松尾光太郎 de 海馬之玄関ブログ

大東亜戦争後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた「戦後民主主義→リベラル派」を果敢に批判します

俱楽部案内

すべて表示

<改訂版>自薦記事一覧:保守主義の憲法論と社会思想−憲法学の再構築と占領憲法の破棄・改正を求めて

もう2年前のこと、しかし、2014年7月1日は保守派にとって記憶に残る日です。安倍内閣が集団的自衛権の政府解釈を変更した日だから。「国際法上持ってはいるが憲法上行使できない権利」なるものとして、論理的には噴飯ものだった前の政府解釈も、しかし、その変更に40年以上の時間と労力を要したということ。そして、この政府解釈の変更を受けての、昨年の安全保障法制の実現。感無量。 蓋し、集団的自衛権の政府解釈の変更の問題は、実に、どんな些細なことでも一歩でも半歩でも、リベラル派や特定アジア諸国に対しては譲るべきではない−−それを新たな橋頭堡にしてリベラル派や特定アジア諸国の反攻が始まるから−−ということが、本当に<学習>できたイシューではなかったかと思います。 更に、朝日新聞というか毎日新聞というすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

すべての法学は「法とは何か」の問いへの回答である。 これが、私の恩師の一人、英国法哲学研究領域での世界的権威・八木鉄男先生から教えていただいたことのαでありωかもしれない。今、私は ...すべて表示すべて表示

昭和の日

2017/4/29(土) 午後 7:53

「みどりの日」なんて祝日名にした国会議員らは誰だったのだろう。最初から「昭和の日」にならず、その名称変更のために、法改正案が3回も提出されなければならなかったそうだ。 いま、産経新聞で、昭和天皇の母上、貞明皇后のバイオグラ ...すべて表示すべて表示

> Go to South Korea at your own risk, plea ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事