全体表示

[ リスト ]

ドイツのカメラ雑誌fotoMAGAZINがマウント交換に関するインタビューを行なっています。

残念ながらオンラインでは記事が見れないのですが、マウント交換に関する箇所の抜粋が海外の掲示板に出ていたので、その箇所だけ翻訳しました。




 - 8月1日に新しいサービスが発表されましたね。9月からユーザーが自分の持っているレンズを他のマウントに交換できるようになります。このサービスはシグマの全てのレンズで可能なのでしょうか?

山木:マウント交換ができるのは新しいラインである、アート、コンテンポラリー、スポーツのレンズに限ります。

 - マウントの交換に制限はないのでしょうか?例えばキヤノンからペンタックスに変更することも可能なのですか?

山木:レンズのタイプが同じだったら制限はありません。一眼レフ用とミラーレス用なら、それぞれどのマウントにも変えられます。もちろんキヤノン用からペンタックス用には変更可能です。

 - ということはミラーレスでもソニーNEX用とM4/3用は変更可能なのですか?

山木:はい。それぞれどちらにも変更できます。

 - ミラーレス用から一眼レフ用に、あるいは逆に一眼レフ用からミラーレス用に変更は可能なのでしょうか?

山木:いいえ、それはできません。変更が可能なのは現在発売中のモデルに限ります。例えばあるレンズにペンタックス用がないのなら、そのレンズはペンタックスマウントには変更できません。

 - マウントの交換は単にバヨネットを変更するよりもはるかに複雑なのではないかと思うのですが、今回のサービスがどうやって可能になったのか、簡単に説明して頂けますか?

山木:変更の手順はとても複雑なので、一言では説明出来ませんね。おおまかに言うと、バヨネット、基盤、その他の電子機器の付いた部品やユニットを交換することでマウントを変更します。マウントの変更は単にバヨネットを交換するだけでは不可能です。

 - 例えばキヤノンやニコン用はOSが付いていますが、そのレンズをOSの付いていないソニー用やペンタックス用に変更したらOSユニットは残ったままなのですか?

山木:いいえ、その場合はOSは取り外します。OSが付いていないマウントに変更する時は、OSは付いてない状態になります。

 - マウント変更は手間がかかると思いますが、コストはどれくらいになるのでしょうか?

山木:価格はレンズの種類によって異なりますが、だいたい150ユーロから300ユーロになると思います。

 - 変更にかかる期間はどれくらいなのでしょうか?作業は日本で行うのですか?

山木:はい、今の時点では作業はすべて日本で行います。交換にかかる期間はヨーロッパからだと発送期間も含めて一ヶ月くらいになると思います。






この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

SAマウントとEFマウントの両刀使いとしては、
両方のマウントを1本のレンズで行き来が出来るとうれしいのですが、
マウントアダプタのようなことは難しいのでしょうかね。

2013/8/2(金) 午後 0:32 [ みみたろう ] 返信する

顔アイコン

>みみたろうさん
コメントありがとうございます。予想ですが、マウントアダプタにしてしまうと、サイズ、精度、コストの面で不利になると思います。レンズ単体としての性能が下がる可能性があるので、今の高性能なレンズ群を開発しているシグマには選びづらい選択なのではないかと。今回のサービスのポイントは実利面よりも長く使えるという安心感を与える方が意味合いは大きい気がしています。

2013/8/2(金) 午後 0:41 [ ka_tate ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事