ここから本文です
フィリピン・マニラdeリタイアメント生活を楽しむ
最近はフィリピンの原種蘭に夢中です

書庫マニラ ロングステイ考察

記事検索
検索
【人生の幸せって・・】

マニラ ところにより曇り/気温25℃ 体感気温25℃ 湿度100%
そろそろ夜明けを迎えるマニラ首都圏パサイ市です

最近は自分の生き方を考えてみたりします
と言うのも、近所のおじさんとの会話で、色々感じるところが有り、生き方について堂々巡りをしているからかもしれません

人によって様々でしょうが、私の場合60近くなると、体力的にも気力的にも40台とは全く違ったものの見方をするようになってくる訳で、これから少し自分の我侭だけの生活をしてみようと、日本を飛び出したのが、53歳。マレーシアに移住して、フィリピンに転居しマニラに居を構えて(借家ですが)3年目です

そろそろ自分のやりたいことを腰を据えてやろう、と「ガーデン作り」をしたわけです

そんなときに、近所のこのおじさん(写真左)に知り合って、目から鱗
良い生き方をしているんです

イメージ 1

裕福ではないんですが、昔からこの路地に住み、若い頃はやんちゃし放題でポリスの世話になったことも一度や二度ではないそうです(苦笑)
当時の悪ぶりを知る知人も多く、今はそれも笑い話

今は仕事も辞めて、子供や孫に囲まれて、小さな家で幸せに暮らしています
この人は手先が器用で、電気や木工の知識もあるし、腕も良いので、近所で重宝な「便利屋さん」を趣味でやっています

この日も、自分で作った「凧」を上げて遊び、我がガーデンに墜落
破けて骨だけになった凧を直すところです

何故か私と馬が合う?ので、仲良し。しかし英語を殆ど話せないので、面白い話が直接聞けない
「コリャ私がタガログ語をもっと覚えようか」と思う今日この頃デス

朝起きて、近所から頼まれた仕事が無ければ、風を読んで凧揚げ、夕方は路地で友人とビールを一本飲む・・
楽しい人生ですよね


彼と話をしていて、ある有名な話を思い出しました


南の島の手付かずの自然の浜で、現地のおじさんと、都会から来たビジネスマンが話しをしています

「この島は沢山魚が取れるのに勿体無い」
「何で? 食べるだけ獲れればいいじゃないか」
「小魚獲って、少しの収入じゃビールしか飲めないだろう?」
「毎日少しの酒が飲めれば良いじゃないか」
「俺が出資するから、漁船団を作って魚を獲ってくれ」
「沢山魚を獲ってどうする?」
「それを都会に運んで高く売れば、大きな儲けになる」
「アクセク働いて、金儲けしてどうする?」
「儲けた金で、南の島に行って、ノンビリ暮らす」

そこまで聞いて、島のおじさんは 笑いながら言いました
「こういう生活かい?」

「・・・・・・・」

笑い話ですが、笑い話ではないかな・・・
結局、「足りるを知る」ことができれば、人生は幸せなんですよね


今日は、早朝からそんなことを考えていました



マニラ タガログ語の勉強始めます(笑)

ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!
【ときめかなくなった・・】

マニラ ところにより曇り/気温28℃ 体感気温32℃ 湿度83%
なんとなく夜になっても蒸し暑いマニラ首都圏パサイ市です

マニラ生活も段々とマンネリになってきている今日この頃デス
特に夜な夜な飲みに行くような趣味も無く、自宅でひっそりと自炊等を楽しむ「引き篭りがちな移住生活」をしている勝どきなので、余計に生活の変化に乏しいこともありますが(汗)

以前は買い物に行くにも「今日は特別だな」と思うような買い物をする場所ってワクワクして出掛けたものです
これは日本よりいいものがある・・・とか、
これはマニラでは普通には手に入らないよなぁ・・なんて興奮したんです

そんな驚きがあったのはこちら・・

イメージ 1

会員制のスーパーマーケット、S&Rです
今でも、なかなか面白い製品があるんですが、以前なら「此処でしか無い」というような家電品や食材、ちょっとした家具なども有ったんですが、今では「大抵どこかで買える」と言う感じのものばかり・・

他の新しいスーパーや、高級品を扱うスーパーの方が、物によっては豊富だったりします

安いのは「特売品の家電品」など目玉商品だけ?かもしれません
輸入の冷凍肉(アンガスビーフ、オージービーフ、ニュジーランドラム・・)などは、圧巻の品揃えですが、これもよく考えれば他のデパートやスーパーでも買えるようになってきました

冷静になって考えれば、3年前は他で買えなかったものが、今では彼方此方で買えるようになって、この店の「魅力」はかなり落ちている・・そんな気がします

アメリカのCOSTCOのイメージで始めたらしいのですが、それは「ホールセール」、商品を箱ごと買う、大きなパックで買う、というスタイル
その分、一個当たりの価格が安い・・というのが売りです

大家族でなければ、洗剤や食材の「大容量パック」は魅力ないし・・肉や野菜も2〜3キロづつのパックでは、我が家の場合大量すぎて、持て余します(苦笑)

輸入物のチーズやハムも、ポーションが大きすぎて持て余し
食べ来る前に痛んでしまいます

というわけで・・・

年会費(たしかP700)を出してまで、メンバーとしての価値があるかどうか・・最近考えております(苦笑)


マニラ よく価格比較すると決して安くないんですよね(笑)

ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!
【旬の味覚を・・】

マニラ ところにより一時雷雨/気温26℃ 体感気温28℃ 湿度100%
雨が上がって少々蒸し暑い感じのマニラ首都圏パサイ市です

先日、いつもお世話になっているブロ友さんが日本からマニラに戻っていらっしゃいました。
毎回、いろいろと厚かましくお願いして居るんですが、今回もまた・・

日本から直送の鮮魚です

まずは秋刀魚、今が最高の旬ですね

イメージ 1


さらにスペシャルで・・・鰯(いわし)です
これが凄い!!

イメージ 2


丸々太った鰯に、目が眩みます(笑)
これは・・・生で行きましょう

ということで、早速捌いて・・・包丁も走ります(喜)
見よう見まねですしネタ風に仕込みます


イメージ 3


ご飯を炊いて、酢飯を作って・・・
さて、握ってみましょうか

マグロはカルティマールで買ったもの(メバチマグロです)
秋刀魚も凄く良いんですが・・・
鰯の白い脂の綺麗なこと・・・眩暈がします


イメージ 4

これをワッシワッシと食べるわけです
こいつが美味いの何の・・・

マニラで買える鮮魚も、それはそれで美味しいけれど、やはり日本の鮮魚が美味しい・・

秋刀魚は、刺身にもしてみました

イメージ 5

これがねぇ・・・生姜で食べると、美味しいのよね・・・
はぁ〜、こいつは堪らないなぁ

こんな贅沢は有り得ませんねぇ

海外で住んで、こういう和食を食べられるのは、凄く幸せ
それも、ブロ友さんの「御厚意」で実現しているわけで、有り難い事です
普通では逆立ちしても出来ないですよね

素材がよければ、自炊しても楽しい
マニラでこんな幸せを味わえることに感謝です



マニラ 下手な和食屋さんより恵まれています(感謝)

ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!
【このところのランチは・・】

マニラ ところにより曇り/気温30℃ 体感気温37℃ 湿度79%
強い日差しとシャワーというマニラ首都圏パサイ市です

日曜日のマニラ、強い日差しと急なシャワーが交互に来て、読みにくい天気です
大粒の雨なので、うっかりすると全身びしょ濡れです(汗)



このところ、ランチをしっかり作っています
まあ、ロングステイの楽しみといえば「食」ですからね
外食に行くのが面倒な「外出嫌い」「引き篭もり」の勝どきデス

で、手抜きの一品

カルティマールの「ニューハッチン」で以前買って来たもの

イメージ 1

レトルトなので、茹でたパスタに絡めるだけですが・・・

麺を茹でるのと、ソースを温めるのにやっぱりフライパン等、結構な道具が必要です(汗)

出来上がり・・・

イメージ 2

これは初回なので、特に材料を加えずに、プレーンに作りました
かなり美味しいですね
でも、もうちょっと濃い味がいいと思うのは、南国で塩分が欲しいからか
パスタをもっとアルデンテにすると、風味豊かにいただけます

白ワインが欲しいところ


又ある昼は、炒飯です
牛肉の薄切りは、しゃぶしゃぶのときに食べ切れなかった半端物
それを「焼肉のタレ」で味付けします

玉ねぎとニンニクはみじん切り

イメージ 3


冷ご飯と溶き卵をボウルで混ぜて・・・ちょっと塩もして

先に具材を炒めて、そこにご飯を投入です
あくまで強火で仕上げましょう

イメージ 4


熱々をビールで流し込みます
これはこれで男の炒飯です(笑)

マジックサラップを使うとフィーリング・フィリピーノに仕上がります


又ある日は・・

圧力鍋で好物の「ブラロウ」です
材料の牛肉は、骨付きをカットしたものを冷凍してストックしてあったものですが、美味しそうなコーンが市場に有ったので、急遽作ってみました

牛肉を圧力鍋で40分くらい加熱
放圧して、野菜を入れて 5分くらい加圧です



イメージ 5


こいつは、スープが美味しいんですよね
塩と胡椒で基本的な味を作ります
(家庭ではビーフブイヨンを使ったりしますね)

ランチからビールは欠かせません(笑)

イメージ 6

よく煮込んだ牛肉は、スプーンで簡単に解せます
これが美味しい

イメージ 7

このときに「パティス」という魚醤をちょっとつけるのが「通」ですね
何ともいえない塩味が、牛肉の脂臭さを消して美味しいです



閑話休題

近所の、私がニノンになっている子供のお母さん(シングルマザー)から、

「勝どきさんは、毎日このバランガイで、余り出かけないし、楽しいの?
 もっとビジネスとかしないの?」


とズバリ聞かれました

まだ30前の彼女からしたら、もっとなんでも色々やれることあるし、お金だって稼げるでしょう?と言う意味合いですが・・

私の答えは・・・

「今まで会社勤めであくせく働いてきたから 働くのはいや
 行きたい場所? ヨーロッパもアメリカも、中東も中国も・・
 それなりに行きましたから、今はもう満足です」
「毎日この路地で、自分の趣味のガーデンをやって、
 自分が食べたいものを自分で作って・・
 時々買い物に行くけれど、欲しいものはあまり無し・・
 だから、案外満足していますよ」

そう、

自分の好きなことを誰に気兼ねなく出来るという幸せ

これを得るために、いままで働いてきたし、子育ても終えました
やっと得た自分の時間に「何の不満がありましょう」

若いころには気が付きませんが、この歳になったからこそ解ることも多々あって、自分の好きなことを好きなようにする、その自由な生活が出来る幸せは何物にも代えられないんですよね

そのために私は「準備」をして、余分な部分を「捨てた」のです
人間は自分で持てる以上のものはもてないんです
それが自分の「器」ですから

「器」のいたって小さい勝どきデス


毎日、自分の好きなことしかしない「幸せ」

「貴女にはまだわからないでしょう。私がどれだけ幸せなのか」
シングルマザーさんは納得したような不思議そうな顔をしていました



マニラ 自分と言う「芯」が揺らぐと不満になるんですよね(汗)

ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!
【今夜は独り言など・・・】

マニラ 曇り時々晴れ/気温28℃ 体感気温33℃ 湿度89%
日が落ちて過ごしやすい風のマニラ首都圏パサイ市です

今日も一日が終わりました
日曜日が終わる時、日本で言うと「サザエさん」を見ると気が重くなった・・明日の学校を考えると気が滅入った・・あの時代を懐かしく思います
今は毎日が日曜日、余禄と言うか人生の御褒美の時間帯です

さて、先日の台風16号に関わる大雨ですが・・・
我が家の近所、マカティーに行く際に良く通る「ブエンディア」の交差点です

イメージ 1

首都圏でも幹線道路、それもSLEX終点でもこの有様です
写真の右上はかなりの深さで冠水
この近所では「筏が出て」住民の避難等が行われていたそうです
住宅街に筏や救命ボートです
これが大都会マニラの実態です

我が家から数キロ以内でもこんな場所が多数・・・
毎年毎年のことだそうで・・「此処はフィリピンの首都なのですよね?」と言いたくなる光景です(苦笑)

しかし、そんな場所に住んでいるのも「実態」ですから、逃げもしませんし、平然と受け入れるのがフィリピン流なのです
愚痴を言って、理想の日本と比べてフィリピンを卑下しても、聞いたひとの気分を悪くしたり、家族の反感を買うのがオチですから、止めましょう
帰れる「甲斐性も無い」のに何を言っているんだこいつは!と睨まれて損するだけです


閑話休題

なんでも中途半端なものしか売っていないようなフィリピンですが、行くところにいくとそれなりちゃんとしたものを売っています

密封ビンを探していました
「日本城」なんていうナンチャッテ均一料金のショップや、近所のスーパーの売り場で買った物は、合わせが悪くて漏れたり、パッキンが直ぐに壊れたり・・と安かろう悪かろうのオンパレードでした
まあ、一個P60~88ですからね・・・

でも、昨日 MOAのSMデパートのキッチンウェア売り場で見つけました


イメージ 2


色のなかなかいい感じ・・何処製?と良く見れば、イタリア製でした
価格もまずまずのP249で、試しに二個買って来ました
同じようなものがMOAの「MUJI」にも有りましたが、それよりずっとセンスがいいですね

この国では「安いものが売れる」という一面があります
機能やデザインよりも「価格重視」の消費志向があるために、街の商店では安いが直ぐに壊れる「C国製」が溢れています
壊れて文句を言いながらも、次もまた良い物を買わないで「安かろう」に手を出す「目先の安物を選ぶ」庶民は、結局銭失いです

安いものは大事にしません
(価値のわからないものも同様、大事にしません)
高いものは、大事に扱い、下手すると「使わないで飾っておく」なんていう人も居ます(苦笑)
ところが、高いものか安いものかもわからない「無頓着」な人も多く、なんでも大事にしない・・・その辺がこの国の悪い部分かもしれません

たとえば、中流家庭では本人が価値をわかっていても、メイドがレベル低いと壊されます
壊されるから買いませんし、壊されてもいいようなものしか買わない

本当の良い物を買うのは、メイドまで含めた(こういう家はメイドを教育するメイドまで居ますからね)全ての生活レベルが高い=上流階級だけなのかもしれません


以前に会社勤めの頃、何かを食べに行くと「高い物=美味しい」という物の価値をわからない田舎者(←馬鹿と言うと語弊が有るので)が居て、一緒に食事をすると「これ幾ら?」と聞いてから「これは美味しい」なんていうので一緒に居るのが恥ずかしい人が居ました
日本人でもその程度が沢山居ます

フィリピンではブランド信仰以前の、実用価値を理解して「品質に見合う対価としての価格」を理解できるには、まだまだ時間が掛かりそうです


閑話休題

さて、このビンで何を作ろうか・・・
いやまてよ・・そもそもなんでこれを探していたんだ?
いつの間にか「密封ビンを買う」ことが目的になっていたことに買ってから気が付いた「粗忽者」です(汗)


密封ビンを大事に抱えながら、帰りの車で、MOAからEDSAに向かいます
途中、進行左側に新しいモールが出来つつある場所を見ましたら、そこには、UCC、三ツ矢堂製麺、YAMATO(パン屋さん)が出店準備中でした

こんな場所に作るかな?という何とも中途半端な場所でありますが・・これからMOA周辺に大きなコンドが建ち始めれば、ここは絶好な商業地になりますからね
我が家から近い割には、行きにくい場所です
トライシケルではロハスを超えられず、自家用車ではエンジンが温まった頃には着いていしまいます




マニラ、どんどん変わっているのも体感しますが、変わらない雨の弱さ、洪水や停電は何とかして欲しいですね


マニラ それでもマニラが好きなのでここに住み続ける勝どきデス(汗)

ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事