去る7月24日(日)に新松戸の市民会館で恒例のデモクラ友の会の懇親会を持ちました。久しぶりの開催です。
この会はネットTVで三年前から放映されている社会の問題を取り上げるリベラルなネットTVです。元々は有線の201チャンネルで放映されていた愛川欣也のパックインジャーナルを引き継いだ番組で、視聴者こそ少ないけれど、日本のメディアが東京新聞や地方新聞を除き、特にテレビを先頭にこぞって政府よりの傾向の中、しっかりと社会の問題点を見つめ一人一人の社会への意識啓発を高めるべく奮闘している番組。私たちこの『デモクラTV』の姿勢に痛く共鳴し仲間で立ち上げたこの神組を支援する勝手連です。脱原発・沖縄辺野古移設・憲法改正等々・・。多くの日本の将来にかかわる問題にいつも鋭くメスを入れるこの番組の視聴者が増えるべく通信を出し、幟旗を掲げてこの番組の存在を知らせる活動をしている小さな小さなグループです。この日は、次号の通信とデモクラTV支援について話し合い、二次会でもこのことで盛り上がりました。
イメージ

転載元転載元: 人生をハングリ−精神と愛情を持って心豊かに生きよう!

開く コメント(2)

イメージ

イメージ

  今日は、『辺野古基地移設反対の国会包囲』の<総がかり行動>抗議集会に出かけました。昨夜は雨でしたが今日は晴れ渡って19日の夜もそうでしたが今日(21日)も午後2時〜4時にわたるデモに気持ちよく参加することが出来ました。今日はオール沖縄で勝利した議員達が勢ぞろいして次々と演台に上がり辺野古基地移設反対と戦争法廃案について力強く語りました。参加者は二万八千人で国会周辺は多くの人で埋め尽くされました。私は国会議事堂前の脇道で胸に手作りのプラカードをぶら下げ幟旗を掲げての参加。遅れて私達のグループ仲間の一人が私の幟旗を見つけて私の側までやってきました。国会図書館から憲政会館に行く横断歩道で機動隊の厳しい規制に会い30分程もめたということで怒りを込めて語ってくれました。何かしら辺野古といい、国会周辺といい一段と規制が厳しくなってきたように感じます。今日演台に立った中で船橋市で船橋の市議会議員たちが辺野古基地移設賛成の案件がある議員から出されその案件を県会議員で4対5で可決され大問題になり市民からの猛反発で市議会議で審議採決の結果27対22で否決したこととの報告があり国会前を埋め尽くした人々から歓声があがりました。
 さて、今回、安倍政権への対決のため野党5党が連携する方向で大きく前進したことについてどの議員達も国会前・国会周辺に集まった多くの人々の『声』あってこそ実現できたと私たちに語りかけてくれました。一人は例え小さな砂の一粒であっても一人でも多く集まって声を上げることで嘗て土井たか子が語ったように『山も動く』。いや『動かさなければいけない。』と思いました。山下さんのこの幟旗の嬉しい報告です。今日は旗を掲げる私の側まできて「デモクラの関係者ですか?私は会員です。」という男性・また「私はパックインジャーナルからのファン・ご苦労さま。拍手です!」と言ってきた女性。また、「私は市民スポンサーの一人です。DVDを取り寄せ観終わったら知人に渡しています。デモクラTVのスタジオを教えて下さい。」と言ってきた初老の男性がいました。そこでそばにいた仲間が丁寧に地図を画いて教えてくれました。私の方から持ってきたデモクラTVのリーフレットを7部程渡しておきました。この幟旗が確実にデモクラTVの宣伝になっていると思います。
イメージ


イメージ



転載元転載元: 人生をハングリ−精神と愛情を持って心豊かに生きよう!

開く コメント(0)

今日は、2月19日、安保関連法(戦争法)の強行採決成立(?)19日の日なので議員会館前の『総がかり行動』に参加すべく幟旗を持って夕刻五時前に家を出ました。議員会館前には6時15分頃家着きました。着いてみるとすでに多くの人達が議員会館前には来ていました。私は今日は衆議院会館前の横断歩道を渡った所で私達の幟旗を広げて立ちました。しかし、そのでは演台に立った人たちの話がよく聞こえません。そこで私たちの仲間(デモクラ友の会)を捜すのを兼ねて幟旗を掲げて人ごみの中、参議院会館前まで移動。そこで仲間の一人と出会い、その場所で幟旗を掲げて立ちました。先月の19日の寒風吹きすさぶ夜とは違い風もなく暖かでとても気持ちの良い夜でした。私が注目している高校生たちが立ち上げたグループの演説もあり気持ちの良い『戦争法反対』の集会となりました。参加者は前回より2000名多い7800名。大成功です。
イメージ

イメージ

イメージ

今日は民主党の枝野幹事長から野党五党(民主党・維新の党・共産党・社民党・生活の党)の選挙協力で合意したとの発表。今日はそのスータトラインに立った日。これらか紆余曲折があるとは思いますが、まずはある意味で記念すべき日となりました。頑張れ野党!今日の『総がかり行動』でもそのことが掲げられシュプレヒコールにも力が入りました。


転載元転載元: 人生をハングリ−精神と愛情を持って心豊かに生きよう!

開く コメント(0)

昨日の日曜日午後二時より新松戸の市民センターで四時まで我々『デモクラTV
を支援する勝手連『デモクラ友の会』の懇親会を開きました。昨日は、私の武蔵野美大のサークル仲間のF君(私の住んでいる所とさほど遠くない所に住んでいたので誘ったのです。)も参加してくれました。昨日の懇親会は『そうかがり行動委員会』
が音頭をとる2000万人署名を我々「友の会」がどのような具体的な行動をとるかに話題が集中。実家が相馬市にあるF君からは福一事故の様子を語ってもらいました。
 「友の会」の『第二回パブリックビュー』については次回の懇親会で具体的な内容を決めることとしました。(次回の懇親会は3月20日)
 二次会は例によって新松戸駅前の飲み屋で・・。酒の勢いをかりて口角泡を飛ばし熱く語り合い7時30分頃散会しました。牛久からお呼びした論客のT氏は体調不良のため欠席となり残念でした。
イメージ
イメージ
イメージ


転載元転載元: 人生をハングリ−精神と愛情を持って心豊かに生きよう!

開く コメント(0)

八六886条 撰議院は行政官より出せる起議を討論し又国帝の起議を改竄 ( かいざん )するの権を有す
八七87条 民撰議院は緊要なる調査に関し官吏並に人民を召喚するの権を有す
八八 88条 民撰議院は政事上〔の〕非違ありと認めたる官吏(執政官参議官)を上院に提喚弾劾する特権を有す
八九 89条 民撰議院は議員の身上に関し左の事項を処断するの権を有す
    一 議員民撰議院の命令規則若くは特権に違背す〔る者〕
二〔議〕員撰挙に関する訴訟
九〇 90条 民撰議院は其正副議長を議員中より撰挙して国帝の制可を請う可し
九一 91条 民撰議院の議員は院中に於て為したる討論演説の為に裁判に訴告を受くることなし
九二 92条 代民議員は会期中及会期前後20日間民事訴訟を受くることあるも答弁するを要せす
但し民撰議院の承認を得るときは此限にあらず
九三 93条 民撰議院の代民議員は現行犯罪に非れは下院の前許承認を得すして会期中及会期の前後二十日間拘致囚捕審判せらるヽことなし
但し現行犯罪の揚合に於ても拘致囚捕或は会期を閉つるの後糺治又囚捕するに於ても即時至急に裁判所より代民議員を拿捕せしことを民撰議院に通知しし該院をして〔其〕件を照査して之を処分せしむ可し
 
九四 94条 民撰議院は請求して会期中及会期の前後廿日間議員の治罪拘引を停止せしむるの権を有す
九五 95条 民撰議院の議長は〔院中〕の官員(書記等其他)を任免するの権あり
九六 96条 代民議員は会期の間旧議員任期の最終会議に定めたる金給を受く可し又特別の決議を以て往返の旅費を受く可し


第三篇 立法権
第二章 元老議院
九七 97条 元老院は国帝の特権を以て命する所の議官40〔名〕を以て成る
但し民撰議院の議員を兼任するを得す
九八98条  満35歳以上にして左の部に列する性格を具うる日本人に限り元老院の議官たることを得べし
一民撰議院の議長
    二 民撰議員に撰はれたること3回に及へる者
三執政官諸省卿
四参議官
五三等官以上に任せられし者
六日本国の皇族華族
七海陸軍の大中少将
八特命全権大使及公使
    九 大審院上等裁判所の議長及裁判〔官〕又其大検事
十地方長官
   十一 勲功ある者及材徳輿望ある者
九九 99条 元老院の議官は国帝の特命に因りて議員中より之を任す
○○ 元老院の議官は終身在職する者とす
一〇一 100条 元老院の議官は一ケ年三万円に過きざる一身の俸給を得べし
二 皇子及太子の男子は満25歳に至り文武の常職を帯びざる者は元老院の議官に任する〔こと〕を得
一〇三 101条 諸ある税の賦課を許諾することは先つ民撰議院に於て之を取扱い元老院は唯其事ある毎に民撰議院の議決案を覆議して之を決定するか若しくは抛棄するかの外に出てす決して之を変改することを得可らす

四102条 元老院の編制及権利に関する法律は先つ之を元老院に持出さヾるを
得す民撰議院ハ唯之を採用するか棄擲するに過きす決して之を刪添 ( さんてん )可らす
一〇五103条  元老院は立法権を受用〔す〕るの外左の三件を掌と〔る〕一 民撰議院より提出劾告せられたる執政大臣諸官吏の行政上の不当の事を審糺裁判す其劾告手続は法律別に之を定む
二 104条 国帝の身体若くは権威に対し又は国安に対する重罪犯を法律に定〔め〕たる〔所に〕循ひ裁判す
三 105条 法律に定めたる時機に際し及び其定めたる規程に循ひ元老院議官を裁判す
六 106条 元老院議官は其現行犯罪に由りて拘捕せらるヽ時又は元老院の集会せざるときの外予め元老院の決定承認を経ずして之を糺治し又は拘致囚捕せらるヽことなし
七 107条 何れの場合たるを論せす議官を糺治し若しくは囚捕する時は至急に之を元老院に報知し以て該院権限の


第三編立法権
第三章 国会ノ職権
一〇八108条  国家永続の秩序を確定国家の憲法を議定し之を添刪更改し千載不抜の三大制度を興廃する事を司る
九 109条 国会は国帝及立法権を有する元老院民撰議院を以て成る
一一〇 110条 国会は総て公行し公衆の傍聴を許す
111条 但し国益のため或は特異の時機に際し秘密会議を開くことを要すへきに於ては議員十人以上の求に因て各院の議長傍聴を禁止するを
一一一 112条 国会は総て日本国民を代理する者にして国帝の制可を須つの外総て法律を起草し之を制定するの立法権を有す
一一二 113条 国会は政府に於て若し憲法或は宗教或は道徳或は信教自由或は各人の自由或は法律上に於て諸民平等の遵奉財産所有権或は原則に違背し或は邦国の防禦を傷害するか如きことあれば勉めて之れか反対説を主張し之か根元に遡り其公布を拒絶するの権を有す
一一三 114条 国会の一部に於て否拒したる法案は同時の集会に於て再び提出するを得す
一一四 115条 国会は公法及私法を整定す可し即ち国家至要の建国制度及根原法一般の私法及民事訴訟法海上法礦坑法山林法刑法〔治罪〕法庶租税の徴収
及国財を料理するの原則を〔議〕定し兵役の義務に関する原則国財の
歳出入予算表を規定す
一一五 116条 国会は租税賦課の認許権又工部に関して取立たる金額使用方を決し又国債を募り国家の信任(紙幣公債証書発行)を使用するの認許権を有す
一一六 117条 国会は行政全局(法律規則に違背せしか処置其宜きを得さるや)を監督するの権を有す

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事