日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

古いNEC製のデスクトップPCが故障した。
PCの電源をONにすると電源(LED点灯やファンは回る)は入るものの、OSの立ち上り画面が表示されるまでに数十秒掛かる時もあるし、全くOSが立上らないときもまた、立ち上る途中にフリーズするなど不安定な症状が出始めた。
 
一応、念のために本体の帯電による影響があると思い放電作業を施し、電源ONしてみたら普通に起動した。

そして何度も再起動して確認するも普通に立ち上がり、治ったと思った。

しかし、数分間の間を置いて、起動してみたら症状が再現しOSが全く立ち上がらなくなってしまった。
 
故障はマザーボードなのかHDDなのか電源ユニットなのか・・・
PC自体、今更のXPマシン(NECVL570)でちょっとした事務的作業しか使用しない古いのですが、経過年数からしてどこの電子部品が故障してもおかしくないと思います。(HDDだけ以前に交換経緯有り)

イメージ 1



電子部品の中でも電解コンデンサーは故障の定番なので、まず電源ユニットを分解して電解コンデンサーを見てみると、やはり電解コンデンサーが2個パンクしていました。

イメージ 2



今回、修理して治るか否か、自分の経験のための教材とし修理してみることにした。


パンクしていた電解コンデンサーは台湾のLTec製で6.3V、1000uF105℃)の2つでした。

イメージ 3


近くのパーツ屋には類似品が無かったので日コン製の10V1000uF105℃、低ESR)を購入。

(部品密集部分の部品交換はメーカーによって容量が同じでもサイズが違う場合があるので、サイズも気にすると良いと思います)


該当コンデンサーの回りには他部品が密集しているので取り外す際は、間違って無用な部品に半田コテを当てないように注意が必要です。


イメージ 4



新しいコンデンサーに入れ替え、仮組立てしてから電源を投入したら見事にOSが数秒で立ち上がった。

今回、故障前の直近よりも立ち上がり方が早いように感じた。


尚、コンデンサーの部品代2個の240円で修理が済みました。

イメージ 5


念のためにマザーボード側の搭載している電解コンデンサーは目視確認して異常はなかった。














10年前のパナソニック製42型プラズマテレビTH-42PZ88が不具合症状を頻発して発生するようになる。(音声は正常)

不具合(ほぼ故障に近い)症状は、TVを点けて暫く(暑さによる)経つと画面が赤っぽく縞状になる。

イメージ 1



TV背面の空冷用ファンから熱い温風が吹き出しているためか窓全開でも室温は高めです。(部屋の間取りにも寄りますが)


どうやらTVが熱中症に罹るようですw


なので、TV背面に扇風機を設置し強制空冷してあげると画面が元に戻ります。


恐らく、部品の耐熱性能が劣化し耐性が低下しているのかも知れません。




次は熱の影響に関係なくTVを観ていると画面が半分映ったり、チラついたりします。(音声は正常)


暫くすると自然に元に戻ったりすることもありますが、強制的且つ原始的にチラついた時に画面の縁を拳で12回強く叩くと直りますw


恐らく、これは接触不良か半田クラックなどが原因と思います。

(自然に戻るのはスピーカー(音声)の振動の影響があるかもしれません)


イメージ 2

イメージ 3


TVを業者に診て貰ったらプラズマパネルの故障で修理すると20万位と、当然に買い替えです。


尚、スタンバイランプの点滅で故障症状を特定できますが、今回は出ていません。


最近、有機ELTVもありますが消費電力がプラズマ並みなので、これもいい暖房器具を兼ね備えているのだろうか?


まあ、買替は液晶TVにしておきます。


JVC製のビデオカメラGZ-HM570を購入し8年目で2回目の故障です。

今回の故障症状はモニター画面が真っ黒で何も見えない状態です。

故障予兆として撮影中に突如、モニター映像全体が薄赤っぽくなり、そしてモニターに薄っすらと映像が映る程度まで光量(バックライト)が落ち、終いには真っ黒で何も見えなくなり、あっという間の故障でした。

イメージ 1



モニターを開くと起動音(Everio♪)や故障直後には操作音が聞こえるので本体側は問題なさそうです。
 
実は4年前にも故障しており、モニターに映像が映らない症状で修理し、原因はモニターと本体を繋ぐフレキシブル基板(FPC)のクラックで配線が断線していました。(私の過去のブログ参照)
 
今回、最初はモニターが死んだかなと思い買い替えを考えましたが、1回目の修理履歴を見ると新品購入して3.5年で故障修理し、そして今回は前回修理してから4年が経っていることを知り、もしかしたら前回同様なFPCのクラックと推測し修理に出すことにしました。


修理結果は、やはり前回同様でFPCの断線、破断(修理の際、破断し掛かっている状態を交換作業で破断させたか、修理前から破断していたかは不明)で同じ場所でした。


過去のブログでも次回の故障を予想はしていましたが、的中した形でやはり設計的な問題と考えます。

イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4



持ち込みの修理費用は部品代1000円(前回修理時は700円でしたが)、技術料7900円の消費税込みで合計9612円でした。


一時は買い替えも考えましたが安い物でも23万円と、今回は結果的に安く抑えられたと思います。


イメージ 5





今回も修理しましたが、また4年前後に断線故障すると予想できますが、次回は保守部品が無い可能性もあり次の故障時は買替えかビデオカメラを卒業ですかね。(子供の成長と共に使用頻度も少なくなっているので)

 

参考までにモニターのヒンジ部分のFPCは他ビデオカメラメーカーでも同様な問題はあると思います。


今回、修理の際にJVC側に確認したら今発売されているJVCビデオ製品も、今回のようなFPC単体の交換が可能な構造なので断線した場合は安く修理ができますが、他メーカーはFPCとモニター又は本体基板と一体化されている可能性もあり、修理となると関係無い部品までも交換を余儀なくされるため高い修理代となる可能性があります。 



ちょっと気づいた点として、今回の件と関係ありませんが当ビデオカメラの内部メモリに録画保存してあるファイルをバックアップするつもりで編集からSDカードにコピーやムーブした場合、ファイル情報の撮影当日の日時でなく、コピーやムーブした日時に書き換えられてしまうので要注意です。


(下記サンプルは一例で、910日に撮影したファイルがコピーやムーブすると911日に書き換えられてしまう)


バックアップするときはUSBケーブルでPCにコピーやムーブすることをお勧めします。(撮影当日の日時はそのままです)


イメージ 6





先日、YahooからYahoo JAPAN Login Alertというタイトルでメールが届いた。

イメージ 1




内容を見ると、今回の私の場合はアメリカからログインされたというメールでした。


当然、私がアメリカからログインしたわけでもなく余話、不正ログインされたようです。

イメージ 2



ログイン履歴を見ると履歴として残っていました。

イメージ 3




不正ログイン対策は色々(シークレットIDやワンタイムパスワードなど)ありますが、とりあえず現行パスワードを早速に変更しました。


そして、海外からのアクセス制限を有効しました。

(メール画面から“設定、利用規約”→“メール設定”→“海外からのアクセス制限”→“有効”)


一応、私のパスワードは英数字と記号の12桁で単語など含まない、使い回ししていないパスワードでしたが今回のことで、これでも破られるんだと思った次第です。(セキュリティソフトは導入しています)


また、カスペルスキーのセキュリティパスワードチェックで旧パスワードを入力してみたら解読に146世紀とのことでした。


ただ、過去にYahooUS)の方で顧客情報が何度か漏れており、YahooJAPAN側は関係ないと言っていましたが本当か嘘かは分りません。


幸いのことに実害はありませんでしたが、恐らくTポイントや他社クーポンコード、Yahooウォレット、クレジット番号などのメール内容や登録情報を盗もうとしたのだと思います。
(今回、登録情報の住所などの個人情報は盗み見されたと思います)


















Win10EI11Yahooのフリーメールを年末まで普通に開くことが
出来ていたが、年明けに開いてみたら途中でフリーズしたかのような
メール一覧(下記)までは開くが、メール内容の確認や削除など全く操作
が出来なくなった。
(一般的な各サイトは普通に見れるが、このメールだけ見れない)

イメージ 1






その後も新着メールの着信は来るものの、内容が見れない状態は続く・・


最初はYahoo側のサーバ障害と思い1日間放置し、復旧するのを待っていた
Yahoo側のお知らせも無く、何かがおかしいと思うように・・・


PC、モデムの再起動をするも状況は変わりませんでしたが、iPadWiFi
Yahooメールを開くと普通に見れた。


少なくともYahoo側やモデム側が原因ではなさそうです。


その後もEdgeChromeのブラウザで開いてみたもののメールは見れず、
ブラウザが原因ではなさそうです。


Yahooヘルプの内容を参照しながら一通り行ったが改善することは
できませんでした。


原因が分らず、何となくネット検索で調べていたらカルペルスキーの

名前が・・。


もしや今、導入しているカスペル(インターネットセキュリティ2018)が
邪魔している可能性があるもでは?と思い調べてみたら、どうも“バナー
広告対策”がブロックをしているようで“バナーを許可するwebサイト”で
Yahoo.co.jpのアドレスを入力し有効したらyahooメールが開けるように
なりました。


カスペルの定義データベースの自動更新時にいつの間にかにYahoo
アドレスが消えてしまったのかも知れません。


もうカスペルを3年以上使っていますが今回のようなことは初めてです。

イメージ 2




全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事