木村沙織がオリンピックで出場したとき、非常に注目を浴びていました。というのも、木村沙織選手がすごかったのは、中学の頃からです。高校に進学すると、木村沙織選手は、腰の状態が非常に悪く、立つのもままならない状態だったといわれています。


そんな木村沙織選手の初めての対戦相手国は、イタリアでした。日本代表として初めてオリンピックのスタメンとして出場した木村沙織選手。そのプレーではあれこれとありましたが、全日本女子チーム2大会ぶりのオリンピック出場に貢献しています。

木村沙織選手はその後、インターハイの関東予選に出場していますが、予選敗退。ですが、その時から木村沙織選手の実力は確かなものがありました。その証拠に、全日本ヨーロッパ合宿にも招集され、イタリア4ヵ国競争戦などに出場しています。

その時の最高峰のプレーを目の当たりにした事で、木村沙織選手はワールドグランプリに出場し、活躍の舞台へ一歩近づきます。。ですが無念なことに、日本は予選落ちとなり、木村沙織選手も目立った活躍は出来なかったのです。

この記事に

株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)投資の経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)がない方でも、株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)は安い時に買い、値上がりした時に売ると利益が出る、と言うことは知っているかと思います。

例えば、5万円で株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)式を購入したとします。その後、その株式が8万円まで上昇したので、この株を売却する事にします。売買手数料等を考慮しなければ、8万−5万で売却時の利益は3万円となっているのですね。以上のように、株が値上がりしたタイミングで売買して、利益を得る方法を売買益(キャピタルゲイン)と呼んでいます。また、株は配当によっては利益を得る事が出来ますが、この配当による利益は資本利得や(インカムゲインと呼ばれているものです。

通常、株は値段が低い、または、今後値上がりするだろうと予想した際に購入します。けれど、それ以上に値下がりしてしまう可能性があるのです。そういう時に、一度購入した株を売却し、もっと値下がりした時点で再び購入する方法があります。この場合、株をそのまま保有し続けた場合と比べると、一度売られて再び下の値段で買い戻した時の方が、より少ない資金でその株を購入出来た事が判ります。この差額の利益を買い戻し利益といいます。

また、基本としては、株は安い時に買い、値上がりしたタイミングで売って利益を出しますが、先にうって後から買い戻して利益を出す事もあるかもしれませんね。それが、信用売りです。信用取引は売りからでも入れる為、株価が下降している相場でも利益を出すことが出来ます。しかし、信用取引は予想以上に大きな損失を出す危険性もありますねので、初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)の方は手を出さない方が良いでしょう。
http://www4.hp-ez.com/hp/stokerwoman

この記事に

初心者が株投資を始める場合に、わすれてはならない事が株の売買には手数料が掛かるということです。株取引(株を買うと、株主になることができ、その有価証券を発行している株式会社に出資したことになるのです)のイメージとしては、10万円で株式を購入して、11万円で売却すると、11万円−10万円で10000円の利益を得る事が出来ると考えると思います。

けれど、ちょっと待って下さいね。そこには、売買手数料が含まれていないのです。売買手数料とは、株を売買するにあたって仲介役を行ってくれる証券会社に対して支払う手数料です。この手数料を念頭においておかないと、僅かな利益で売買を繰り返した場合に、最終的には結局、証券会社(大手ネット証券としては、楽天証券やマネックス証券、カブドットコム証券などが有名でしょう)に支払う手数料の方が多くなり、トータルで損失が出てしまった、と言った可能性もあります。通常、売買手数料は株を売買した代金の何%と決められている事が多いようです。

けれど、証券会社により定額の手数料を設定し、取引の回数には無関係に一定の手数料を差し引くようにしているところもあります。最近では、証券会社同士で手数料の競争化が激しくなり、手数料をできるだけ低く設定してあったり、手数料無料を打ち出していたりする会社もあるようです。

個人投資家(機関投資家に対して、個人での投資を行う人をこう呼びます)にとっては、いかに売買手数料を少なくするかで利益の幅も大きく変わってくるでしょうので、手数料の安い証券会社を選ぶ事も重要なんです。また、手数料が安いに限ったことではなく、貴方の投資スタイルに応じた手数料の料金体系が組まれている証券会社(野村證券や大和証券、みずほ証券が大手証券といえるでしょう)を探す事も大切でしょう。
http://maruta.be/adultchildren

この記事に

株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)投資ときくと、初心者でしたら危ない投資法だとイメージ行う人もいらっしゃるとは思います。何故か昔から、「株は危ないから、初心者は手を出すな」なんて言われていますよね。

けれど、実は株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)投資は安定志向の方に人気がある投資法、とも言われているように、株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)投資において膨大な借金を背負う事はまず無いと言ってもいいのです。株投資には二通りの手段があります。一つ目は、「現物取引」です。

自分の資産の範囲内で株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)式を購入する方法で、万が一、投資していた会社が倒産したとしても、投資した資金が戻ってこなくなるだけです。膨大な借金を背負う事はありません。ただ、現物取引の時にも、その投資資金を作る為に借金をしているような場合は、また話が違うのです。最初に投資した資金額よりもかなり下回ってしまった際には、借金が残ってしまう可能性もありますね。

二つ目は、「信用取引」です。証券会社(有価証券の売買を行ったり、売買の仲介を行ったりする会社のことをいいます)に保証金を預ける事で、手持ちの資金以上の金額で株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)の売買が行えるようになります。この場合、大きなリターンが期待出来るのですが、その分、投資に失敗した場合には大きなリスクを負う事になります。

このような取引を行った場合は、株(ネットでのトレードが主流となっていますね)で膨大な借金を背負う危険性があるでしょう。そう言った事から、初心者の場合の株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)投資は現物取引だけで行い、資金も生活費を除いた余剰金で行う事がおすすめです。膨大な借金を背負いたくなければ、間違っても信用取引には手を出さないようにすることが重要です。
http://nicotinic.jugem.jp/

この記事に

ファンダメンタル(精神面を鍛えることで、いつも以上の実力を発揮できることもあるでしょう)ズ分析って、ご存知ですか?何らかの投資経験がある方でしたら一度は耳にしたことがある言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)だと思いますが、ファンダメンタルズ分析とは、投資における分析手法の一つです。

良質な株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)を安値で購入する為には、その企業の安定性や成長性、業績等のチェックが絶対に必要になります。ファンダメンタルズ分析では、現在の景気の動向等を考慮しながら、企業の情報をトータル的に分析し、将来の株価(約定にまで至らない場合には、気配値・けはいねといいます)を予想します。そして、株価が今、割安な状態にあるのか、割高な状態にあるのかを見極めるとされているんです。株価が割安だと判断され、且つ、今後上昇すると予想された場合に限り、その企業の株を購入すると、利益が出ないリスクをかなり抑える事が可能ですね。ファンダメンタル(日本語で精神的といった意味合いです)分析に利用される指標の主なものとして、

・株価(約定があった時の直近価格ですね。株式投資をしていれね、気にせずにはいられないでしょう)収益率(PER)
・株価(約定にまで至らない場合には、気配値・けはいねといいます)純資産率(PBR)
・自己資本利益率(ROE)
・資産(動産、不動産など色々なものがありますね)収益率(ROA)
・配当利回り

等が挙げられるのです。これらの指標を基にしてスクリーニングを行い、経済分析とともにその企業の株価(ちょっとしたウワサやニュースなどでも大きく変動してしまうことがありますから、注意が必要でしょう)を予測することが一般的です。株(ネットでのトレードが主流となっていますね)を購入する際に、自分が好きな企業(がっちりマンデーで取り上げられると、好感度が上がる気がします)や勘で儲かりそうな企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)の株を購入する事も、当たり前のことですが悪い事ではありません。

けれど、それではギャンブルと何ら変わりはありません。冷静に、色んな市場のデータを基にファンダメンタルズ分析を行ったら、株投資において確実に利益を上げる事が可能となるのです。是非、銘柄(株式投資の際には、慎重に選ぶ必要があります)選びの際の参考にしてみては如何でしょうか。
http://handeczema.exblog.jp/10550741/

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事