ここから本文です
フィリピン・マニラdeリタイアメント生活を楽しむ
最近はフィリピンの原種蘭に夢中です

書庫マニラ ロングステイ考察

記事検索
検索
【住人としての買い物?】

マニラ ところにより曇り/気温30℃ 体感気温36℃ 湿度74%
今日は一日良く晴れたマニラ首都圏パサイ市です

晴れれば暑い・・・晴天もいいけれど、暑いですね
ついつい、ソフトドリンクも飲みすぎてしまいます

昨日から今日にかけての買い物など


カルティマールが近いというのは、マニラ首都圏に住むロングステイヤーで自炊している中では(←そんなやつは極少数派だろう)、大変便利な場所にいると言えます
 最近でこそMOA近所のSMDC開発のコンドが出来たが、高級コンドが極端に少ない(古いものは結構多い)のがPASAY市
 駐在員さんが住む場所ではない・・・という環境から、ロングステイヤーさんでも「家族との関係」で住んでいるか、やんごとなき理由で当地で就職されておられる方や、ある意味仕方なく住んでいる・・というエリアです
 
わざわざ南国の楽しいはずのロングステイに此処を目指して定着の人は多くないかも(汗)

そんな下町の市場で、毎日のように「普通に買い物」しています

そういえば、初めてカルティマールに行ったときは、近所のおばさんと「マグロ」を買ったんでした (遠い日の思い出です)

昨日は、マグロ以外のものを買いにいったんです
でも、いつもの癖で?ついマグロ屋を覗きます

すっかり顔なじみになっているので、
「良いマグロある?」
「有るよ〜、ビッグアイ(めばち)が脂が多い」
「みせて!」

まあまあだったので、1.5kgくらいを注文です

イメージ 1


目分量で切り出してもらいました
量れば・・・1.6kgちょっと

イメージ 2

フィリピン人は案外人を見るんですよね
買うのか買わないのか・・・客を見るのが普通です
一見さんにはなかなかわかり辛いかも

毎回買っていると
「この客は、買う」と覚えてくれます
そのうち、名前を聞いて「おはよう○△」なんて呼ぶと一気に常連さん

解らなくても「ボス!良い魚ある?」と声かけると良いですね

お金払って、ビニールに入れてくれて、輸送中の保冷用の氷もサービスで貰います

あらら、予定外のマグロ買っちゃった・・・

その後、予定のものを買って・・自宅へ
鮮度命の魚を買ってしまったので、急いで柵に仕上げましょう

イメージ 3

良い感じの脂の乗りですが・・まだ硬いですね
筋も「ゴリゴリ」です

これは直ぐには食べられないかも・・・

一旦血抜きと洗浄です

イメージ 4

さっと洗って、一個づつキッチンパーパーで水気を切って保存です

案外美味しそう
「中トロ」に近いかな?

イメージ 5


3kgくらいの塊を買うと、刺身の柵らしくなるんですが・・なにぶん1.5kgでは、長さが足りなくて不恰好です(苦笑)

柵にした切り落としと、味見を兼ねて・・・

イメージ 6


良い感じの「鉄火丼」になりました
でも、まだ筋が固いですね・・・こりや熟成待ちかな


で、今日のランチ
ご飯を炊いて寿司飯を作ります

イメージ 7


さて、これで握りでも・・・
赤身と、中トロをすし用にカットして・・握りましょう

まだまだ、トロの部分が筋が有ります

イメージ 8


でも、脂が凄く美味しい
う〜〜ん、今年はマグロが美味しいですね

イメージ 9


このマグロもキロ単価P500くらいなんですが、凄く高いなぁ・・というのが、最近の物価感覚です
でも、良く考えたら P1000も掛からないで、三日も四日も楽しめるんですよね
ちょっと高級和食レストランに行けば、刺身定食でも結構な値段だし・・

ましてKTVにでも飲みに行けば、数倍は掛かるんだから・・・
安いもんですね(大汗)





さらに、色々感じるのは・・・

旅行者ではなく、住人として、町に馴染んできたなぁ・・・ということ
スーパーの店員と違って、市場は家族が商売をしている店が多いことも有って、案外人が変わらないんですよね
だから、お客との距離が近い・・・顔なじみになるんです

大きなレストランのように大量には買わなくても、毎週のように顔を出して、2年もすれば 何となく馴染みますからね
マグロ屋さん、魚屋さん、八百屋さん・・・みんな挨拶して、挨拶されて・・という「良い空気」が生まれてきました

そうすると、良い物が案外簡単に手に入るのかな?
そんなことを感じる、パサイの下町です




マニラ 「馴染む」って大変そうですが案外簡単です(汗)


ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!
【毎日こんなもんです・・・

マニラ ところにより曇り/気温27℃ 体感気温32℃ 湿度94%
久々に陽が出た様な気がするマニラ首都圏パサイ市です

私、勝どきは マニラの下町パサイ市の庶民的な路地に住んでいます
まあ、来ていただいた方は大抵驚くような環境ではありますが(汗)

いわゆる「海外ロングステイ」とか「定年後の優雅な南国生活」
というイメージからは かけ離れた環境です

窓を開けても 海も山も見えません(汗)
清清しい空気もありません、風向きが悪いと近所にあるタバコ工場からのタバコ臭が漂ってきます。タバコの煙ではないので案外嫌いな臭いではありません

隣近所で何を食べているかが、調理の臭いで解ったり、生活臭の濃い地域に居るわけです

高級コンドも捨てがたいけれど(マレーシアではそういうコンドでした)、近所との有る意味濃厚な付き合いが人生を面白くしてくれます
それが無ければマニラにステイしている「ただの旅人」ですから
「住人」と「旅人」では面白さが全く違います
当然、人との付き合いは面白い反面、ストレスも多くなります
そのストレスを「楽しむ」位で無いと、下町には住めないよなぁ・・と痛感している今日この頃です


閑話休題

日付が変わったので、既に昨日ですが・・・

午後から、カルティマールに出かけました
我が家から、トライシケルで10分足らずです トライシケルの車窓から

イメージ 1


駐車場にトライシケルで乗り付けますと、馴染みの植木屋さんが、もみ手でやってきて、
「旦那、今日は何ですか?」
「うん、植木鉢100個と土を50袋だな」
「はいはい、じゅんびしますね(笑)」
って感じで、こんにちはの挨拶

買ったのは、大き目の素焼きの植木鉢
一個 P40 を P35 に負けてくれた
「負けてくれたから 3個買うよ」といったら、「P100で良いよ」とどんどん安くなります
しかし、こんな重たい素焼きの植木鉢、P40(\100)じゃ輸送費も出ないだろう・・・どっかで儲かっているとはいえ原価は恐ろしく安いんでしょう
「他に何が欲しい?」というので、ランが欲しいなぁ・・と探しますが、このお店にはランや花物は無いんです
すると店主がわたしと一緒に他の店に・・「此処がいいと思うよ〜」と案内してくれます

店に行くと、売値がP150だったのが、店主が「常連なんだからP130にしなさい」と・・・P130なりました

年中行って、ワイワイやっていると顔見知りになって、友だちになって何でも安くなるのがこの国です

最初は値札もないし、相手の顔見て結構高い事言う場合が多いのですが、「相場」が解っていれば交渉できるようになります


値切ってくれたお礼に、植木用の用土とチップとして液体肥料を買います
それでも全部でP400+P260ですか

トライシケルに積み込んたところ・・・

イメージ 2

大騒ぎして、植木用品を買ったので、その足で「日本食材店」に行きます

ポン酢と醤油を買おうということで・・・
3軒を回って、買い揃えます

買ったのはこれです


イメージ 3


ポン酢は小さいビンが無くて、業務用です(汗)

醤油は関東の「ヤマサ減塩」と 兵庫の「ヒガシマル」です
わたしは関東の人間なので、うすくち醤油は馴染みがありませんが、色が綺麗な煮物でも作ってみようと言う魂胆で、買ってみました

こういう重たいものを買いだしに行くのは、トライシケルを往復チャーターで利用します
買い物中は、ドライバーに荷物番させて、あっちこっち店を覗きます(笑)

小一時間の買い物、往復で P100~120(←その日の気分とサービス内容で変化)です
PASAYは基本「相乗り」が無いちょっと変わった?地域なので、片道P40が相場です
それからすれば、そんなものかと納得です

料金メーターが無いトライシケル、こういうことも「相場」を知ることが重要ですね
 下町に住んで、単身ですから、最初は近所のおばさんとかに同行してもらって、学んできたわけです
 奥さんがいらっしゃれば、こういうことも気にしないで「お任せ」出来るんでしょうが、単独行動をするしかないとハードル高いかも(苦笑)


ガーデンでひとしきり植木の世話と雑草取りをやって、もう夕方

ときどき、近所の男たちと路上でビール

イメージ 4

ビジネスパーミット(営業許可証)も無い、屋台のBBQ(鶏の足、豚の内臓、皮、血を固めたもの・・)を適当に買って、つまみます

 BBQ屋台をやっている家、家族構成から娘が男に騙されてシングルマザーになったり、むずこがぐれて学校をサボったりとか・・全部知っています
みんな此処に、ずっと昔から住んでいて、子供のころからの幼馴染だったり、今は刺青だらけの怖い兄さんも、洟垂れ小僧のときから知っている・・
そんな濃い人間関係の中に入りつつあります
 泥棒もいるし、薬に溺れたやつも居る・・・知らないと怖い面もありますね。でも、面白いのは「泥棒は他所に行く」とか、地元との「ルール」が有るんですよね
まあ、餓鬼の頃に地元で悪いことしたら「〆られる」から、地元では出来なんですが(汗)

そうそう、こんなことがありました
新しく出来たアパートの住人、まっさらなバスケットシューズを盗まれたそうです
その日の午後に、泥棒市場で売られているのを近所の人が発見
その店に「誰が売りに来たか」を白状させ、シューズを回収
売った近所の高校生の悪がきを捕まえて、バランガイの怖い面々が「〆た」そうデス(大汗)

そんなことを話しながら盛り上がります

だから、我が家の防犯対策もある意味万全?
こういう中に入って「身内」みたいな人間関係になっていれば、結構安全なんです
反面、人間関係のややこしいこと、小額の借金や、急な出費のときの「援助」など、「近所付き合いの税金」みたいなものは発生しますが(苦笑)

借金を踏み倒されても、笑って一緒にビール飲むくらいの気持ちじゃないと、この下町での生活は難しいかもしれません

狭い路地なので、こうして時々飲んでいれば、通る人が皆顔なじみ
翌日すれ違えば挨拶するようになるのが面白いところ


パサイ市でも「路上での飲酒」は禁止ですが・・・バランガイの役員も一緒に飲んでいるので、何でもOKです

適当に切り上げて、シャワーして一日が終わります
毎日平々凡々と暮らしています



マニラ 危険と言えば危険ですが面白さを楽しむ勝どきです(汗)


ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!
【つまらない銭を失う後進性・・・】

マニラ 曇り時々晴れ/気温28℃ 体感気温31℃ 湿度74%
夕方になって涼しい風が出てきたマニラ首都圏パサイ市です

パサイの私が住むエリアは、MOAの真東へ2キロほど
案外海からの風があり、内陸に比べると良い風が吹きます
時間帯によっては「凪」になるので、これは致し方有りませんが(汗)
今日は南からの風が心地よいです


閑話休題

今日は洗濯機が届きました
昨日SM-MOAの家電屋さんで注文して、朝11時頃に配達しに来ました
大きなトラックで来たのでしょうか?我が家のある路地に入れないとかで、500mくらいを担いで持ってきました(汗)
こういう人力作戦はこの国の得意とする所みたいですね
配達されるほうもなんだか大変そうだなぁ・・と思ってチップを弾んでしまいますから、力さえあれば給与外所得が結構あるのかもしれません

届いたのは・・・

イメージ 1

アメリカンホームと言うメーカーで、シンプルな二層式です
前回はSHARPの全自動でしたが、どこが壊れたか解らないままどうしようもなかったので、近所の人の勧めで「アナログ」なものを選択


ちなみに、売り場には多くのメーカーが並んでいて・・
これはパナソニック(PanasonicフィリピンのHPより借用)

イメージ 2

売場で見たときに・・・「ありえない色じゃない?」と絶句
鮮やかな緑が目を引きますが・・・自宅に置くにはどうもスイマセン

こっちはSHARPですが・・・

イメージ 3


なんか「無駄なデザイン性」という感じで・・・違和感、違和感・・

上記両社ともに「全自動」はかなり格好良いです
でも、アナログは・・・どうもなぁ

ちなみに壊れた洗濯機の製造メーカーさん
修理サービス、電話がまったく繋がらず・・
アラバンの本社に掛けようかとも思いましたが・・それも大人気ない
台風やら色々在ってもいつでも話中は困ります



K国の「寒スン」「L爺」は論外なので・・・でも、沢山並んでいました

で、消去法に近い感じで買ったのが、アメリカンホームでした

イメージ 4


潔いくらいに、電子部品が無い
これなら、テスターがあれば修理できますから
マイコンは全く使っていません
全て「アナログ」(笑)

結局、電圧が不安定な場所では「繊細な高機能」というのは駄目なんです
愚直な頑丈さを選んだ今回です
パサイ時々250V超えますから(大汗)
※白熱灯が良く切れる地域は電圧が高めらしいので要注意です

価格は、P6999でした
全自動の1/2〜1/3以下ですね

でも洗濯できるのは 8kg までと今までの倍近く

郷に入れば何とやら・・・シンプルで頑丈が良い!


インフラがしっかりしていない国では、高級家電品ほど壊れやすいのは定説なのです
しかし、安いものは別のところが良く壊れますから、同じかな・・・(汗)


結局、「壊れたら自分で治す」か「新しく買い換える」と言う選択しかないのかもしれません
日本でも、相当高い家電品以外はそんなもんでしょう

だから直ぐ壊れて「年中買い替えしている」というのが頷けますね



マニラ つまらないところに色々お金が掛かってしまう国なのです(笑)


ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!
【健康にブコジュース】

マニラ ところにより曇り/気温30℃ 体感気温36℃ 湿度74%
今朝は雨がぱらつきましたが今は晴れているマニラ首都圏パサイ市です

このところ、毎日売りに来る「ブコ(椰子)」のジュースを飲んでいます
アメリカのセレブで人気?になったようですが、此処マニラの下町では椰子の実をその場で割って、フレッシュなジュースを買うことが出来ます


イメージ 1

最初は、良く味がわからなかったんですが、青々した若い物はちょっと日向臭く、ちょっと黄色いものは甘さがあったりして、味の変化も楽しめます

大きめな実で、400〜600CC程度のジュースが取れます
これを常温でゴクゴクと飲んでいます

イメージ 2

ミネラルがふんだんにあるほか、カリウム等も多く含んでいて、デトックス効果が高いとか言われますね
なにより、飲んでいて体に自然に滲みていく感じが心地よいです

これが一個で、P23(¥45)です
私の感覚では安いと思っても、庶民層には案外高いと思われます
日本の物価に置き換えると・・¥100位のイメージ?

ちょっと前まではP20でしたが、近々P25になるというもっぱらの噂です
なんでも物価が上がってくマニラです


下町の路地なので、物売りが沢山通ります
果物も色々売りに来ます
バナナは勿論、パパイア、マンゴー

最近は旬の「ライチ」も売りに来ます

イメージ 3

ジューシーで淡白な甘さのライチ
フィリピン人も好きですね
でもちょっと高級品です

イメージ 4

実を食べた後は、種を取って洗ってから蒔いています
なんでも直ぐに芽が出てくる、南国のガーデニングは面白いです

ちなみに、一ヶ月ほど前に蒔いたライチがこんなに・・

イメージ 5
手前が三鉢がライチ、右奥は 種を蒔いたパパイアです


ライチは実をつけるまで10年近く掛かるらしいので、気の長い話デス

マニラの下町で、のんびり近所の人と世間話をして、日がな一日過ごしています
この「暇」を楽しむことが、長年の夢でしたので、日々是好日(笑)

人生のこういう楽しみもいいものですよ



マニラ 何かしないと・・と思い始めるとそわそわします(笑)


ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!
【食材価格だけでは暮らせない・・】

マニラ にわか雨/気温28℃ 体感気温33℃ 湿度89%
朝方は25℃で肌寒いくらいのマニラ首都圏パサイ市です

ちょっと誤解を招くかもしれませんが、自炊をしていてもどんな食事にするかで、掛かるお金も大分変わって来ます

今日は、朝食についてちょっとした考察

今朝の食事です
 
イメージ 1


卵サンドを頂きました
この卵サンドのコストですが・・・

イメージ 2

ロールパン(日本人のベーカーリー)、4個でP50だから 一個P12.5
卵は 一個P5のローカルスーパーで購入したもの
マヨネーズ少々、調味料(砂糖・塩)少々
野菜はキューリ半分とサニーレタス少々で、P5くらい
バナナは1kgP40だから、一本P2 位かな?

合計で、P40(¥100)くらいです
パンがちょっと特別感ですが、ローカルのパンを使えば、同じようなものを作っても、半額以下になりそうです



そしてコーヒーですが・・・


イメージ 3

マニラの日本食材店では「日本で市販されているコーヒー豆」を売っています(200gパックで P130〜450位まで様々)

イメージ 4

最近は、スーパーでもまめを選んで挽いてもらう売り方が増えてきました
これは、アラビカを買ったものです
キロ単価 P591ですが、200gで P120(¥280)位ですね
最近はこの価格帯の豆をよく買っています
案外美味しいですよ

イメージ 5

コーヒー一杯に使う豆の量は大体10gといわれるので、P6 位ですね

先日買った 日本の豆P450でしたが、一杯価格はP22.5(¥53)は結構良い値段ですね。流石に美味しかったですが(汗)

コーヒーマシンがあれば別ですが、我が家には無いのでペーパーも必要?

イメージ 6

これも日本食材店で買ったものですが、100枚でP110でした
一枚単価 P1.1

私は砂糖もミルクも入れないのが好きなので(嗜好品とはそういうものです)、コーヒー一杯のコストは 約P7くらい

フィリピンで多く見かけるインスタントコーヒーは小袋です
砂糖もミルクも入っているのが多く、P4〜7位です
最近はこんなものも流行っているようです

イメージ 7


インスタント全盛のフィリピンです
ただ、砂糖の甘さとミルクの強さで、コーヒーの味が殆どしない・・というインスタントも多いので、私はどうも苦手です

時々飲むインスタント・・

イメージ 8


ほんの小瓶でP130・・・美味しいけれど、豆には適いません(苦笑)
時々来るフィリピン人ですが、このコーヒーは「苦くて強くて美味しくない」そうです
ブラックなんか飲まないフィリピン人が多いので、そんなところでしょう

慣れ親しんだ味が「良い」というのが嗜好品ですから、無理強いもしません

そんな朝ごはん、コストは・・P50位でした

只問題は、歩いて直ぐのスーパーやコンビニが有るならいいのですが・・
フィリピンでは其れは簡単には望めません
何処に行くにも移動手段(車)が必要になるという現実が重くのしかかります
日本食材店2〜3軒回るのも言うほど簡単には出来ません(汗)

私の場合はマニラ首都圏パサイ市に居て、カルティマール市場という「日本のものがほぼ何でも揃う」環境に居るから出来ること

マニラでの生活費はどのくらいかかりますか? と聞かれても「住む場所で大分変わります」としか言えないのも、その違いが大きすぎるからです

マニラ郊外から自家用車で来れば、ガソリン代も馬鹿にならないし・・
私の場合が、かなり特殊な例かもしれません(苦笑)



マニラ 食材費より購入のための交通費が高かったりします(汗)


ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事