株式投資で自分年金をつくろう

老後に備えて自分年金をつくるための起業ブログです。

全体表示

[ リスト ]

民法七七二条問題

イメージ 1
【「無戸籍の子」ではなく「未届けの子」が正しい呼称】

無戸籍の子供たちを救わなければならないとして、民法七七二条の「嫡出推定」の問題、いわゆる「300日問題」に関して、かつて自民党の中にプロジェクトチームができ、特例法が検討されたことがあります。

民主党も無戸籍の子供の救済には積極的です。しかし、この問題も目の前の可哀そうな子を救うべきだという美しいスローガンの陰に、日本の家族を崩壊させる危険が潜んでいることに気がつかなければなりません。

いまの民法では、離婚後300日以内に生まれた子は婚姻中に妊娠したものと推定され(七七二条二項)、さらに、婚姻中に妻が妊娠した子は夫の子と推定されます。


この結果、離婚後300日以内に生まれた子は離婚前の夫の子と強く推定されます。

 
この規定の趣旨は、婚姻中に妻が妊娠した子は通常、夫の子であるので、そのように推定し、簡単には覆せないようにすることが家庭の平和にもつながり、子の地位も安定するというところにあります。

 
マスコミで可哀そうな例として話題になったのは、離婚後に妊娠したけれども早産で離婚から300日以内に生まれた子と、婚姻中に妊娠し離婚後に出産したが、前夫の子ではないので前夫の子として届けたくないために出生届が出されず無戸籍になっている子です。

 
前者については、婚姻中に妊娠したわけではないので、離婚後の妊娠であることが医師の証明書で確認できたときには、嫡出推定をはずすという運用に改めました。

問題は後者、婚姻中に夫以外の男性との間で妊娠した子をどのように扱うかです。

一つは、医学の進歩で誰の子であるか確定できるのだから、生物学上の父の子と認めるべきだという考え方です。

かつて自民党で検討されたのは、DNA鑑定で後夫の子ということが証明された場合には後夫の子とするという法案でした。

真実の父が科学的に証明されるのだから、前夫の子であるという推定をはずして、後夫の子として最初から出生届をだせばよいというものです。



【民法は生物学的な父子関係を絶対視していない】


では前夫と婚姻中に妊娠し、離婚後300日以内に出産したが、違う男性の子であるとき母がとるべき方法は何か。

まず法律に従って前夫の子として出生届を出して、そのうえで家庭裁判所に行くことです。母から前夫に対して親子関係不在確認の調停や裁判を起こすことができます。母と前夫の証言が一致すれば、裁判所は父子鑑定がなくても「合意に代わる審判」をくだします。

最高裁判所の担当者の話によれば、家庭裁判所に申し立ててから結論が出るまでおおよそ数カ月、申し立て費用は1200円だということです。

 
ただ、これは前夫の協力が必要ですが、前夫と連絡がとれないとか前夫のDVで住所を知られたくないとかの事情で協力が得られない場合にも、子または母が真実の子の父(現在の父)に対して認知請求の調停や裁判を行うことによって同じ結論を得ることができます。

いまやDNA鑑定があるのですからDNAで真実の父子関係を決めるべきだという考えもあるでしょう。

しかし民法は、もともと生物学上の親子関係を絶対視した考え方をとっていないのです。婚姻中に懐胎した子を夫の子と推定することによって家庭の平和や子の福祉等といった法益を考えて、法的に親子関係の推定規定を置き、それを容易に覆させないことが妥当というのが民法(七七二条)の考え方なのです。

 
このことは、法制度としての実父子関係(養子縁組をした養親子関係がある)は事実上の血のつながりだけではないことを示してもいるのです。

単に生物学的な父子関係ではなく、法的な父子関係というものを法制度として創設し、それによって、守るべき家庭の平和と子供の幸福を追求しているのです。

 
これは子が生まれて20年も30年も経ってから、見知らぬ男性がDNA鑑定をもって現れ「本当の父親は私だ」などと主張することを法は認めていないという事なのです。

 
家族は血のつながりがすべてではありません。夫が妻の産んだ子を自分の子として愛情をもって育てたとすれば、それは生物学的な父子関係に勝るのです。


たしかに、婚姻中であっても夫婦関係が完全に破綻している場合など、夫以外の男性との間に子供をもうけることが一概に不貞行為とはいえない場合もあるでしょう。
 
しかし、そういった個別の特殊な事情がある場合に、例外として救済するのは司法の役割なのです。

しかも司法による救済は、前述のように迅速で安価にされるのです。きちんとした資料をつけて申し立てれば、ごく短期間で、親子関係不存在の確認(強制認知)に至りうるのです。
(最高裁担当者の説明)
 
深いね。。
 
稲田さんは法に血を通わせ命をふきこむ人だね。。
 
 
普通の人は法の表面的なYES、NOしか考えないものだけど、稲田さんは法の意味や存在価値、国民としての生き方まで法で読み解いていっているようだ。
 
 
稲田さんのような読解力は古典とかを読んでいないと身につかない深さを感じます。
 
 
孔子、孟子、孫子、韓非子等を読んでいないと、ここまで深く文章の意味を探求はできないと思います。
 
 
国士クラスの人物と見た!(国士とは、国中の人物の中でも特に優れた人物のことをいう)
 
まだ国士無双とは断言しませんよ(笑)
【「国士」はその国の中で最も優れている人物、「無双」は並ぶ者のない意味を指す】
 
でも、これくらい深く物事を考える人が人の上に立つべきであり、稲田さんは議員ということで日本はまだ捨てたものじゃないと思いました。
 
僕は応援してます。

閉じる コメント(13)

法律も直すべきところは、直さないとダメだの
難しい問題が多いがお

2011/1/24(月) 午後 9:46 tikuwamaki

顔アイコン

こんばんは。

「法律に血を通わせ命を吹き込む」良い言葉ですね☆☆☆
こういう考えを持つ人がもっと増えて欲しいものです。
傑作ポチ☆

2011/1/24(月) 午後 9:58 [ no ]

今晩は〜(笑)
民法772条を始め、子供の出生について、いい勉強になりました。
法に血を通わす、これは素晴らしいことですね、
所詮、法は人間が作ったもの、見直しのできるものは、時間がかかっても変更することもできますね。
ご意見に賛成します。ぽち

2011/1/24(月) 午後 10:21 asa*i0*0107

こんばんは〜。

なんか段々難しい話になってますね(笑)。法律も現実にそくさない、現実に生きてる人にやさしくないものも多くありますもんね。

よく吟味していかしてほしいです。簡単に変えられるようでも法の意味がなくなりますしね。

2011/1/24(月) 午後 10:21 [ よういち ]

tikuwamakiさん。


そうですね。変えるべきは変えて、でも守るべきところは守ることが大事なんですよね〜〜〜

だんだん記事が難しくなってきたぞ〜〜(笑)

2011/1/24(月) 午後 10:25 つばさ

愚者 さん。

法律に血を通わせて命を吹き込んでますよね。

読んでいて深く感銘しますよ〜〜

こういう人はもっと増えてもいいですよね〜〜

ポチありがとうございます。

2011/1/24(月) 午後 10:34 つばさ

asahiさん。


民法772条という難しい分野のお話でした。
普段は、こういう話はしないと思いますが、たまに、世の中の問題点として触れると考えとか勉強になりますよね〜

稲田さんの深い探求心は法に命をふきこんでますよね〜〜

ポチありがとうございます。

2011/1/24(月) 午後 10:44 つばさ

よういちさん。

法律の意味まで探求すると難しいですね。

夫婦の不貞行為まで防止の意味があったり厳しい面もあるかもしれませんが、「今の時代だから・・」といって簡単に法改正をしてしまうと、日本の秩序崩壊とかあり得るので稲田さんのような人が議員にいることは国民にとって財産なんだと思います。

難しいですね〜〜

2011/1/24(月) 午後 10:48 つばさ

顔アイコン

つばさくん

夫婦の問題で、生まれてくる子供が不幸になってはいけませんね。でもいままではこういうデリケートな問題に真摯に取り組む政治家がいなかったんでしょうか。子供のことを真剣に考えられるのはやはり女性だと思います。稲田さんに期待しちゃいます!
古典の読解力・・中国の古典を読みこんでるつばさくんには誰より稲田さんのことが理解できるんですね(*^−^*)♪

わたしには無理かも><。尊敬のポチ!

2011/1/25(火) 午前 3:41 [ hiromi ]

顔アイコン

基本的に、モラルの問題で、避妊具を利用しないことも、
なんというか、精神性の低さ、欲望優先の軽薄さが、あるのですが?

DNA鑑定が、いいですね。確かに。
ただし、その後の話し合いを可能にする含みは残すべきでしょう。

神聖などといいますが、
所詮、欲望優先の精神性の低さがそこにはあります!

2011/1/25(火) 午前 6:19 [ こころが立派になればいい ]

Pちゃん。

この法律は生まれてくる子供の幸福や家族を守ることを考えた法律なんですよね。

こういう法律の話に取り組む政治家は今までもいたことはいたと思います。
今回、民主党に交代して人権活動家が多い民主党なので法をイジろうとしている人達がたくさんいるので危なさを知り稲田さんが日本の法律を守っているのだと思います。

やはり、男性が女性の将来に関わる法をなんたらかんたら言うより女性の観点で述べる方がいいですね。

なんとなく、稲田さんの奥にある芯が見えてきたので古典を読む時の読解法に似ているので何となく、わかりました〜

賢者は僅かな穴も逃がさない、性質があります。。

え?Pちゃんは諦めちゃうの〜(笑)

ポチありがと〜〜

2011/1/25(火) 午前 8:34 つばさ

こころが立派になればいいさん。

稲田先生も現在の大人の精神的なモラルの低さを暗に警告をならしている文だと思います。

不倫を肯定するべきではない、というのが稲田さんの考えの奥にあると思います。

たしかに生物学的にはDNA鑑定で血でつながっている親子関係は決着がつくと思いますが、血でつながっていない親子関係を否定するような国になってしまう恐れが存在してしまうので、やはりモラルの低いのを正す方が法改正よりも先なんですよね。

2011/1/25(火) 午前 8:38 つばさ

bemuさん。

あはは。。ありがとうございます。。

2011/1/25(火) 午後 4:28 つばさ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事