ここから本文です
埼玉県の防カビ工事専門業者プレモのカビ対策・防カビ日記
プレモの防カビ工事は、戸建やマンション・団地を主に埼玉県・東京都を中心に神奈川県・千葉県の一部地域に対応しています。

壁紙にカビが発生するのは恥じゃありません。
カビが発生し易い造りが問題なのです。
生活の仕方は工夫すれば、ある程度改善するのですが…
構造上の問題はどうすることも出来ません。(限界があります)

だから、壁紙にカビが発生するのは恥じゃありません。
コンクリートも、珪藻土・漆喰も塗料もカビます。
無垢材だってカビます。
それが日本ですし、当たり前なのです。

何故こんなことを書いているのか?
それは、これからの時期今はほとんど無いのですが…
TV局から梅雨前の家庭出来るカビ対策の撮影を聞かれる
ことがあるのですが、ほとんどの方は拒否されます。
「みっともない」「人に見せたくない」と言うのが主な理由。
まぁごもっともな話なのですが、そういう方に多いのが
自分でカビ取りするパターンです。

イメージ 1














自分でカビ取りするには限界があります

自分でカビ取りを3時間ちょっとされて肺炎になった方も
いるくらいカビ胞子を大量に吸い込むことは健康面で大きな
問題があるのです。
それをTV番組では言いません。(大きな落ち度がありますね)

カビ胞子を大量に吸い込んではいけません。
カビは健康上の大敵なのです。

上記の写真のような場合、カビ取りしても再発して来ます。
ですから、防カビ工事専門業者による防カビ工事が最適と
言えるでしょう。

プレモでは、壁紙張替に伴う防カビ工事を積極的に
勧めています。
壁紙のカビでお困りの時は、プレモの防カビ工事を
ぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都(離島除く)を中心に神奈川県
・千葉県の一部地域になります。

では。



この記事に


マンションの誰もいない部屋で漏水事故が発生する
ことがあります。
被害者にも加害者にもなり得ますので、不在中の時こそ
管理人さんなどと連携して注意しないといけません。

イメージ 1














マンションの誰もいない部屋で漏水事故によりカビ

写真は階上からの漏水事故になります。
普段不在している部屋であれば、漏水事故の発覚が遅れカビだらけ
になることがあります。

加害者になってしまう場合は、経年劣化・リフォーム中後で漏水事故
が発覚することがあります。

漏水事故は、解体工事が第一選択です。

湿った箇所も乾燥が早くなりますし、壁紙下地であれば石膏ボード
の芯や壁内側が濡れてカビが発生しても交換することで済む場合も
あるのです。

それでも、カビ臭が漂い如何ともし難い時があります。
また、マンションの場合コンクリート躯体にカビが発生していたり
カビ発生が心配な時もあります。

そういう意味では、解体工事したら直ぐに復旧するのではなく
防カビ工事をぜひ導入し、カビが発生し難い環境にしましょう。


プレモでは、マンション・戸建漏水事故に力を注いでいます。
漏水事故後のカビでお困りの時は、プレモの防カビ工事
をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都(離島除く)を中心に神奈川県
・千葉県の一部地域になります。

では。

この記事に


住まいが部屋がカビ臭い!と相談され防カビ工事
することがあります。
この「カビ臭い」ですが、非常にデリケートな対応を迫られる
ことが多いのです。

目に見えるカビならカビ臭発生原因箇所として理解しやすい
のですが…
大きな目に見えるカビコロニー(集合体)が無い場合対応が難しく
なります。

地下室・半地下室
押入れ・クローゼット・収納
珪藻土・漆喰
屋根勾配で出来ている天井
壁紙下地からのカビが見当たらない時
畳にカビらしきものが無い時
新築なのにやたらとカビ臭い時
中古住宅購入後カビが見当たらないのにカビ臭く感じる時
メゾネットタイプの住まい

本当に厄介です。
そもそもカビ臭を感じると言うのは、嗅覚の問題になります
ので個人差がかなりあります。
カビ臭は必ず原因があるとプレモでは思っています。
立地条件(環境)や構造上の問題、使い方や使われている
建材や劣化状況などから判断し、カビ臭対策の防カビ工事
を行っています。

イメージ 1














目に見えるカビコロニーが無いのにカビ臭い地下室

カビ臭対策の防カビ工事は、全ての防カビ工事(壁天井床、
出来るものは家具そして扉や枠まで)を行う必要があります。
こことここだけでカビ臭対策の防カビ工事を済ます訳にはいきません。

つまり、怪しい場所は全て防カビ工事(殺菌消毒+防カビ施工)
しないとダメなのです。
疑わしき場所は全て防カビ工事だと思って下さい。
※防カビ工事可能箇所と出来ない箇所があります点を
あらかじめご理解下さい。

これから気温と湿度が上昇して来る季節になりますが、今まで以上に
カビ臭に敏感になる方が増えるでしょう。
その時に、費用の関係で限定的な防カビ工事でカビ臭対策を済ますと
ガッカリな結果になることがありますので、ご注意下さいませ。
※カビ臭は個人の嗅覚差があります点をご理解下さい。

一番困るのは、カビ臭のカレーの鍋状態です。
カレーは翌日がおいしいのですが…
(今は菌の問題で何とも言えませんが)

カレーの鍋を洗うと、カレー臭が染み付いていることが多々あります。
実は、カビ臭も同じことがあるのです。
だから、デリケートであり厄介なのです。
そうなる前に、防カビ工事しカビ臭のリセットをお願いしている
ところです。

プレモでは建材や素材により、殺菌消毒や防カビ施工に
使用する薬剤を変えて対応しています。


対応地域は、埼玉県・東京都(離島除く)を中心に神奈川県
・千葉県の一部地域になります。

では。

この記事に


戸建床下のカビ臭が床下点検口や
床下収納を開けると漂う季節になりました。
これから本格的な梅雨→夏が来るとより一層カビ臭が気になるでしょう。

床下のカビ臭は健康上の大敵
でもありますので対策が必須です。
それには、まず床下のカビ臭が発生する原因を知る必要があります。
お客様の住む家が一戸建だと思って書かせて頂きます。

1)床下高が低い(30㎝未満)
築30年以上の戸建でもたまに見られる床下高です。
築20年以内の戸建でも、3階建て・半地下のある家では床下高10㎝と
いうような家もあるくらいなのです。
そうなると床下の作業は出来ませんので、床解体になることがあります。
※床が大きく凹むような状況があれば腐れがある可能性が高いので
解体し造作する際に防カビ工事&敷炭するのがベストだと思います。

2)床下から各部屋に行けない
壁の下にあるコンクリートの内基礎に人通口がありません。
これは問題です。
築30年以上の家に良く見られます。
(実は最近の戸建でもあるので困ります)
これも1)と同じ対応が必要になります。

3)土間の土壌問題
カビは土から発生します。(多くのシロアリも土から発生します)
床下点検口や床下収納を開けた時、土間の色が黒いor茶褐色であれば
土間が多くの水分を含有している可能性が高いので、湿気対策を
講じないといけません。















湿気を含んだ床下土間の色

木部の防カビ工事を行った後に、敷炭することを
お勧めしています。
敷炭には種類があります。
質と量が必要になりますので、くれぐれもご注意下さい。
※備長炭はお勧めしていませんのでお間違いないように。

4)床下木部のカビが酷い
床下点検口裏などにカビがベットリ発生していることもあります。
床下からのカビ臭の大きな原因の1つが木部のカビです。

斜面に建っている住宅
裏や隣に山がある住宅
川や海が近くにある住宅
森林や池などがある住宅
田畑に囲まれている住宅
標高が高い場所に建っている住宅
すり鉢の底のような土地に建っている住宅
標高の高い場所に建っている住宅
浸水し易い住宅
過去に床下漏水事故があってのに防カビ工事していない住宅
挙げたらキリがありません。

皆さんのお住まいは該当しますでしょうか?
たまにはご自宅の床下にも注意を払ってあげて下さい。
※床下換気扇や効果の期待出来ない調湿材の利用をプレモはお勧め
していません。

プレモでは、戸建床下の防カビ工事に力を
入れています。
家の基礎は何といっても床下ですから…


戸建床下で作業出来る環境であれば、プレモは防カビ工事
可能と思っています。
床下のカビやカビ臭が気になった時は、プレモの防カビ工事
をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都(離島除く)を中心に神奈川県
・千葉県の一部地域になります。

では。

この記事に


社宅や公務員宿舎のカビ状況が酷いと思う
今日この頃です。
気温が上昇して湿度も上がってくるとどうしてもカビ臭が
気になって来ます。

冬から春にかけて、結露で濡れた箇所からカビ臭が放たれる
ようになって来るのです。
目に見えるカビ(コロニー)も大量発生するのが今からの時期。

社宅や公務員宿舎の多くは築30年以上の劣悪な住居が多いのも
特徴的です。
壁天井が結露し易く外壁側の壁天井にはカビが大量発生している
住まいも多く見られます。

カビは健康上の大敵です。
特に、成人未満のお子さんには大敵なのです。

それでも、費用が無いから防カビ工事が出来ない。
今までの工事がカビ対策になっているから防カビ工事しない。
防カビ工事の存在すら認めようとしない下請け工務店なども
多く、入居者やそのご家族には困った壁になりつつあります。

イメージ 1














社宅のカビ臭のする押入れ防カビ工事中の様子


管理会社や企業の担当部署の皆さんに社宅や公務員宿舎の
カビ状況を知ってもらいたいものです。

入居者は社員であり、公務員なら地方や国を守る仕事を
しているはずですが、住居にカビがあると家族の健康問題
にも直面しますので仕事に集中出来るはずがありません。

もっとカビ状況を理解して頂ければと思っています。

ちなみに、防カビ工事すると空気が一変します。
カビ臭い部屋ならカビ臭が消えることがあります。
傷んでいる変形している壁紙下地などは交換する必要が
ありますが、そこまで傷んでいないなら防カビ工事で対応
することが可能です。


社宅・公務員宿舎のカビやカビ臭でお困りの時は、プレモの
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都(離島除く)を中心に神奈川県
・千葉県の一部地域になります。

では。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事