ここから本文です
埼玉県の防カビ工事専門業者プレモの防カビ・消臭日記
プレモの防カビ・消臭工事は、戸建やマンション・団地を主に埼玉県・東京都を中心に神奈川県・千葉県にも対応しています。

木材にカビが発生する危険が高い。

住宅床下漏水事故発見状況でも変わり
ますが、集成材を含めた木材にカビが
発生することが良くあります。

イメージ 1
気密性の高い住宅床下漏水事故


イメージ 2
気密性の高い住宅床下漏水事故後のカビ

上記写真の赤丸がカビ発生箇所です。
白カビが発生しているのが分かりますか?

気密性の高い住宅の床下と言えども
湿気が逃げ難いことがありますので
自宅床下工法などは理解しておくべき
話になります。

基礎内断熱工法などは最も危険。
漏水事故が半年以上経過している場合は
床下木材の防カビ工事は必須です。

時間の経過とともにカビは発生して
来ますので、カビを軽視しては絶対
いけません。


戸建床下漏水事故後のカビで
お困りの時はプレモ防カビ工事
をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
神奈川県・千葉県にも対応します。

宜しくお願い致します。

では。

この記事に


防カビ工事の出番です。
早期発見・早期治療です。

床下木材(土台・大引き・根太など)
カビが薄っすらと発生している
時点で
防カビ工事しましょう!

イメージ 1
床下木材に薄っすらと発生したカビ

木材に薄っすらと発生したカビを
発見
したら選択は2つあります。
1)木材に発生したカビ箇所だけ
を防カビ
工事する
2)木材全般に防カビ工事をする
※予防も含める

皆さんはどちらを選択しますか?

予算もあります。
日数的な問題もあります。
いろんな考えがあって当たり前。

それでも…
基本は殺菌消毒(漂白脱色殺菌)を
行い、カビの発育阻害環境を作る
べく防カビ施工するのが第一選択。

カビ取りだけ?殺菌消毒だけ?
では防カビ工事とは言いませんし
カビ対策とは書けません。

今一度書きます。
木材に薄っすらとカビが発生した
のを確認した時点で防カビ工事する
ことを検討下さい。

戸建床下のカビ(床下高30cm
未満
は不可)でお困りの時はプレモ
防カビ工事をご検討下さい。
※内基礎に人通口が無い場合
人通口があっても狭く各部屋に
移動出来ない場合。
床下点検口周辺に根絡みや配管が
あり侵入出来ない時は不可となる
可能性があります。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
神奈川県・千葉県にも対応します。
床下防カビ工事は関東一円に対応
しています。
お気軽に相談下さい。

宜しくお願い致します。

では。

この記事に

砂壁がカビ臭い!


砂壁がカビ臭い。
そう感じる今日この頃です。

下見すると多くの砂壁に染みが
発生していることがあります。
さらに、砂壁前に立つとカビ臭
鼻腔を突いて来ます。

イメージ 1
和室砂壁のシミとカビ臭

砂壁のカビ臭は厄介です。
砂壁にこだわる方にはプレモの防カビ
工事は不向きとお考え下さい。

プレモでは、砂壁を掻き落とし下地
に防カビ工事を行い、壁紙仕上げにする
ことを強くお勧めしています。


砂壁は時間が経過するとボロボロ落ちる
ことがあります。
それを嫌がる方もいます。
シミが気になる方もいます。
和室に砂壁を利用している方は健康の
ためにも砂壁にこだわらないで下さい。

砂壁のカビ臭で体調を崩す人もいます。
砂壁のシミやカビ臭は健康上の大敵
なのです。

和室砂壁のカビ臭でお困りの時は
プレモ防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
神奈川県・千葉県にも対応します。

カビ臭以外のニオイでお困りの時は
プレモ消臭工事をご検討下さい。
※ペット臭・腐敗臭・タバコのヤニ臭
小火(ボヤ)臭などに対応しています。

宜しくお願い致します。

では。


この記事に


カビ臭い!
と仰るお客様からの問合せが続いて
います。

夏の時期のカビ臭さは、冬から春に
かけての結露により発生したカビが
原因と言っても言い過ぎではないと
思っています。

イメージ 1
冬の結露により発生したカビ

冬から春にかけて発生したカビは
出来るだけ冬から春のうちにカビ
対策するのが一番です。

カビ対策とは防カビ工事のこと。
くれぐれもお間違いなく。

それでも、出来ないこともあります
ので… そういう時はカビ臭い!と
感じた時に防カビ工事することを
強くお勧めします。

時間を経過させてカビ臭をしない
よりは早めの防カビ工事がベスト
だと言えるでしょう。

カビやカビ臭は健康上の大敵
そのことをお忘れなく。

カビやカビ臭でお困りの時は
プレモ防カビ工事をご検討
下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
神奈川県・千葉県にも対応します。

宜しくお願い致します。

明日は、神奈川県川崎市で2件。
午後は埼玉県八潮市で1件の下見
となります。

頑張ります!

では。


この記事に


漏水・雨漏り・浸水事故後のカビ臭
にご注意下さい。

カビ臭で健康被害に遭うことがあります。
漏水・雨漏り・浸水被害の時は、直ぐにカビが
発生することもありますが、時間差でカビが
発生することも多いので、今カビが発生して
いないからOKではないのです。
安心してはいけません!

イメージ 1
漏水後の天井裏木材のカビ

対応としては当たり前ですが解体
が第一選択。

次に、交換。
浸水の場合は洗いをすることもある
でしょう。

最後に、カビやカビ臭の再発を防止する
意味で防カビ工事が必須です。

解体をしてもカビ臭が酷く残留すること
がありますので、建材や木材交換だけ
では対応し切れないことがあります。

ちなみに、消毒用エタノールなどのアル
コール系は効果ありませんのでお間違い
無いようにして下さい。


プレモでは、カビ臭には防カビ工事。
カビ臭以外のニオイには消臭工事で
別途対応しています。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
神奈川県・千葉県にも対応します。

宜しくお願い致します。

では。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事