ここから本文です
フィリピン・マニラdeリタイアメント生活を楽しむ
最近はフィリピンの原種蘭に夢中です

書庫マニラ ロングステイ考察

記事検索
検索
【羨ましいくらいの老後ですよね・・・】

マニラ ところにより曇り/気温30℃ 体感気温36℃ 湿度74%
日が落ちてもちょっと蒸し暑いマニラ首都圏パサイ市です

今日は雨が降らない暑い日差しの一日でした

ガーデンでは、蘭の育成環境を整える作業をしていますが、同時進行で小屋の中に棚を作ることにしました
最初は簡単に、ベニヤと角材で壁に作りつけの棚を作るか・・なんて考えていたんですが、後からレイアウトを変えられるように自立の棚を作ることに変更

まずは、材料のプライウッド(日本で言うベニヤ板)を買ってきます
厚みが17ミリくらいの頑丈なもの

これは大きさが、4×8フィートなので、棚の大きさも部材取りを考えて決めて行きます

近所に、こういうのが大得意な人が居て仲良しなのでお願いします

イメージ 1

部材取りしてから、細かく寸法合わせして・・
カンナで調整です

イメージ 2


今回は幅が4ft、高さが6ftにします 奥行きは1-1/3Ft です
こうすれば部材の無駄がありません

おおよそ部材取りが出来たら、組み合わせて組んでいきます
木工用のボンドを接合面に塗っておき・・

イメージ 3


こういうところの作業はかなり細かいですね
部材が無垢ではなく、プライウッドなのに・・・と言う気もしますが(汗)

こんな感じです

当初のイメージより・・・かなり大きいデス

板の断面には、ちゃんと幅板(淵板?)を張って仕上げます
これにはちょっとびっくりデス

イメージ 4


中間にもっと棚板入れればよかったかなぁ・・・
しかし、棚板は通しの長いものを使っているので、後からの追加は厳しいかも・・・で、次回の注文時の課題としておきましょう





ちゃんと塗装します
ニスを使って何回か重ね塗りしていきます

イメージ 5

ニスにアクリル系のクリアを足して、それっぽく仕上げます

イメージ 6

この辺は、日本人の私の感性と違い「自然な風合い」を出したがるんですよね
私はしっかり均一なのが好きなんですが・・・
塗ってはぼろきれで拭いて、模様を作っていきます

う〜〜〜ん、この拘りは・・・なんなんだ?(汗)


三日にわたって手作りした棚の完成です

イメージ 7

オープンな棚を予定していましたが、板が半端に余っていたので、一箇所だけ扉をつけて、錠前でロックできるようにしました

園芸も、何かと細かいものが必要なので、この棚は重宝しそうです


棚つくり費用
材料費、P2200
日当  P1500(2.5日間)
このくらいで、オーダーメイドの棚を作れるのも楽しいですね

なんといっても、大人の工作みたいで「ワクワク」します


さて、仕事を終えた職人さんは・・・
裏の建築中の家の屋上に!!

私が自宅のテラスから見ていると・・
「KACHIDOKI!!」と呼んで上空を指差します

イメージ 8

あんなところで何をしているんだ?と思ったら・・・

自分で作った「凧」をあげて遊んでいました

イメージ 9

左上の小さな白い点が「凧」です


なんかさぁ・・・良いよなぁ〜 自由だねぇ〜

この職人さん、今はもう65歳、ずいぶん前に退職して今は定職無し
でも、ご近所の便利屋さんとして引っ張りだこです
私とも何故か気が合います
同じ電気のエンジニアだからしょうね
彼は殆ど英語を話せませんが、何故か私と馬が合います

家電品、工具でもなんでもあっという間に修理します(笑)

良いヨなぁ・・こういう余生
子供と孫とに囲まれて、仕事が無い日は「子供みたいに遊ぶ」のが日課

夕方には路地でビール飲んで・・・
幸せな幸せな人生だなぁ〜

羨ましさでいっぱいです


マニラ 裕福ではなくてもこんな幸福な生き方っていいよね(羨望)


ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!
【一人で楽しむことが出来ます】

マニラ 曇り時々晴れ/気温24℃ 体感気温26℃ 湿度100%
肌寒い朝を迎えたマニラ首都圏パサイ市です

今朝は少し朝焼けの時間がありました
どんな人の上にも同じ時間に朝はやってきます
どのように朝を朝を迎えるか・・幸せと不幸は隣り合わせですよね

それでも朝はやってきます


閑話休題

毎日の変わらない生活を少し・・・

朝起きて、テラスで豆から淹れ立てのコーヒーで・・と言う日も有れば、ガーデンに行って、サリサリで買ったインスタントのコーヒーを飲んで、朝の一服を楽しむことも

イメージ 1


今まで30年以上、タバコは殆ど吸いませんでしたが、最近は日に数本のペースで吸い始めました
ストレスを紛らわすためのタバコではなく、気持ちをゆったりさせてくれるタバコです

そんなに多くない植木を見てまわり、乾いているもの、水が抜けていないもの・・チェックです
同じ種類の植木でも、根の状態や元気さで、鉢毎の乾き方が違います
それを見て「何故だろう」と考えるところから、植木の世話が始まります
人それぞれに個性があるように、植木にだって個性があります
そんな個性を発見するのが「面白い」のです
機械的に時間になったら水をやり、肥料をやり・・というのでは詰まらないでしょう?(苦笑)

上手に付き合うと、植木は綺麗に育ってくれますし、花も長い期間咲いてくれるような気がします

イメージ 2


ガーデンで心を空にして、雨に当たった植木を眺めていると時間を忘れます
これこそ私が求めていた瞬間です

イメージ 5

こういう時間を誰にも邪魔されたくないですね
そしてこんな時間をずっと持っていたい・・
ですから、人と会う約束は出来るだけ作りません
予定に縛られる生活は、現役時代で十二分です
予定を作らない、約束を作らない・・今の私の過ごし方です

何かをしないと落ち着かない・・と言うタイプではないんです

何もしないことがとても大事で幸せに思うタイプです

終日何もしないで、気がつけば暗くなっていた・・
時々そんな日があります




ランチタイムになれば、作っておいたランチを食べて・・
昨日は「ブラロー」を作っていたので、これとご飯です

このブラローは圧力鍋で簡単に作れるのでお気に入りのフィリピン料理です

イメージ 3


スイートコーンを入れるとフィリピンらしくなり、セロリ等を入れると洋風家庭料理になりますかね
脂を取ってご飯を入れると美味しい雑炊になります


食事のあとは昼寝を楽しみます
日差しの強い時間帯は自宅でノンビリ・・・南国流です


3時過ぎたら、路地に出ておやつでも
フィリピンでは「メリエンダ」と呼ばれる3食目の軽い食事タイムです

私は時々BBQとソフトドリンク

イメージ 4

ポークのBBQはその場で焼いてもらう、一本P10の怪しげなものです
ペプシブルーは P8 で売っています まあ、50円のおやつタイム

夕方まで近所の人と世間話やら何やら・・・
勿論まともな若い人間は、仕事に行っているので、集まってくるのは 50代後半から60台の男たちです

何とはなしに始まる、路上の酒盛り
誰かが一本、私も一本と買って来て、ビンを空けていきます

良い時間の流れです

もしも東京に住んでいて、ガーデンを作って、近所の人とこうして呑んで居るだろうか・・出来ると言えばできるでしょう

でも、日本語で話すとどうしても「愚痴」っぽくなりそうで・・
タガログと英語のなんとなく解る程度の会話のほうが、毒が無くていいかな・・とも思います


そして又朝が来ます・・・

早朝のマニラの下町、明るくなる前から人が行きかいます
朝食のパンデサールを買いに行く人、
学校へ行く子供、通勤する人・・

イメージ 6

会社をリタイアメントして、今までの真横の視線から、こんな位置からの視点に変わってきて、人生の色々を考える時間を過ごしています

忙しく何かを求めるのは、今は時期では有りません
自分の身の丈に合った、趣味を楽しみ、時間を楽しむ・・・


マニラの下町で、そんな生活を望むなら、移住は良いかもしれません

此処には、私が望んでいた「生活」が実現しつつあります

誰にも邪魔されない代わりに、なんでも自分でやります
誰にも期待しない代わりに、裏切られることも殆どありません
誰にも頼らない代わりに、損をしていることも多いと思います

心の柔らかい部分に土足で入ってくる言葉もありません
(外国語で言われても 心痛くなりません・・・苦笑)


しかし、一人で遊ぶ面白さは他に代えられないものです

今はまだ元気なので、そんな生活を楽しみましょう




マニラ ストレスにならない身近な人を探しましょうかね(笑)


ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!
【時々飽きます・・・】

マニラ にわか雨/気温25℃ 体感気温28℃ 湿度100%
今日は午後から雨模様のマニラ首都圏パサイ市です

今日は、なにかとバタバタした一日でした
昨日、飲み過ぎたせいか目覚めたのが8時前

ガーデンの物置に、棚を作る約束をしていたので、ガーデン前で依頼した人が待っています
彼らにとっては、貴重な?日当仕事ですからね・・

朝ごはんも食べないで、コピコと言うコーヒー少々、砂糖とミルクタップリのインスタントコーヒーをサリサリで湯を入れてもらい飲みます
これにパンデサールと言う塩味のパンが、庶民の朝食です

結局、ランチを作る元気も無く、ランチ抜き
今頃になって、ご飯を炊いて夕食です

小振りの丼ご飯と生卵、漬物と言うシンプルなもの

イメージ 1


まるで朝食ですね

雨が降っていると外出する気も失せるのが、マニラ生活です(苦笑)


こんな晩御飯を食べながら、ふとロングステイの限界なんかを感じてしまいますが、堂々巡りの末に「日本に居ても同じようなものだ」という考えに至ると、南国の気ままさがある分、マニラのほうが住みやすい・・等と思います

日本で大の男が仕事もせずに日中ウロウロしていると、奇異な目で見られるのがおちですから・・(汗)

フィリピンでも友人は大事ですが、誤解を恐れずに書けば「日本人でも付き合って楽しい人と、そうでない人」に大別され、「誰でもいい」訳ではないと思います
日本語が話したいだけで、またはフィリピンの愚痴や苦労話を「日本語で共有」できるからと言って、それが「良い人間関係」などでは有り得ません

良い人も居れば、そうでない人も居るのは、日本であろうと海外であろうと同じであって「日本語」というコミュニケーションの「可否」だけで、その人との「距離」を縮めてしまうのは、危険ですらあります・・・と諸先輩が仰っている通りです

最近イロイロ有って、知人の方との距離感をどのように取ればいいのかを考える事多々です

今日は結構疲れたのと、身の回りで何かと気疲れすることがあり、こんなブログです

他人との距離が近いほど、ややこしい問題に巻き込まれたりして、せっかくの南国ノンビリ生活に「現実」を持って土足で入ってこられる・・・これは私の望むことではありません
そういうことから逃れるためにマニラに来たんだし(苦笑)



マニラ 今日はしこたま飲んで   寝ます!!(笑)


ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!
【無いと寂しい気もするが・・・】

マニラ にわか雨/気温26℃ 体感気温28℃ 湿度100%
時折音を立てて雨が降るマニラ首都圏パサイ市です

昨日の午後は結構な雨でした
雨脚が結構強いので、近所の家の屋根を打つ雨音で五月蝿いです
高級コンドやビレッジとの違いは雨の日の騒がしさですら実感します
この国では静寂こそお金で買うものかもしれません

雨が降ると子供が裸でシャワーをしているのが庶民の街パサイです
井戸水よりも雨水のほうが「ピュアで安全」なのだそうです
水道水は高いから使わないという家も有るくらいです

時折強くなる雨を見ながら、今日もバハ(洪水)かいな・・と心配しておりました
マニラ、一国の首都ですが、彼方此方で洪水が発生しやすい町です

こんな地図も公表されています

イメージ 1

水深の深さを表す説明が、何ともわかりやすいです(汗)

いよいよ9月からの大型台風シーズン、気が抜けない季節になります


閑話休題

海外にロングステイして、なにが一番欲しいのか・・・
これは「情報」に尽きるでしょう

1980年、まだ20代前半で「上海に駐在」させられた時は、日本から「新聞」「雑誌」を送ってもらい、それを読んでいました
まだインターネットも無く、テレビは「家庭用ビデオ」で録画したテープを送ってもらいましたが、当時の中国の検閲があり、なかなか届きませんでした
時折、JALが在住日本人向けの「映画上映会」をやってくれ、「寅さん」なんかを見ていた記憶が・・

リアルタイムでの情報等、得られる時代ではなかったわけです

それから、30年以上が経って・・・いまやネットで新聞が読めて、ニュースがバンバン読める時代です

勿論、テレビだって「リアルタイムで日本のテレビ」を見ることが出来るサイトやUSB接続の機器が有ります

時折観たくはなりますが・・・

無ければ困るか?と言われると・・・悩みます

特段のテレビ好きではないのですが、何故か日本に住んでいたときの数年間、視聴率のモニターをやっていました
はい、あの調査会社の毎時の視聴率○△%という、あれです
自宅のテレビにリサーチ会社が機器を設置して、特殊なリモコンで操作します
モニターは無作為に選ばれるようですが、数年間頼まれて延長しました

最初のうちは、ドラマやニュース等色々見ていましたが・・
早期退職を計画して、海外へ実際に短期ステイする等、自宅を空けることが多くなり・・

さらに子供の脱テレビははっきりしていて、彼一人のときは数日間、全く電源すら入れないことも多々・・

調査会社から「機器の故障?」かと電話がかかってきたりするくらいの、脱テレビ家庭になっていきました

面白いドラマもないし、毎週同じ時間に家に居ることが出来ない、録画してまで見たいもんじゃない・・など、結局有料チャンネルの映画を時折観る位、それもだんだんと減って・・


マレーシアに二年間住んだときは、ケーブルテレビの中にNHKがあったんで、契約はしましたが、内容のあまりの詰まらなさに途中で見るのを止めました(汗)

マニラでもスカイケーブルのパックにNHKが入っているんですが・・殆ど見ません
いまや、ニュースも映画もネットで見られるので・・・

ただね・・面白いと思う番組はなかなかネットには上がらないし、上がっても直ぐに削除されるんですよね(これは著作権の問題で仕方ないです)


しかし・・・

マニラ市に住む知人が、最近 日本の地上波とBS/CS等を観られるネットテレビを契約して、それを見たんです
思いっきり画質がいい・・・それが第一印象
それまでの無料のネット動画とは全く違うぞ・・

50インチの画面でも耐えられる画質のよさは流石に凄いです

それと秀逸なのは、過去一週間分の番組は遡って観る事が出来る
これが良いんですよね
テレビの嫌いなところは、放送(送りっ放し)ですから、

「お前 観たかったら、テレビの前に 時間になったら来て 正座して待ってなさい」

という高飛車さ・・それが、

「一週間分をいつでも観られるので、お時間が有るときにでもいらしてください お手間は取らせませんので」

という低姿勢に激変ですよね

此処が良いね〜

今ちょっと、心が動いています
どうしようかな・・・

世の中こういう技術が革新的に発展しても、見たい番組が無い、バラエティーはどんどん詰まらなくなる、というソフト面の衰退が激しいしなぁ・・

結局、投資金額に見合うだけの「観たいものがない」・・・という現状のバランスです

夕方のひと時は、下町で近所の人とビールを飲んで過ごすほうが面白いかもね・・・(汗)

イメージ 2




マニラ テレビに時間を奪われるのは嫌いです


ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!

語学力と自分の位置

【語学力と自分の位置】

マニラ ところにより曇り/気温30℃ 体感気温37℃ 湿度79%
強い日差しで気温がグングン上がっているマニラ首都圏パサイ市です

今日思うのは「生活力」について

異国に住んで、その国のシステムに慣れるということは非常に重要です
生活の基本に関わることくらいは「自分で」出来るのが理想です

まずは、VISA の問題
そして資産管理(銀行)との対応
公共料金の支払い方法・・・等をすべて人任せだと「生活力」は極端に弱くなります
生活力が無いと、結局誰かに「おんぶに抱っこ」

それが配偶者だったり、恋人だったり

「その国を知っている人に聞け」は当たり前ですが、任せきりでは自分の生活力が上がらないように思います

ではどうやってシステムを学ぶのか・・・
これは結局、当たって砕けて学ぶというのが正解かも
(先住の日本人の知人等に聞くのもいいですね)

そのためにも、移住(またはロングステイ)を考えるに当たって、「言葉の問題」は最低限の準備をしておきたいですね

東南アジアでは英語スピーカー優遇の傾向がありますが、フィリピンでは特に顕著です
高学歴になればなるほど「英語」で生活しています

英語が話せない=低学歴=ろくな就職先が無い というフィリピンです

フィリピン社会でも日本人には比較的寛容に「英語が出来ない人が多い」と浸透していますが、多少の英語・英会話は出来たほうが良いです

英語で話せる=基本的な教養がある という定義なのです

だから、英語でコミュニケーションをすると「値踏みされても」良い区分に行けます

フィリピン人でも英語を話せない人は多く居ます
その人たちは基本的に凄いコンプレックスを持っています

英語が話せないから恥ずかしい=高校もろくに勉強しなかった・・なのです

イミグレでも、銀行でも、携帯電話の契約でも、大抵は「英語」で書類が書かれています
それを読めないということは・・それなりの教育を受けていない=と判断されること多々です
(特にアメリカはその傾向が強く、言葉が出来ない=知的障害とされます)


言葉に自信が無い → 相方に何でも頼む → 相方が自我上位になる

何でも頼っていると、相手は

「あなたより自分が上」
「あなたは何も知らないんだから 文句言わないで」
「あなた自分で出来ないでしょう」

それが重なると・・・

「あなたの面倒を見ているのは私、疲れる」

になって、自我上位が形成されて、命令口調になったり、こちらの言い分(それが正しくても)に聞く耳を持たなくなったりし、さらに「危ないから何処にも行かないで、と行動制限」にまで発展したりします

イメージ 1



私の場合、好奇心が強いので、多少の言葉がわからなくても、どんどん自分で行ってやってみる
窓口で聞かれる英語なんて、ある意味ワンパターンの質問だけです

自分で銀行に行って、口座を開設して・・・
そのために必要な書類や証明書は、自分で銀行で聞けばいい

そうやって、VISAも申請したし、銀行口座もクレジットカードも作りました

これらを相方などに頼むと

「私がやってあげた、私が居ないと何も出来ない」

になって、ますます何も出来ない方向に追い込まれるように思います


私の場合は、相方が居ないので「サポートファミリー」にイロイロ手伝ってもらいましたが、二回目からは出来るだけ自分で行って、相手にやり方を聞いて行動しています
そうしないと、サポートファミリーの「能力」以上のことが解らないんですよね
結局、相方(又は手伝ってもらった人)の能力レベルによって、フィリピン社会との窓の大きさが左右されてしまい、ずいぶんと損もするわけです


さらに、家庭の中でも・・


「私が居ないとあの人は何一つ出来ない」
「全く面倒なことを言い出して・・」

から、

「私が居なくても あの人は生活できる」
「あの人のお陰で、今の生活がある」

全く立場が変わってきます


ロングステイの基本、やっぱりある程度の語学力です
全く語学が駄目だと、ロングステイ後のストレスが大きくなると思います

英語が出来てタガログが話せるとロングステイも楽勝かも(笑)

自分の考えを相手にしっかり主張できないと、大人として扱われないのが海外かな・・・そう思います


きっと・・・続きます


マニラ コミュニケーションは現地語が最高ですね(笑)


ブログ村ランキングに参加しています
 
下のボタンをポチッとしていただけると励みになります
 
 ←これです!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事