテスト。
  4時間、7pass で正常。
 
3) 2G(b) 1本でテスト。
  7時間、9pass Error
 
4) 2G(a) 1本を再テスト。
  7時間30分、13pass 正常
 
5) 2G(a)+2G(c) の構成でテスト。(b)を同種の別メモリに交換
  13時間、11pass 正常
 
ということで、2G(b) が調子悪いんだという結果かなぁと。
システムを起動してしばらくは正常と言うのがなんともよくわからないが、
メモリ交換で様子見と言うとこか。
 
 
ちなみに、テスト中のシステム状況:
CPU 29度
Sys 31度
CPUFAN 2092rpm
1.272V
3.36V
5.129V
12.496V
 

メモリー異常

Celeronベースで組んだPCが安定せず、悩んでいたが、システムメモリのテストをしてみたら異常が警告された。
 
 使用ツール:Memtest86+ 4.10
 
 システム:
  M/B G31TM-P35
  CPU Celeron E3200
  mem 2Gx2
 
最初は平気そうだったが、しばらくして760M辺りだかでエラーが出るように。
その後はリセットしても同じ辺りでエラーがでるようになってどうにもな状態に。
 
その後、メモリを1本にして再テスト中。
3時間経過でとりあえず問題は起きてないようなので、もう一本に問題があるか、
2本の組み合わせで調子が悪いのか。
M/Bとかの問題で無ければいいなぁ...

バッファロー ターボSSD

イメージ 1

EeePCのSSDプチフリーズがちと気にはなっていたのだけど、バッファローからプチフリ対策のユーティリティが無償公開されたので試してみることに。

ターボSSD紹介の記事には、自分のSSDで使えるというようなことは書いてなかったが、使える可能性も大きいだろうと、だろうインストール。

結果は、無事今の SSDを認識し、使えてるようだ。

プチフリの状況は、前よりはだいぶんよい感じかな。
がっつりプチフリすることはなくなった感じ。

微妙な引っかかり感はあるようなないような。

まぁ、しばらく様子見で。

ASUS EeePC901-X 12G版

イメージ 1

イメージ 2

今年の4月に、中古だけど思いのほか安く展示されてたので、衝動買い。

その後、SSDをBUFFALOの32Mに換えたり、メモリを2Gにしたり。
思いのほか、このコンパクトサイズが便利。
もう少し軽ければもっと嬉しい。
もう少しキーボードが打ちやすければもっと嬉しい。
まぁ、キーボードは本体サイズとの兼ね合いもあるので仕方ないと言えば仕方ない。

SSDのプチフリーズも気になったりはするけど、自分の利用範囲では便利に使えとります。



以下は、SSDとメモリの換装前のベンチマーク
★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor 1600.05MHz[GenuineIntel family 6 model C step 2]
Processor 1600.05MHz[GenuineIntel family 6 model C step 2]
VideoCard Mobile Intel(R) 945 Express Chipset Family
Resolution 1024x600 (32Bit color)
Memory 1039,532 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 3
Date 2009/04/26 14:22

Intel(R) 82801GBM/GHM (ICH7-M Family) Serial ATA Storage Controller - 27C4
プライマリ IDE チャネル

Intel(R) 82801GBM/GHM (ICH7-M Family) Serial ATA Storage Controller - 27C4
セカンダリ IDE チャネル
ASUS-PHISON SSD
ASUS-PHISON SSD

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
29401 97906 67809 50043 50600 88954 30

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write RRead RWrite Drive
16960 9378 4436 212 32425 11455 26528 6337 C:\100MB

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事