50才からの量子力学

50になって、一念発起 量子力学の勉強を始め、10年が過ぎました。

見出し

すべて表示

WolframAlphaの結果を残すWebサービス

WolframAlphaのAPIを用いて「処理の結果が残っていく」ようにしたWebサービスを作りました。
WolframAlphaが MathematicaやMaximaのように使えるわけです(当然、Maximaより、強力です)

http://rhcpf907.sakura.ne.jp/gowolfram      (https版は作成中)

WolframAlpha は、ユーザからの問い合わせを数式処理や知的情報処理で答えるWebサービスで
数式処理としては Mathmatica との互換性があります。
しかしながら、一度には1つの数式しか入力できないため、入力の過程が残らないので
以前の計算結果の利用が困難です。
(WolframAlphaから返される結果には、数式を変形したものやグラフ等が混じっており
目的の数式だけを取り出すことは、非常に困難です)

本サイトは、入力した数式と WolframAlphaから返った数式を順次表示していくサービスです。
本当は、Mathematicaと同じにしたいのですが、Mathematicaの文法の詳細がわからないので
Mathematica「的にしか」使えませんが、、、

入力した数式や結果の内容は、ユーザのPC(やスマフォ)の中に格納されます。
数式のGif画像は、サーバ側のHTTPアクセスできないフォルダに暗号化されて1周間保存されます。
第三者から見えることはありません。

セットアップ:
上記URLにつなぐと、初期設定されていない旨のAlertが出るので
OKを押すと、Setting画面が出ます。
フォントサイズ等を設定して、「使用開始」を押して下さい。
計算画面がでます。
2回目からは、上記URLで、即 計算画面がでます。

使い方:
WolframAlpha へ渡す数式やMathmaticaコマンドは、結果表示の下にあるテキスト欄に入れ
[計算]ボタンを押します。
以前の結果の利用は、その行をダブルクリックして、このテキスト欄に貼り付けるボタンを押します。
直前の結果については、「全て」「左辺」「右辺」が選択できます。
計算やコピペのやり方の詳しい説明は、計算画面の上部にあります。(+)を押せば出ます。


その他の最新記事

すべて表示

デコヒーレンスの機構の一つの案

2019/3/11(月) 午後 10:01

Wikipediaのデコヒーレンスの項: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8F%E5%AD%90%E3%83%87%E3%82%B3%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AC%E3% ...すべて表示すべて表示

1.理想測定と射影仮説の関係 理想測定の 清水明「新版 量子論の基礎」での定義    理想測定とは、ある物理量に対し、誤差のない(無視できるほど小さい)測定を行った時、    |ψ_after>=P(a)|ψ>    ( ...すべて表示すべて表示

射影測定の性質

2019/3/9(土) 午後 9:11

射影測定結果の状態は、アンサンブル全体としては混合状態ですが、 1つ1つの結果は、純粋状態です。そして、 測定結果の固有ベクトルは、測定基底での対象系の状態に一致するただ1つの固有ベクトルになります [証明] 測定器は、マクロ系なの ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事