kaedeのブログ

C型肝炎2aタイプの治療記録

ご報告

皆様、お久しぶりです。
抗うつ剤のおかげで睡眠もしっかり摂れるようになり、無気力な状態も緩和されてきました。

抗うつ剤を拒否し、睡眠薬だけで不眠を治したいと思い頑張った時期もありましたが
症状はまったく改善せず、逆に酷くなってしまい
やはり今の自分に必要な薬を飲むことが大事だと痛感しました。

肝炎ブログなのに最近は鬱のことばかり書いてしまってすみません。
私にとってはIFN治療の置き土産である鬱のことで頭がいっぱいでしたから・・・

私の1年間のβリバ治療が終了しまして6ヶ月が経過しました。
治療中、陰性になったのも束の間、またウイルスが出てきてしまったり、また陰性に戻ったり
途中で肝数値が300近くまで上がってしまったり・・・

他のお仲間さんのように順調な経過ではありませんでした。
肝臓庇護と癌抑制のために続けた治療でした。
それが、半年後の検査結果も陰性で、主治医から著効の言葉をいただくことが出来ました。

まだ実感が沸きません。来月にまた陽性になるのでは・・・と思ってしまいます。
再燃経験者のトラウマでしょうか、素直に喜べない自分がいます。

新薬のおかげで来年にはC型肝炎の患者さんはすべて著効し、これからは肝癌の予防へと移行するとのこと・・・
そのことをしっかり心に刻んで、これからも気を抜かないで、きちんと検査を受けながら経過観察をしていきたいと思います。

私が落ち込んでいる時に暖かい言葉をかけて下さった皆様
治療で辛い時に励まして下さった皆様、本当にありがとうございました!


長い間、本当にありがとうございました!!<(_ _)>







この記事に

開く コメント(44)

半月も遅れてしまいましたが、皆様あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
 
ご無沙汰してしまい、ご心配をおかけして申し訳ありません。
前回お知らせしましたβリバ終了後の鬱症状が改善せず、治療に専念していました。
頑固な不眠と 無気力状態が続いていた私は、あれからずっとメンタルクリニックに通っていました。
 
服用された方はご存知と思いますが、抗うつ剤は効果よりも先に副作用が出ます。
そのうえ種類もたくさんあるので、どれが自分の症状に合うか、自分の体で試していくしかありません。
 
最低1〜2週間は副作用を我慢して飲み続け、自分に合ったお薬が見つかるまでそれを繰り返します。
弱った心身にはキツく、長く感じました。
今はやっと自分に合ったお薬が見つかり、少しずつ改善しています。
 
こんなに色々なお薬を飲んで肝臓は大丈夫なのかと心配でしたが
βリバを最後まで頑張ったご褒美か、安定した状態が続いてくれています。
 
今回、皆様のところを廻れなくてすみません。
これから本格的なインフルエンザの季節になります。
うがい・手洗い・マスクを忘れないで、気をつけて過ごして下さいね♪
 
 
遅くなってしまいましたが、新年のご挨拶と近況報告まで。。。
 
 

この記事に

川西先生の四国講演会

先週の25日、川西先生の講演会に行ってきました。
 
βリバ終了後、体調がすぐれない状態が続いていましたので
講演直前まで迷っていたのですが、参加してよかったと心から思いました。
 
先生のお話に元気をいただき、素敵な歌声に癒されてきました。
早目に到着したのですが、おかげで講演前に先生とお話しする機会があり、とても嬉しかったです。
 
岡山からいらしたlargoさんとmimoさんにお会いすることも出来ました。
お仲間さんと会うのは初めの体験でしたが、以前からの知り合いのようにすぐに仲良くなれました。
これはお仲間の皆さんも仰っていることですが、その通りだと納得しました。
 
川西先生、四国まで来てくださり本当にありがとうございました!
 
ついでに私の近況。。。
βフェロンでも鬱が出てしまったようで、不眠と格闘しています。
慢性睡眠不足のせいか、眠剤など薬の副作用か、気力体力が落ちている状態です。
頭がパンパンでPCの前にずっと座ることさえ辛く、ブログで愚痴ることも出来ませんでした。
 
今日こうしてブログを書けましたのは、講演会の魔法がまだ効いているのだと思います(笑)
 
寒くなってきましたね。皆様も風邪などひかれませんようにご自愛くださいね。
ではまた。。。
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(17)

お久しぶりです

今夜レベトールを服用しましたら、無事にβリバ治療48週が終了します。

治療終盤と夏期が重なり、体力の無い私は不安でしたが
なんとか最後まで続けることができました。
たくさんの励ましを下さいました皆様には本当に感謝しています。
元気が出る応援メッセージをありがとうございました。

これからは肝臓を労わりながら経口剤を待ちつつ
ゆっくり体力回復していきたいと思っています。

前回のペグリバ終了時、知識不足だった私は
治療さえ終われば体調もすぐに元に戻ると思っていましたので
なかなか回復しないことに落胆し、再燃も重なり、心身ともに参ってしまいました。

今回は、体調が戻るまでに時間がかかると覚悟して
焦らず回復を待ちたいと思います。
(そう思っていても体調がすぐれないと落ち込む日もあると思いますが)
その時は、ここで愚痴らせていただきますのでよろしくお願いします。

しばらくは病気のことから少し離れて、のんびり過ごしていけたらと思っています。
ブログはマイペースながらも、ぼちぼちと続けていきたいと思っていますので
これからもよろしくお願いします。

皆様、本当にありがとうございました!<(_ _)>

この記事に

開く コメント(22)

退院後のご報告

退院しましてもう1ヶ月が経過しました。
 
ご心配おかけしましたが、あれから肝数値もだんだん改善し、今はもう落ち着いてきました。
白血球・好中球の回復が遅いですが、こちらも少しずつ改善していますので焦らず回復を待っています。
鬱のほうは、まだ少し波があるものの、退院時のピークに比べたら良くなりました。
しばらく離れていたブログも、こうして更新することができました。
 
ギリアド社の経口剤ニュース、夢のようです! 2型にも有効ということがとても嬉しいです。
使えるようになるまで、まだまだ時間はかかりそうですが、このニュースは私に元気をくれました。
以前から、2型の経口剤の新情報があるたびに、教えてくださり励ましてくださった皆様、本当にありがとうございました。
だんだん現実的になってきてとても嬉しいです。
 
私は退院後、通院していた病院に戻り、今も通院しています。
ギリアドの明るいニュースを聞きましてから、これからの酷暑も考え
そんないい新薬が出るなら今のβリバ治療を続ける気はなくなっていました。
 
ですが、経口剤はすぐに使えるわけではないことと、インターフェロンは肝がん抑制もあるということで
肝臓庇護のために、出来るところまで治療を続けることにしました。
「次のお薬があるから、辛くなったらその時は止めよう」と思いながら、1日1日を凌げていけたらと思います。
 
ちなみに予定では9月下旬が治療終了です。
梅雨明けしましたら、どんどん気温が上昇し体力を奪われる季節になります。7〜9月の猛暑が恐怖です。
いつまで続けられるか分かりませんが、私なりに無理をしないで頑張ってみます。応援よろしくお願いします。
 
体調を崩しやすい気候です。元気な方でも疲れやすくなる季節です。
お仲間の皆さまも無理をなさらず、ご自愛くださいね♪
 
※ 8月に愛媛県松山市で、川西先生の講演会があります。
川西先生が四国まで来てくださる機会は少ないのでとても楽しみです。
夏バテしないように気をつけて参加したいと思います。

 

この記事に

開く コメント(22)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事