枕草子

紅葉がきれいです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

アストラクーペの車検中借りている代車のフォルクス・ワーゲン ポロですが、コンパクトなサイズなので、とても運転しやすいクルマです。ドイツ車のシートはこのようなサイズのクルマでも手を抜くことなくしっかりと作られた印象です。以前乗っていたオペル ヴィータのシートも大変良いシートでした。
ドイツ車のシートは、クラスにかかわらず腰を下ろすとしっかりとサポートされている感じがしてとても好ましいと思います。国産のこのクラスのクルマは未だにシートの作りがとても貧弱に思います。
ちょっとそこまで買い物に行くという乗り方なら良いのですが、移動するという目的でクルマに乗るならやはりしっかりとサポートしてくれるシートの装備を望むところです。またシートやトリムの内張のファブリックの柄も明るくポップな感じで室内を明るい印象にしてくれるものでした。インパネはフラットな感じで狭い室内スペースをうまく使い、広く印象づけるように設計されているのでしょうが、個人的には運転者に対してスイッチ類をもう少し角度を付けて設置し「囲まれ感」がある方が好きです。
運転席の写真を見るとわかりますが、ヘッドライトのスイッチは、スペースの加減からでしょうか、外側に角度を付けて設置されています。

このクルマの主要諸元を調べてみると次のようでした。

全長×全幅×全高 3715×1660×1435mm
ホイールベース 2410mm
車両重量 1050kg
エンジン種類 直列4気筒SOHC
総排気量 1597cc
使用燃料 レギュラー
高出力 75ps/4800rpm
最大トルク 13.8kg・m/2800rpm
燃料消費率(10/15モード走行) 11.4km/L


車体の大きさの割に、1600ccという大きなエンジンを積みながら出力、トルク共に非力なため燃費はとても悪い印象です。カタログ値の11.4Km/Lとありますが、実際の燃費は7km/L程度でした。

今日、代車を返すときにハイオクを入れてからはいくぶん加速感が良くなりました。
ドイツ車のガソリンはハイオクだとばっかり思っていたのですが、実はポロはレギュラー仕様車だったんですね。ちょっと損した気分です。しかし最後にキビキビ走る印象を得ることができたので良しとしましょう。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事