ここから本文です
埼玉県の防カビ工事専門業者プレモの防カビ・消臭日記
プレモの防カビ・消臭工事は、戸建やマンション・団地を主に埼玉県・東京都を中心に神奈川県・千葉県にも対応しています。

建築業界・不動産業界ではカビを軽視する
傾向が強くあります。

カビの怖さを知りもせず、自分勝手な判断
をするのが建築業界・不動産業界の皆さん
だったりします。

過去例になりますが、この時もそうでした。

イメージ 1
漏水事故後の壁紙と壁紙下地のカビ

カビだというのに認めないマンション管理
会社や管理人。(爆笑)
見ればカビだと誰でも分かる上に、カビ臭
が超強烈に放たれているのです。
カビ臭だけは、多少するという話をしてま
したね。(爆笑)

カビに対する認識を含めたレベルの低さに
呆れるばかり。


漏水事故後の場合、壁天井下地は解体する
のが一番良いのです。
(漏水被害状況にもよりますが)

その上で、躯体などに防カビ工事する必要
があります。
躯体などにカビだけでなく雑菌なども繁殖
していますので、プレモなら防カビ・消臭
工事で対応出来ます。

皆さんはどう思うでしょう?
漏水事故後に防カビ工事は必要無いと思い
ますか?

漏水事故後のカビでお困りの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。

対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

宜しくお願い致します。

明日は、埼玉県さいたま市大宮区に伺い
ます。

では。


この記事に


家具を動かしたら家具裏の壁紙にカビ
を発見した!という経験をお持ちの方
はいませんか?

ここ数日、たまたまだと思いますが
家具を動かしたら壁紙のカビを発見!
という事例に遭遇しています。(汗)

イメージ 1
家具裏の壁紙のカビ

家具裏の壁紙にカビが発生理由は3つ。
動かない空気湿気動かない空気に
よる一定の温度になるでしょうか。

大きな家具を同じ場所に置き続けるの
は危険です。

出来れば床から1m程度の高さの家具
にして、たまに動かすと家具裏の状況
が分かり易いのでお勧めです。

壁紙のカビや家具のカビにはプレモ
防カビ工事をご検討下さい。

対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

宜しくお願い致します。

では。


この記事に


冬の暖房器具などで部屋の空気が身体に
まとわり付くような状況にするのは止め
ましょう。

湿気が部屋にこもっている証拠です。

湿気が部屋にこもる状況をし続けると
家具裏や家具の中、壁紙(特に膝下高)
や収納内が濡れ続け、カビが発生するの
で注意しないといけません。

イメージ 1
湿気によるコンクリート下地と壁紙のカビ

湿気対策は、ある程度住み方の工夫で解決
出来る問題です。
誰も教えてくれないから」と言って放置
し続けるのは一番やってはいけない行為。

自分で考えまずは実践して下さい。
何が出来るか考えましょう!

カビやカビ臭が湿気がこもり続けると共に
大量発生して来ますので、ご注意下さい。

カビやカビ臭には防カビ工事が第一選択。

カビやカビ臭でお困りの時は、プレモ
防カビ工事をご検討下さい。

対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

宜しくお願い致します。

では。


この記事に


左官天井のカビは健康上の大敵。
当たり前の話です。

カビ胞子が大量に降り注ぐのですから
健康に良いはずがありません。
カビ臭も酷いはずですので、住んでる
方の健康が心配になります。

イメージ 1
左官天井のカビ

結露などが原因のカビが酷くなると上記
写真のようなカビが発生します。
と言っても、なかなか見ないカビです。

左官天井は一般家庭でもあるでしょうが
今回は、〇営アパートになります。

原状回復工事時のカビ対応がいい加減
だったり、結露が止まらない部屋だと
とんでもなく酷い有様になります。

私も8か月ぶりの再下見なので…(汗)
来週早々に伺う予定です。

どうしたら良いのか?の答えは簡単。
防カビ工事をするんです!
その上で出来る限りの生活の仕方の工夫
が重要になります。

何とかしないといけませんが、住まい
全体が酷いでちょっと考えてしまう状況
なので頭を抱えるかも知れません。

何より、生活されている方々の健康が
本当に心配です。

皆さんも、カビによる咳や頭痛・鼻水は
十分お気を付け下さい。

では。


この記事に


それでも基礎内断熱工法にしますか?

床下が低い家があります。
床下高30cm未満の家です。

床下高30cm未満だと湿気が逃げ難い
傾向があります。
つまり湿気がこもりやすいという欠点
になります。

新築なら設計段階で、床下高30cm
未満なら基礎内断熱工法を採用しては
いけません。

後付けで無理やり基礎内断熱工法にする
建築会社などがあるそうですが、これは
カビが発生しやすい危険性を秘めている
ので止めて下さい!

漏水事故・浸水事故が発生すると思って
いる以上に湿気が逃げなくなり、カビ臭
が大量発生することになります。

イメージ 1
床下基礎内断熱工法の吹き付け発泡ウレタン

漏水事故の場合、床を剥がすことは建築
会社もリフォーム会社も考えません。
現状のまま「何とかならないか?」です。

ですが、床下の低い基礎内断熱工法は
湿気が逃げない状況がさらに増強されて
いますので、室内にまでカビ臭が蔓延
してしまうことになります。

やがて、住んでいるお客様の健康被害に
まで直結することもありますので、漏水
事故が発生した場合、基礎内断熱工法の
床下の場合ですが…
床を剥がして一気に湿気を蒸発させる
ことを考えないといけません。

床下にオゾン脱臭機などを置いて臭い
消しのような行為やカビを死滅させる?
的なことをしてもカビは再発して来る
のでオゾン脱臭機によるカビ対策は危険
と言えるでしょう。
※場当たり的な対策は危険です!

理想は、床を剥がしてベタ基礎やベタ
コンと呼ばれるコンクリートに対して
防カビ工事、さらに新しい構造用合板
や大引きに対して防カビ工事する必要
があります。

工事に時間はかかります。
費用もかかりますが、一度で終わること
になります。

いつまで通わないといけない状況は
建築会社にとってマイナスでしかあり
ません。
基礎内断熱工法は、問題ありの工法です
ので採用する際は漏水事故や浸水が発生
した後処理方法を考えて、費用が高くな
るようだと判断したら止めましょう!

一気にカビ対策を済ませ、復旧するのが
筋だと思います。

皆さんはどう思われますか?

では。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事