ここから本文です
フィリピン・マニラdeリタイアメント生活を楽しむ
最近はフィリピンの原種蘭に夢中です

書庫全体表示

ご覧になられた方も多いかもしれません。
 
今月27日の衆議院厚生労働委員会にて
「放射線の健康への影響」参考人として登場された
児玉龍彦氏( 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)
による怒りの声と具体的な提言です。
 
 
土壌汚染をどうやって除染するのか
国策として一刻もはやく着手してもらいたい。
 
東レ・クリタ・千代田テクノ・アトックス・竹中工務店というような
放射線の除染などに対してさまざまなノウハウを持っている民間の化学メーカー・放射線除去メーカーなどの
企業がある。
こういう力を結集して現地に直ちに除染研究センターを作って、除染を実施していただきたい。
 
 
 
 
また、この声の文字おこしをされている方が、自身のブログで全文を載せていらっしゃいます。
 
 
詳細をお読みになられたい方は、ぜひ読んでいただきたいと思います。
 
 追記(7/31)
 児玉氏のこの動画、早くも削除されました

他にUPされているものを見つけましたので、ぜひこちらでまたご覧になってください。
(これも削除されるのかもしれませんが)
http://www.youtube.com/watch?v=eubj2tmb86M
 
 
 

転載元転載元: 行きずりのひと

  • 顔アイコン

    出かけなくてはならないのに、聞き入ってしまいました。私も転載させてもらいます。

    いちろう

    2011/8/4(木) 午前 7:19

  • 顔アイコン

    児玉先生には最大限の敬意を表します。
    しかしながら,このご発言の後でさえ,政府は特に子供に対して,明確な基準を出しませんでした。これは,もちろん「原子力関連事業」(それはそのまま,利権も存続させるため)を存続させるためです。「廃炉には,原子力関連研究者・技術者の養成も必要」という説明に端的に表れています。勿論正論ですが,言葉にはもう一つの意味もあります。だから,担当大臣が言うことには,自民党も反発しません。
    悲しい現実です。ですから,仰るとおり民間が立ち上がらなければなりません。民間のパワーが必要です。

    [ Logan ]

    2011/8/4(木) 午前 9:55

  • 動画でなく文字の方で読みました.
    子供を守らなくてこれからの日本はありません.
    他の件でもそれは声を大にして言いたい.

    μ

    2011/8/4(木) 午前 10:01

  • 顔アイコン

    事の深刻さを改めて知ることができました。
    これまでの広報がいかに楽観的だったか、ほんとに怒りを覚えます。
    恥も外聞もなく、とにかく全力をそこに集めないと、
    とても終息しそうにありませんね。
    改めて非常事態であることを宣言するべきだと思います。
    本当の意味でこの国がこれから大丈夫なのかが問われます。

    winnie

    2011/8/4(木) 午後 2:11

  • 顔アイコン

    国全体が「仲良しクラブ」状態の日本、依然勤めていた会社もそうでしたが、仲良しクラブの中で本当のことを言うとスポイルされます。
    児玉先生の仰ることすべて説得力もあり事実でしょうが、先生に悪しき圧力がかからない事を祈ります。

    KL TAXI

    2011/8/4(木) 午後 6:18

  • 顔アイコン

    関連ビデオで,進行役の国会議員の無知・無能の程度には呆れます。
    何が何でも,基準値を言わせようとするのでしょうか。
    数字を言わせれて,それを全ての根拠にしようとしているのでしょうが,浅はかです。

    [ Logan ]

    2011/8/5(金) 午後 0:15

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事