松尾光太郎 de 海馬之玄関ブログ

大東亜戦争後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた「戦後民主主義→リベラル派」を果敢に批判します

俱楽部案内

すべて表示

<改訂版>自薦記事一覧:保守主義の憲法論と社会思想−憲法学の再構築と占領憲法の破棄・改正を求めて

もう3年前のこと、しかし、2014年7月1日は保守派にとって記憶に残る日です。安倍内閣が集団的自衛権の政府解釈を変更した日だから。「国際法上持ってはいるが憲法上行使できない権利」なるものとして、論理的には噴飯ものだった前の政府解釈も、しかし、その変更に40年以上の時間と労力を要したということ。そして、この政府解釈の変更を受けての、一昨年の安全保障法制の実現。感無量。 蓋し、集団的自衛権の政府解釈の変更の問題は、実に、どんな些細なことでも一歩でも半歩でも、リベラル派や特定アジア諸国に対しては譲るべきではない−−それを新たな橋頭堡にしてリベラル派や特定アジア諸国の反攻が始まるから−−ということが、本当に<学習>できたイシューではなかったかと思います。 更に、朝日新聞というか毎日新聞といすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

本稿は下記拙稿の続編というか余滴(「解題」的な後書き)です。而して、実は、朝日新聞の「(憲法を考える)「改憲」ってなんのために? 本来はどうあるべきか…ケンポウさんに聞く」(2017年10月31日)という記事 ...すべて表示すべて表示

足立議員の「朝日死ね」に朝日新聞が社説で反論! 日本維新の会の足立康史議員の「朝日死ね」が物議を醸している。 足立氏は罵倒した石破、玉木、福山らの議員に対して一応発言の謝罪と撤回を表明したが、朝日新聞だけは撤回しないと頑張っ ...すべて表示すべて表示

▼国民の声は「与党の質問時間を増やせ」   https://ameblo.jp/akiran1969/entry-12328723212.html 蓋し、国会の機能の一つが「内閣:行政府」をチェッ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事