あほたれ報告

古い記事を修正すると、「あなたがコメントした記事」が上がるのね?すまん。
イメージ 1


この図柄はずいぶん前から知っているような気がするけれど
マルセイバターサンドの六花亭のものだったのだね。
(帯広のお店には、選び切れないほどの和洋菓子があったよ。)

私の母が、こんなポチ袋を作っていたのを思い出して
作ってみた。


「なわしろいちご(ナワシロイチゴ)」は知ってる。近所にある。
「えぞりゅうきんか(エゾリュウキンカ)もゴールデンウィークのキャンプのところにあるヤツの仲間だろうから、何となくわかる。

「はまなし」そう、はまなし。はまなす。

  _______


イメージ 2

北海道旅行の初めのころ、海におりたくて寄ったオホーツク海沿いの道の駅かどこか。の近く。
(海におりることが出来なかった。)
(すてきな地下道を通って海の近くに行ったのだったっけ?)

オソロシイとげとげの植物にミニトマトぐらいの実がたくさんついていて
ミイラになっているような実もたくさんあって。

「この形、ローズヒップ?この間「みほちゃん」ちでいただいたローズヒップティーのローズヒップ?」

とげがあるし葉のつき方もそれっぽいから「バラ科」だと勝手に決めて
いつかどこかで見た「バラ科植物には毒が無い」という信頼性皆無の知識から
水分たっぷりの実をひとついただいて、前歯で少しかじった。

ローズヒップティーの味がした。びっくりした。

  _______


イメージ 3

旅行の終わりごろ、余市のウイスキー工場で同じ実を見た。
終わりがけの八重の花もあった。


イメージ 4


「ハマナス」と書いてあった。


  _______


私は「記憶力に難アリ」っぽいけれど
忘れずにいる何かはある。

  _______


年末のあれこれを早く終わらせて、早めに実家に帰ろう。


思うんだけどねぇ。

この記事に

ザボン(下の娘)からのおみやげ。
ガチャガチャの「ハイパー泥だんご」。どろだんごキット。
(ワタシちゃん、いつどこで買ったか、ひとつ持っているんだけどね。ふふ。)


イメージ 1


せっかくだから作ってみた。



イメージ 2


外側にまぶす砂の加減が、出来上がりを左右するっぽい。
(色がこいところは上手く出来たところ。)
(説明書どおりに作ったつもり。)


  _______



ふたつある土の袋の、どれが「土台」でどれが「みがき粉」か?が書いてなかった。
ワタシちゃんは大人だから、土の粒子の細かさで理解したけど。

ガチャガチャカプセルに、土を濡らすためのチャック付きポリ袋が入っているのは、うれしくて泣けた。

「水9cc」を量るのは、ちょっと難しかった。
チャック付きポリ袋は無くてもいいから、水9ccを量るヒントが欲しかった。
ペットボトルキャップは、6ccぐらい?
(計量スプーンを持っていない人もたくさんいらっしゃると思う。)
(今の生活で身近な何かで「9cc」を量りたいねぇ。)


  _______


楽しい数時間だった。







この記事に

イメージ 1
(2016.00.00 何月だったか。風の強い日の知多半島からもらってきた砂を、洗って乾かしたもの。)

  _______


砂時計を作りたいと、ずっと思っていた。

ペットボトルで作る砂時計は私には難しくて
「会」の偉い先生みたいにガラスを扱うことも出来なくて。

  _______


イメージ 2
(2017.10.00)

近所の砂丘のお祭りで出合った「砂時計」!!!!!
南知多の方たちの砂時計ワークショップ。

鳥肌が立つくらい感動して、作ってきた。

(そこから、「会」方面のすてきなあれこれがあるが、それはまた今度、たぶん。)

  _______


イメージ 3


そのやり方があるのか!!!、と
手持ちの材料で作ってみた。

むふ〜ん。


  _______


イメージ 4


100円ショップで材料を買って、また作った。
(枠をどうにかしたいな。)
砂が落ちた後の、相似形の三角によろめく。

  _______


イメージ 5


料理に使う計量カップで砂を量ったのはヒミツ。
(砂の量を計算したんだよ。)

くすくすくす。

  _______


「砂」のことを考えていたら

・小学校の同級生に「旅行土産だ」ともらった、チョコベビーの入れものに入った青白いきれいな砂のことや
・(「星砂」なんてものももらったな。)
・小学校から中学校にかけて過ごした湘南の砂が黒かったことや
・「鳴き砂」というものにあこがれていた気持ちや

いろいろ思い出した。


  _______


世の中すべてのことを理解して自分のものにすることは出来ないから、分かる努力をしないけど

私は、三角と同じくらい「砂も好きだ」ということが分かったよ。


(2015.03.09.「三角形」



  _______

この記事に

イメージ 4


先日の三角(↑)は




イメージ 1

これと


イメージ 2

これになった。


「会」の活動の制作見本みたいなヤツ。
電子工作用の半田ごてでウッドバーニング。
箱作りは割と簡単なので、よかった。

 
「ペンローズの三角形」は微妙に失敗している。
背景を一番暗い色にするのがよかったかも。
一番暗い色と二番目に暗い色の間の色にしようか?迷い中。

 _______


箱に入っているのは

先日イベントでやった「紙とんぼ」材料と
(みなさんそれぞれお喜びだったと思う。)

北海道旅行で買った「ムックリ(楽器)」と、そのコピー。
(竹とんぼにハマる予定だったのに、ムックリ作りにハマった。)
(輪切りの竹でいくつか作ることが出来るので、いくつか作った。けど、これを面白がってくれそうな知り合いがいない。)

(ムックリを求めた阿寒のお店のことを3時間ぐらい話したい。)

イメージ 3

この記事に

コンパスと定規で製図

イメージ 1

コンパスと定規で製図したものを、縮小コピーして塗り絵。
楽しい。




馬鹿だなぁ。

こんなことはパソコンでやればいいのに。


  _______



(気持ちはまだ、半分北海道。)

この記事に

イメージ 1

北海道に遊びに行ってきたんだけど、何から話しましょうか。
(たぶん詳細を話さない。ひひ。)



イメージ 2

海で石拾いをした。
写真左下の石は、光を通す石。


イメージ 3

下から光を当てるとこんなかんじ。



イメージ 4

(別の海岸で)軽くてきれいな黒い石。

石炭???
石炭だよねぇ。

ポンカン(息子)がキャンプで使おうと思ったのか、もりもり拾った。

  _______


学校を卒業して就職したポンカンが、半年ほどで仕事を辞めた。


ポンカン「旅行でも行こうかなぁ。」
私「どっちの方?」
ポ「北海道。…?」
私「わぁいいなぁ。そう、北海道。いいねぇ〜〜〜。」
ポ「……行く?」
私「!!!(鳥肌)」

半年分の貯金があるっぽいポンカンと
有償ボランティア謝礼や、家族の髪を切るたびのちまちましたへそくりがちょっとだけある、ず〜っと無職の私。

いろいろ思うことはあるけれど
とても自分勝手だけど
私は、ここでお金を使って後悔することは無いだろうと思って、ふたりで北海道に行ってきた。

北海道に行ってみたいと思っていたが、現実のこととして考えたことは無かったので
へっぽこ珍道中だった。
ポンカンも北海道について詳しくなかったし。


(とりあえず終わり。)

この記事に

金沢観光

イメージ 1

どうやっても自分が写っちゃうオブジェ。

21世紀美術館は、無料スペースだけくるりと。

ダンナにリュックを持っててもらって、川越ゆりえさんの「弱虫標本」。
精神が引きずり込まれないように気をつけながら拝見した。

  _______


イメージ 2

金沢駅を見たかった。

見た。


イメージ 3

金沢駅写真の背中にあった水時計を見る時間が長かった。
「WELCOME」とかになるんだよ。
うん、来た。来たよ。

  _______


イメージ 4

金沢駅によろめく人は
ちょっと足を延ばして、この建物を見るといいと思う。
金沢港大野からくり記念館。


イメージ 5

建物についての紙をもらったけれど、まだ読んでいない。
読んでも理解出来ない気がする。


イメージ 6

入館から1.5時間で閉館だったので
窓際にあった木製パズルのほとんどは、見ただけ。
(行くのが遅過ぎ)
建物の真ん中の部屋の展示がとても興味深かった。


また行きたい。


  _______


あぁそうだ。

石川県の県章がカッコイイのだ。写真は無いけど。

車窓から県章を見て
「「能登半島の形の、漢字の県名」の石川県の県章、知ってた?カッコイイねぇ〜〜〜。」
と騒いでいたら

ダンナは「(25年以上前にふたりで)能登半島に行ったときに何度も見たから知っている」らしかった。

  _______


無理して行かなくてもいい用事だった。
用事にかこつけた観光。ふふ。


(「工作」書庫にしたのは、工作のヒントをたくさん教わったから。)

この記事に

イメージ 1
(2016.07.00 撮影)

何も作っていないのに、1年で500グラムの木工用接着剤を使い切ってしまった。

「何で?」と思ったら




イメージ 2
(2017.10.04 撮影)

こんなもの(猫の爪とぎ)を作っているからだった。

1キロの接着剤を買ったよ。ふふ。


イメージ 3 

2枚目の写真を撮ろうと思ったら
ねこが来て、長いこと「ばりょばりょ」していた。
ごめんね。どの爪とぎも爪が掛からなかったね。

うちのねこ、段ボール製の爪とぎだけで爪を研ぐ。いいこ。
(カラーをつけているのは、盆休みに家族がいたりいなかったりしてハゲが出来たから。もう外していいと思う。)

 _______


私は木工用接着剤のことを「ボンド」と言う。
紙や木で何かを作るときはボンドを使う。
封筒に封をするときも、紙やすりで傷をつけたつるつるした紙同士をつけるときも、ボンド。

よく行くホームセンターで目につくのが「セメダイン木工用」なのでそれを使っている。
ちと、水っぽい気がする。

小さい入れものの口は、黄色い入れものの「ボンド」が使いやすい。
けど、入れものに詰め替えるときには、白い入れものの「セメダイン木工用」のが入れやすかった。
(私が持っているボンドの入れものの、本体と口部分がはずれなかった。)
(説明がヘタ。)

この記事に

写真を何百枚撮っても
目の前にあるものを記憶に留めておくことは出来ないことが分かって
手帳にはさんだメモ紙にかいた。

四つ折りにしたメモ紙の左上からかき始めて
「あ〜やっぱ足りない」と紙を広げながら、かいた。



イメージ 1
(右の方にある黒い縦すじは紙の折り目)


「川に大きなひすいがあるところ」というおおざっぱな知識だけで行ってみたら
とてもとてもいいところだった。

ひすい以前に、明星山の石灰岩の大岩壁にぽか〜んとした。





イメージ 2

ダンナが飽きて車で昼寝の間、私は護岸の石を見たりクルミをみつけたりした。
写真は、ネズミか誰かが穴をあけたオニグルミ。置いてきちゃったけど。



イメージ 3

オニグルミをふたつみっつもらおうと思っただけなのに
何故か「ヒスイ峡のパンフレットをくださったおじさん」とクルミ採りをした。
おじさんと採ったクルミ(と、高浪の池で拾ったクルミ)。

帰りがけ、おじさんは「わたしが朝とったものだけど」と、スーパー袋のクルミを私にくれようとした。
お気持ちだけいただいた。


イメージ 4
(帰宅して写真を撮った。)

小ぶりのホオズキはいただいた。

(少しの時間だったけれど、楽しかったんだよね。)




おじさんに「雪がたくさん降りますか?」と聞いたら、3メートルぐらい積もるとのことだった。
スキーを履いて来るとのこと。
大岩壁に降った雪が落ちるときの鋭い音や、カモシカの足跡の話をしてくださった。

見ることも聞くことも無いだろう冬の景色を、私は忘れないと思う。

この記事に

鳴く虫が来てくれた

(虫嫌いの方ご注意あそばせ。)





庭で鳴くコオロギが「ミツカドコオロギ」だとしたら
その角ばった顔を見てみたいものだなぁ。

捕まえてみる?

いや〜無理。庭はジャングルだし、私はトロいし。


などと思っていた。


  _______


火曜日の朝


イメージ 1


細く長い触角をもつ15ミリほどの薄茶色の虫が、速足で歩いていて。
じっとり汗をかいて捕まえたら、Gではなかった。
ぎゅ〜っとしたティッシュの中でばらばらになっていた。
何とも気味が悪くて、ゴミ箱に捨てた。

少しして「あ!」と思って調べたら、「カネタタキ」のオスみたいだった。
顔も、黒っぽい短い翅みたいなのも、跳ねる足も、カネタタキだろうなぁ。

  _______


水曜の晩

洗濯ものにコオロギがついていた。じっとしていた。
眼鏡をかけていたので、つぶさず、捕まえた。


イメージ 2

庭で鳴いているのはあなたのお友だち?


イメージ 3

ハラオカメコオロギ?


(声を聞かせてくれたらいいのに、鳴かない。)
(そりゃそうだよね。こんなところは怖いよね。)

  _______


日曜の晩に台風がかすって、短時間だったけど風雨が強かった。
(2階の窓がちゃんとしまっていなくて、1階が雨漏りしたのはヒミツ。)

その風雨から身を守るために家に入っちゃったのかもなぁ。

火曜の晩、畳にナメクジがいたしね。


ひぃぃぃぃ〜〜〜っ。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事