50才からの量子力学

50になって、一念発起 量子力学の勉強を始め、10年が過ぎました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ずーと、phpで CGIを書いていました。
一応、満足のいくWebシステム(というほどではない)ができたので、公開します。

            「全角数式のTeX表示のWebサービス」

です。
全角の∫とか∂を、そのまま書いた数式をTeX表示するわけです。
ブログやHPの数式表示の手間が、非常に楽になります。
どうぞ、ご利用ください。
(サービスといっても、HPではなく、URLをブラウザで開いて使うものでは、ありません−念のため)

これのメリットは、、、
一々、ブログ記事を書くとき、直接 式を打てるので、gif等に変換して、UpLoad しなくても済むし、
訂正するのも、書いた式を直せばいいだけです。
また、
Web数式エディタ(例えば http://www.codecogs.com
http://www.codecogs.com/components/equationeditor/equationeditor.php
と比べて、
ブログ本文の作成と数式エディタを往ったり来たりせねばならず、その毎に、思考が中断されます。
で、イラがきて、partialとか、直接 打ちたくなるわけです。
だったら、初めから∂と打てればいい、というわけです。
もちろん、全角の∫とか∂を使わず、LaTeX文法を直接書くこともできます。
直接書く場合の文法は、以下を参考にして下さい(mimetex.cgi互換)
http://meta.wikimedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%97:%E6%95%B0%E5%BC%8F%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%8D%E6%96%B9

使い方は、
1.Wiki文法の場合(主にYahooブログ)
     [[img(h ttps://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式 XXXXXX)]]
2.imgタグの場合
      <img src="h ttps://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式 XXXXXX" />
3.「物理フォーラム」http://fphys.4rm.jp の場合
      [fml2tex]XXXXXX[/fml2tex]
として、
XXXXXXの部分に数式を、以下に従って記述するだけです。
ただし ?式とXXXXXXの間には、半角のスペースが必要です。

サンプル1. 上記URLに、直接数式を書く方法
    タグの 「?式」 より前は、固定です。
    imgタグの制限上、全角にしないといけない文字がいくつかあります。
    YahooのWikiタグでは、( )は全角に、カンマは 、 に、’は、全角にする必要があります

(1) [[img(https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式F(ω)=∫f(t)e^{-iωt} dt)]]
    または <img src="h tttps://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式F(ω)=∫f(t)e^{-iωt} dt" />
    https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式F(ω)=∫f(t)e^{-iωt} dt

(2) [[img(https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式 f’(x)={∂f(x)/∂x})]]
    または <img src="h ttps://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式 f’(x)={∂f(x)/∂x}" />
    https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式 f’(x)={∂f(x)/∂x}

(3) [[img(https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式∫_{ー∞} ^{+∞} f^{*}(x)f(x) ¥dx=1 )]]
    または <img src="h ttps://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式∫_{ー∞} ^{+∞} f^{*}(x)f(x)¥dx=1" />
    https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式∫_{ー∞}^{+∞} f^{*}(x)f(x)¥dx=1

(4) [[img(https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式∫f(x)exp{-ikx} \dx )]]
    または <img src="h ttps://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式∫ f(x)exp{-ikx} ¥dx=1" />
    https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式∫f(x)exp{-ikx}¥dx=1

(5) [[img(https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式∫f(x)¥exp{-ikx} \dx )]]
    または <img src="h ttps://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式∫ f(x)¥exp{-ikx} ¥dx=1" />
    https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式∫f(x)¥exp{-ikx}¥dx=1

尚、¥matrix() とか、¥vector() とも書けます ( 行列式は ¥matrix|| )
[[img(https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式 ¥vector(a;b;c))]]
または <img src="h ttps://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式 ¥vector(a;b;c)">
      https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式 ¥vector(a;b;c)
[[img(https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php式 ¥matrix(0 & 1;1 & 0))]]    &は全角
または <img src="h ttps://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式 ¥matrix(0 & 1;1 & 0)">
      https://rhcpf907.sakura.ne.jp/fml2tex.php?式 ¥matrix(0 & 1;1 & 0)

現在使用可能なのは、、、
・Yahooブログ    この記事そのもの (バグ報告、ご提案はこちらへ)
・Hatenaブログ   使い方: http://kafukanoochan703.hatenablog.com/entry/2017/06/30/104347
・Gooブログ     例: http://blog.goo.ne.jp/morimoto0703/e/0957be14e89a53144b21e2113489a2b2
          使い方: http://blog.goo.ne.jp/morimoto0703/e/1eea2c1e489e88c46427c8a265f6e91a
・Ameba       例: http://ameblo.jp/kafuka-no-ochan/entry-12288285871.html
です。
cocolog、Biglobe(webry)は、多分使えます(旧バージョンではテストすみ)  
その他で使えないブログがあれば連絡下さい、アドバイス・改造します(保証はできませんが)


PS.
欲しい方に差し上げます。
ただし、Skypeで、サポートさせて頂くことが条件です。

PS2.
http://www.codecogs.comhttp://latex.codecogs.com/gif.latex?
は、半角スペースが使えない仕様なので、私のCGIは、使えるようにしているのですが、
半角スペースを打つ場所によっては、ダメな場合があります。
その場合は、全角のスペースを使って下さい。

PS3.
以前、fkさんに使って頂いていました。また、全充さんにテストして頂きました。 
お礼申し上げます。

この記事に

開く コメント(14)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事