過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

わたくしの『検閲と発禁――近代日本の言論統制』が森話社から刊行されました。メインの第二部は全て書き下ろしです。
イメージ 1

【目次】
はじめに
第一部 近代文学と検閲の攻防
Ⅰ 自由民権運動
Ⅰ─1 明治中期横浜の出版人吉永良延と発行禁止
Ⅰ─2 問題児川上音二郎──脱法的表現活動からの転身
Ⅱ 鴎外の戦い
Ⅱ─3 森鴎外と検閲──「ヰタ・セクスアリス」発禁に始まる戦い
Ⅱ─4 森鴎外「蛇」の検閲と読者の身体
Ⅱ─5 森鴎外「山椒大夫」の治者
Ⅱ─6 森鴎外の歴史小説と検閲の抑圧
Ⅲ 反骨とレジスタンス
Ⅲ─7 芥川龍之介「影」の反骨精神──検閲官を愚弄する小説
Ⅲ─8 近代小説としての「赤い蝋燭と人魚」
Ⅲ─9 雑誌『農民闘争』の発禁と埴谷雄高の収監
Ⅳ 昭和維新運動と新官僚
Ⅳ─10 岡本綺堂「経帷子の秘密」の鎮魂
Ⅳ─11 佐藤春夫「律義者」、江戸川乱歩「芋虫」の検閲
Ⅳ─12 検閲官生悦住求馬小伝

第二部 検閲原本の探求
概説
一九一六年(大正五)──『日支併合論』
一九一九年(大正八)──『新社会』二月号/『新社会』七月号
一九二三年(大正一二)──『若人』一一月
一九二四年(大正一三)──『文芸と宗教』二月創刊号/『社会主義研究』五月創刊号/『急進』一〇月号
一九二五年(大正一四)──『急進』二月号/『原始』一〇月号/『文学界』一月号
一九二六年(大正一五・昭和元)──『労農文化』四月号/『労農文化』五月号
一九二七年(昭和二)──『原始』三月号
一九二八年(昭和三)──『矛盾』九月
一九二九年(昭和四)──『童話運動』二月号/『労働芸術家』三月/『少年戦旗』一〇月号(独立創刊号)
一九三〇年(昭和五)──『十二番街』四月/『産児制限評論』五月号/『世界の動き』六月号/『国鉄時報』一一月号
一九三一年(昭和六)──『社会思想研究』一〇月/『財界時報』一一月号
一九三二年(昭和七)──『芸備之友』二月/『働く婦人』六七八月合併号/『働く婦人』八月号(改訂版)/『バツト』一〇月創刊号/『湘友会誌』(現、湘南高校)一一月創刊号
一九三三年(昭和八)──『農民の旗』三月号/『コツプ神奈川地方協議会パンフレツト』三月/『映画クラブ』一二月
一九三四年(昭和九)──『霊化』二月号/『月刊維新』一二月号
一九三五年(昭和一〇)──『財界彙報』一月号/『るねつさんす』二月創刊号
一九三六年(昭和一一)──『維新』六月号/『週刊日独通信』六月八日/『日本歌人』九月号
一九三七年(昭和一二)──『法の流』(日本山妙法寺)一月号/『鳰の巣』六月/『他山の石』一〇月
一九三八年(昭和一三)──『土木』一月号/『経済マガジン』三月号
一九三九年(昭和一四)──『槐』五月/『新風土』六月号
一九四〇年(昭和一五)──『躍進』八月号/『学友』一〇月号/『南湖院一覧』一九三九年(昭和一四)度版

第三部 資料編
資料概説
資料① 内務省警保局編「禁止項目」
資料② 「検閲基準」──一九三〇年(昭和五)
資料③ 「北支事変ニ関スル一般安寧禁止標準」──一九三七年(昭和一二)八月一三日
資料④ 山形県特高課「出版警察執務要綱」

初出一覧
あとがき
索引


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事