全体表示

[ リスト ]

こんばんは。
 
さて、今回は2月26日(日)に行われた
 
石清尾山林野火災防御訓練
 
のレポートを書きたいと思います。
 
毎年恒例の林野火災防御訓練で、昨年は猪尻山(国分寺)であり、その前は牟礼か庵治でしたが、こちらは津波注意報の発表で中止になったんですよね…その前は上佐山の西側(三谷)であったわけですが、今回は北署管内の石清尾山が舞台でした!
石清尾というと、石清尾八幡宮を思い出しますが、分かりやすく言えば峰山ですね。
峰山公園周辺での訓練でした。
 
山の麓に自転車を置いて、走って登ったんですが間に合わず…あと少しの所でサイレンが聞こえました(笑)
 
そして、息を切らせながら撮影開始(笑)
 
さっそくお目当ての…
イメージ 1
塩江分団1部長野 小型動力ポンプ付積載車!
未撮影の車両だったので、これだけでも峰山を登って来た甲斐がありましたよ(笑)
これで第7方面隊の車両はコンプリート!
ちなみにこの後、撤収までこの車両をかなり撮影しましたが、そちらは省略で(笑)
 
イメージ 2
第1現場
白煙が上昇しています。ちなみにちょこっと見えている車両は北広報車です。
 
ちんたらしていると、第2想定開始!
強風にあおられて第2火災が発生!
 
イメージ 6
消防団員がホースを延長します!
 
イメージ 7
こちらは第一現場へ中継送水する東部分団
サファリかっこええなぁ〜と見とれていると…
イメージ 8
第1現場で消防団員1名が負傷したとの想定で、北救助隊が搬送。
発表資料では防災航空隊が搬送の予定だったようですが、何か事案が発生したのか参加していませんでした。残念。
 
イメージ 10
統括指揮本部
立て看板の文字がカッコいいじゃないか!笑
 
イメージ 9
こちらは現場指揮本部
北指令車が停車し、北署が担当していたようです。
 
イメージ 11
送水中の北1号車。
車体右側のシャッター内は見るの初めてかも…
ここから第1現場へ水を送っていました。
 
あっという間に訓練も終了し、講評へ。
 
イメージ 12
参加車両などが講評場所へ集結!
 
イメージ 3
講評場所。
この場所に到着してすぐに講評が終わり、これは解散の号令中だったかと…苦笑
参加者の皆さんが車両へ向かい始めたので、私は撮影ポイント探しへ(笑)
 
選んだポイントはこちら
 
まぁ選んだというか、車両が帰り始めたので、とっさに決めた場所です(笑)
 
イメージ 4
三谷分団1部 
カーブの内側でギリギリ写真に納まるぐらいでした。この写真は良い感じに撮れていますが、救工とか水槽とかの大型車などははみ出てしまいました(汗)
まだまだカメラ修業が必要ですね…。
この後、だいたいの参加車両は撮影しましたが、局の車両は片付けをしていたのか、帰るのが遅かったので引き揚げました。お腹も空いていたので(笑)
 
イメージ 5
下山中に撮影した高松市街地。
峰山から高松市が一望できます。屋島からの高松も良いですが、峰山からの高松も綺麗ですし、屋島も一緒に入るので良いですね♪
この画像は中腹からの撮影ですが、晴れている時にでも展望台からまた撮影したいと思います。
 
という事で、今回の訓練レポは終了。
 
訓練に参加された関係者の皆様、お疲れ様でした。
そして、撮影に協力して下さった消防職員・団員の皆様、ありがとうございました!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事