日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 我が家の暖房は石油ファンヒーターを使用しています。
石油をスタンドで購入する頻度も少なくないため毎度、面倒と値段高いなあ〜
(今現在、88円/L)と思いながらも仕方なく購入しています。
 
 我が家のファンヒーターは、どの位を消費しているのか知りたくなり概略調べることにしました。
石油タンクを満タンとし、どの位の時間で給油ランプが点灯するのかを・・・
(燃焼時間測定)
 
主な測定条件
・木造15畳タイプ石油ファンヒーター(ダイニチ)、タンク容量は9リットル
(メーカー仕様の燃焼時間、大火力時16.5時間、小火力時75時間)
     設置場所は木造住宅2F(15畳リビング)、設定温度は18〜20℃(日中、日差しが入るため、1Fよりも温かめ)
     主な運転時間帯は5時〜21時の16時間/日ぐらい(外気温08℃程度)
 
結果はタンク1缶満タンで36時間30分程度の燃焼時間でした。
(あくまでも我が家の場合です)(結果を換算すると約4h/L又は、約0.25L/hの消費)
尚、電気代は約120円(25円/kw換算)となりました。(約3.3円/h)
灯油代+電気代で約25.3円/hという結果になりました。
 
 エアコンと比べて安いか高いかは、残念ながら我が家の15畳リビングのエアコン
は200Vのため今回は実測定不可ということで比較できませんでした。
 
 参考までに製品仕様を見ると消費電力は960W(18畳用のエアコン)で
恐らく、最大運転時の値と思います。
温度次第で消費電力は変動しますので平均の意味で480Wと考えると12円/h
(常に最大運転でも24円/h)となりますのでエアコンが安いということに!
 
 エアコンは電源を入れても運転開始までに時間が掛かるのと霜取り運転時は
暖房運転が停止することもありますのでお互いの欠点を補うような使い方が良いの
かも知れません。
 
 石油ファンヒーターは毎年、新しい機種が販売されますが、これと言って目新しい
機能はありません。
個人的にはサーキューレーターが搭載されているファンヒータもあっても良いような・・
(まあ、何でもかんでも搭載すれば良いというものでもありませんが・・
 
 
 あるスーパーで果物のキューイの販売促進を行っていた。
その時、子供が販促しているお姉さんからバルーンを2つ貰ってきた。
正直、邪魔な物を貰ってきたなあと思いながら、飽きれば捨ててしまうおうと思った。
 
 そして、当然の如く直に飽きた様子で捨てようと思った時、「フッ」とお遊びで
ミッキーの耳にしようと・・・
そして顔の部分を何にしようかと部屋を見渡したときに時計が目に入った。
 
 そして、早速時計にバルーン(直径20cm程度)を2個取り付けた。
その出来上がりは、まあまあではないでしょうか・・・(四角い箱は換気口です)
イメージ 1
時計に取り付けたバルーン
 
 ちょっとした室内の大きな隠れミッキーとなったのです。
(目立って隠れていませんが・・
まあ、子供も喜んでいるので良しとするか!
 
 長年、木造の家に住み続けていると木材のきしみや歪みが現れてきます。
その最たる部分のひとつがフローリングのキュッキュッという鳴きではないで
しょうか。
 
 歩く度に鳴ると気になることもしばしばです。(新しい家ならなお更でしょう)
また、今まで鳴らなかったところが何時しか鳴っているし、季節によっても鳴る鳴ら
ないがあるように思います。(経験上)
 
 私の家も例外なく、築2、3年くらいからフローリングのあっちこっちが鳴るように
なりました。
鳴き(音)の大小はありますが特に大きい鳴きは通る度に気になってしまいます。
 
 そもそもフローリングが鳴る要因は何か?一般的に考えられるのはフローリングの板
同士や何かが擦れる音と思います。
 
 私のフローリングの鳴き対策の試行錯誤の経験を
下記に記述します。(専門業者であれば最初から要因は分かることと思いますが・・)
 
鳴き対策と結果、その1
フローリング板同士又は釘の擦れる音と考え、市販の鳴き対策用ケミカル溶剤を鳴る
部分に塗布。
施工方法は、鳴く周辺のフローリングの繋ぎ目に溶剤を塗布し浸透させた。
(滑りを良くするものと思います)
結果、改善効果なし(私の場合)、鳴き(音)も差ほど変わらず。
イメージ 1
フローリングの断面図
 
イメージ 3
フローリングの節と繋ぎ目
 
鳴き対策と結果、その2
対策その1程度では改善できない状況と考え、別な市販の鳴き対策用ケミカル剤を
フローリングの下に充填硬化させた。
施工方法は、フローリングの節又は、繋目の部分にφ1.5程度、深さ13mm〜
(私の場合、フローリング厚12mm)の穴を複数開けた。
結果、改善効果低い(私の場合)、最初は鳴き(音)が小さくなった感じだが、後日
に鳴き具合は元に戻った。 充填量が少ないと思い、2回目(近傍に穴開けた)の
充填を行ったが結果は同じで改善なし。
イメージ 2
フローリングの断面図
 
イメージ 4
フローリングに穴
 
鳴き対策と結果、その3
対策その12と効果が出ないことから、更にフローリング下の床下合板同士又は、
合板と釘そのものの音と考え、対策その2のケミカル剤を合板と根太又は床梁の隙間
部分に充填硬化させた。(根太や床梁の有無を要確認) 
施工方法は、フローリングの節又は、繋目の部分にφ1.5程度、深さ38mm〜
(私の場合、フローリング厚12mm、床下合板厚24mm)の穴を根太、床梁のある所
まで開けた。
結果、改善効果あり(私の場合)、全く鳴きが発生しなくなった。
イメージ 5
フローリングの断面図
 
イメージ 6
床下合板(フローリング施工前)
 
イメージ 7
 
 
考察として
実際、鳴きがどの部位(階層)で発生しているかによって対策その2なのか対策その3
になるか及び、家の構造を確認することで推測できると思います。(私見) 
例えば・・・
1)根太などの構造である場合、対策その2 
2)床下合板の構造で且つ、鳴る部分の床下に根太や床梁が在る場合、対策その3
3)床下合板の構造で且つ、鳴る部分の床下に根太や床梁が無い場合、対策その2
 
 私の場合は2)、3)でした。 正直、鳴っているフローリング床下に根太や床梁の
有無又は、正確な位置を特定するのは難しく、推測の域です。
そのため、2度手間になりますがまず、対策その2で施工し改善効果を確認し、改善
されない場合は開けた同じ穴を使って更に深く開けてみる。
 
そして細い針金を穴に差し込んで見て根太や床梁の有無を確認する。
在れば、対策その3を行う。
実際、私自身も根太や床梁があると思われる部分を開けたら無かったこともあり
ました・・・
 
 注意したいのは、根太や床梁があると思いいきなり合板まで穴を開けて、根太などが
無かった場合、対策その2の施工が出来なくなる場合があります。
 
尚、開けた穴は市販の補修材で目立たなくすることができます。
 
イメージ 8
穴の補修前後
 
すべてではありませんが、床下合板そのものが鳴るとその後の対策も大変です。 
床下合板は釘を打ち込むより木ネジでネジ込んで固定された方が良いと思いました。
 
 
 

七五三の写真撮影

 私の子供が七五三の時期を向かえ、早めに写真撮影を行いました。 
着物2着、ドレス2着と撮影に約3時間掛かってしまいました。 
そして写真選定は後日にすることにしました。
撮影場所は全国展開されている比較的メジャーなスタジオ*リ*です。
イメージ 1
七五三
 
 撮影費用(プリント代含む)は決して安いものでないのですが(四切サイズで6000
以上/枚)、やはり多くのポーズを撮影させてやりたいというのは親心か見栄か
というところでしょうか。
 
 店側もより多くの写真を購入して貰おうと考えているのか撮影の際は、色々な仕草を
させたり小物を持たせたりと撮影枚数は多いです。
 基本的にどのポーズも良いのですが費用面を考えると無理なため写真を選択せざる
を得ません。
 
 写した写真の向きは、縦撮りと横撮りがあります。(当然ですが) そして予算に
応じたアルバムは、縦撮り用の写真枠が何枚、横撮り用(枠)が何枚と決まってい
ます。
 気に入った写真の枚数が縦か横撮りかでアルバムから漏れる可能性があります。
(例えば、あるアルバムで縦撮り用の写真枠が5枚分あるとして、お気に入り縦撮り
写真が7枚あった場合は2枚が漏れることに。この2枚分を横撮り枠に入れることは
できないし、縦枠に写真加工も出来ない)
 
 このことを写真選定時に分かり、漏れた写真があっただけにちょっと残念な気持ちに
なりながら仕方なく漏れた写真は、手札(スナップ写真のようなサイズ、約1600
/枚)というもので残すことにしました。(料金表の中で最も安かったので)
 写真選定に1時間弱で終わると思っていましたが、何だかんだで約2時間掛かって
しまいました。
 
早い話がお金に糸目を付けなければ悩む必要はありません・・・
 
そして、今回の撮影で思ったことは・・・(ご参考になれば・・)
1,予算に応じたアルバム等を予め決める。(必然的に載せられる枚数が決まって
    くる)
 
2,アルバム(予算)に応じて着せ替え回数を決める。(着せ替えが多ければ
    それだけお気に入り写真が増える)
 
3,ビデオカメラで撮影シーンを撮る。 ただ、写真の縦撮りか横撮りか分かりま
    せんので撮影終了後の撮り溜めした写真を一通り店舗モニタで見せてもらいなが
    らモニタ越しにビデオ撮影する。(撮影当日に写真選定を行わず、後日選定の
    場合ですが自宅でアルバムに載せる写真を予め決めておくと選定当日に悩む必要
    が少ない)
 
4,アルバムから漏れた写真は手札という形で残す。そして写真データをCD(有料
    )に残せる場合がある(何かしら写真サイズで購入しないとダメ)ので後日、
    予算が貯まり次第、四切写真などに引き伸ばす。
 
5,割り切って、CDや手札で残すより一部のポーズをビデオ撮影のみで晴れ姿を
    残す。 着せ替え回数が無料であれば、色々と着せ替えてビデオ撮影! 
    これもあり!?
  (ビデオ動画から写真(静止画)として取り出しができるので自分で印刷。
      但し、画質は落ちる) 
 
このような晴れ姿を親が残す機会は、そう多くありません。 今後は成人式あたりに
なるのでしょうか。
 
 最近、LEDがテープ上に並んでいるテープ式LEDランプが販売されています。
色々な使い方はありますが、中にはヘッドライトのアイラインとして取付けている人
もいます。
 
 私の場合も一時期、ヘッドライトのアイライン化を考えたのですが、ちょっと派手
になりすぎるかなと思い断念しました。 
その代わりにフォグランプの部分にテープLED化(30cm)を行いました。
(ヘッドライトに付けるもフォグに付けるも派手さは変わらない?)
 
イメージ 4
テープLED取り付け前のフォグランプ
 
イメージ 1
テープLED取り付け後
 
 配線はエンジンルーム内にある片側のポジション球の配線から2本分(両方)の
テープ式LEDの配線を割り込ませ連動するように取付けました。
 
 尚、ポジション球はLEDに交換した方が良いかもしれません。
(従来のフィラメント電球はLEDに比べ消費電力が高いです。 このような状態で
片側から2本分の電流を取るとなると片側のポジション球が若干暗くなる可能性が
あります)
 
 テープLED側の配線は、バンパーの裏側に配置しました。 当然、バンパーを
外しました。
 今回のフォグのイカリング化はうまく出来上がりました。 夜間点灯の具合も
良く、自分なりに気に入っています。
  
イメージ 2
テープLED点灯(昼間)
 
イメージ 3
テープLED点灯(夜間)
(写真の撮り方がヘタですがフォグは点灯していません)
 
*注意はテープLEDが長いといって、切断すると一部のLEDが点灯しなくなる
 ものがあります。
 
 費用は約4000円程度で済み、主な部品は、テープLED(30cm2本、ヒューズ
1個(0.5A)、コルゲートチューブ3〜4mでした。
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事