ここから本文です

書庫「driver誌」峠狩り

すべて表示

イメージ 1

『寺内貫太郎一家』の樹木希林(悠木千帆)じゃないけど、「ジュリー〜〜、尊敬!」

 さて、『峠狩り』では毎回必ず“峠めし”を紹介する。旅先でおいしいものを食べるというのは、東海道五十三次のころから日本人の趣味だった。“食”は旅の大きなモチベーションになるし、早朝から動いているぼくらも当然、昼めしは食べたい。
 
 ところが、峠のてっぺんに食事処があるようなメジャー峠は滅多に取材しない。たいていは麓に下りてから探すのだが、となると、ランチの時間が終了していることが多い。

 今月号、長野県「高ボッチスカイライン」の回もそうだった。標高1600mから松本市内に下りて、目星をつけていた店に行くと、まさかの臨時休業(地方の個人営業ではありがち)。いちばん遅くまで開いているはずの店だったから、ほかにオプションがない。どうしよう。ここまで来て、ファミレスはないだろう。
 と思っていたら、カメラマンのダン・アオキがスマホで発見した店がこれ。


イメージ 2

 塩尻市に入った国道19号沿いの「食堂SS」。昔、ブルーバードSSS(スリーエス)っていうのはあったけど。
 午後の休みなしでやっているありがたいショーワ食堂だ。


イメージ 3

 入るなり、お品書きの数にびっくり。いま数えたら、最上段だけでもざっと60品はある。
 そこそこ広い店内は、そこそこ満席。店のおばちゃんは親切で、厨房は活気がある。



イメージ 4

 どんなにメニューがたくさんあったって、このトシになると、そんなに食べられない。焼肉定食をたのむ。いや、しょうが焼き定食だったか。とにかく両方ある。ともに860円。どっちかわからないけど、うまかった。

「普通定食」(590円)って、なんだろう。隣のテーブルで食べているカレーライスの器がラーメン丼みたいにデッカくて、うまそうだった。また来たい。
 でも、こういう食堂、ヨメさん連れてきてもぜんぜん喜ばないんだよなあ。あたりまえか。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事