ここから本文です
下野康史(かばた やすし)の「自転車で行こう!」
改正か改悪かわからないのに、「憲法改正」という一般名詞はおかしい。

書庫今日はファットバイクで行こう

すべて表示

イメージ 1

 11月にあるマラソン大会の下見に、彩湖(さいこ)へ行く。JR武蔵野線で荒川を渡るとき、下流側に広がる人工湖だ。

 多摩湖へ行くときに使うルートで、ウチから10km北上すると、空堀(からぼり)川という川を渡る。新青梅街道に並行するそのショボイ川がなんと荒川の支流で、川沿いに25km走ると、大河の荒川に出る。
 ほとんど車道を走らずに遠くまでいけるのが、リバーサイドサイクリングの醍醐味である。ぼくのような超絶方向音痴でも、道に迷う心配はないし。


イメージ 2

 空堀川から柳瀬川に変わると、水量が増え、清流になる。さすが東京都“清瀬”市だ。ほぼ全行程、川の両側には遊歩道があるが、一部ダートなので、ロードバイクだと腰が引けるかもしれない。

 荒川に突き当たり、志木街道の秋ヶ瀬橋を渡ると、左が秋ヶ瀬公園、右が彩湖である。
 秋ヶ瀬橋には片側にだけ歩道がある。ロードバイカーが多いので、車道を進んだら、幅員は狭く、クルマの交通量は多く、しかも橋は1000m以上あり、非常におっかなかった。帰りは迷わず歩道を選んだ。

 埼玉県の「埼」と掛けた彩湖とは、「荒川貯水池」の公募新名称だった。湖のまわりに5kmの周回路があり、散歩やランやサイクリングの人たちで賑わっている。


イメージ 3

 釣りは禁止だが、水面利用はOK。スタンドアップサーフボードをやっている人がいた。
 これ、いまいちばんやってみたい。水面に直接立っているみたいで、さぞおもしろいだろうと思う。


イメージ 4

 ラジコンヨットのメッカでもあった。人が乗っていないだけで、帆走の仕組みは実ヨットとまったく同じ。1分の1とラジコンの両方を持っている人もけっこういるらしい。
 初めてレースを見たけど、こんなに静かなレースは初めてだ。ヨットは無音で進み、プロポを操作している人も全員無口。「クソッ」とか「チクショー」なんて言ってる人はいない。


イメージ 5

 出港も帰港も、ちゃんと桟橋を使ってやる。なぜなら、船底に実ヨットと同じキール(おもり)が付いていて、ある程度の水深がいるからだ。水から揚げるとマストやキールを掴んで運ぶところが、実ヨットとは異なる。
 なんか、大人びた、いい趣味だなあ。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事